悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【107話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は107をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は53話。 ...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は53話。 ...

 




 

107話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【106話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は106話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • それはそれ!

「それからアリエルのことなんだけど」

そう言われた瞬間気が遠くなる。

私が緊張した理由。

私がアリエルに少しだけ好かれてると、ラビロフの耳に入ったに違いないから。

それに対して、冷たく対応したのも聞いているはず。

私の知っているか彼なら、今すぐにでも私を殺したいはずだった。

『あの小説、本当に燃やそうか』とか言いそう。

しかし、ラビロフが殺気立ってはいない。

その代わりに、彼はため息をついた。

「どうしたの、姉さん?」

(・・・いつからこんなに楽になったんだろう?)

悪くない雰囲気。

私が執着男であるラビロフを嫌った理由の中には、彼が主人公を愛すると言うよりも、所有しようとする感じが伝わったから。

「昨日、〜ということがあったのだけど、僕は上手く出来ただろうか?」

「ええ、大丈夫だと思います。良く出来ました、お兄様」

殺気も纏わずに、真剣に悩んでいる。

人が変わるのは難しいことだが、もしかしたら可能なのかもしれない。

少なくとも、お互いの関係を変えることは可能ではないだろうか。

私がラビロフを気遣い、彼も私を姉として接してくれるように。

(勘違いかもしれないけど・・・)

私の答えに多少安心した様子で、ラビロフがテーマを変えた。

皇女の噂がどのようなものか、彼は淡々と語る。

そして最後に、「もう気にする事もないよ」と慰めのような言葉を付け加えた。

これは本当に良い傾向だね。

上手くいけば、私はイケメンたちとまた一日中一緒に過ごせるかもしれないのだから!

アリエルの状態が原作と少し違うって?

まぁ、それはそれ!

 



 

  • 再確認

しかし、ラビロフが私を殺さないという確信が少し足りない。

「お兄様」

しばらく目を閉じた後、彼に尋ねる。

「今でも、私を殺す気はありますか?」

ダメもとだから!

じっと私を見つめていた彼は、蛇のような笑みを浮かべる。

「いいや」

「そうですか」

答えとしては短かったが、その答えを聞けてホッとする。

「分かりました。それでは噂も一通り解決しましたし、お兄様の恋愛もそろそろ一人でされた方がいいと思います。これ以上、私が関与すれば整合性がなくなるかもしれません。いいですか、お兄様。まずはアリエル令嬢の関心です。私に話しかけてきたら、怖い目つきであしらいます。その後に、お兄様が優しくしてあげて下さい。その後はお二人で・・・」

とても安堵した様子でペラペラと話そう。

黙って見ていたラビロフが妙な声で言った。

「姉さんの命がかかったことより、そっちの方が重要なのかい?」

「お兄様のことですから」

彼は理解できないという表情で呟く。

「殺さないという言葉を、どうしてすぐに信じるのだろうか?」

キョトンとして、「あはは」と笑いながら答えた。

「お兄様は吐いた言葉はちゃんと守るじゃないですか」

ラビロフは蛇のような眼差しで私を見つめ、しわくちゃな笑顔を浮かべて言った。

「変なやつ」

「え?」

「意味は理解したので、次の話題に入ろうか」

「え?ちょっと待って下さい。今、私に何て・・・」

「陛下との対話を伝え聞いた」

ラビロフはこれまでの事を淡々と並べた。

その事実に驚愕して、彼の話を止めざるを得ない。

「ボルトン卿とアイリック公爵とヘレイスが・・・、皆と一緒に行動したのですか?」

彼らがラビロフと顔見知りになったことは、私も知っていた。

けれど、ただ意見をかわす程度の関係だと思っていたのに・・・。

 



 

  • 原作と違う反応

その瞬間、私は不思議に思った。

そういえばイケメンたちは、この前アリエルを一度見てたよね?

アリエルがラビロフを『妖精さん』と呼んで現れた時のことだ。

ところが、誰もアリエルに惚れた反応を見せなかった。

惚れるどころか、ヘレイスは大笑いし、カインは不快そうにさえ見えた。

ユジンもラビロフの状況をただ笑っていただけ。

どう考えてもアリエルに関心があるようには見えなかった。

彼女に最初から何の好感も示さないのは予想していなかった。

なぜ?

私が動いたから?

しかし、小説ではルペルシャ皇女と女性主人公が対峙したのであって、今は全く関係のない間柄。

私が彼らと親しくなったからといって、イケメンたちがアリエルに感じた魅力を失う理由にはならないはず。

けれど、今の彼らはアリエルを見ても特別な変化は見られない。

じゃあアリエルが変わったと見るべき?

別に原作と変わらないように見えたけど。

私に告白しかけたアリエルを思い出して、多少複雑な気分になる。

懸念が続く前に、ラビロフがその流れを破る。

「何をそんなに悩んでいるの、姉さん?」

「そんなことはないわ。知らなかったことなので、少し慌ててしまっただけよ」

彼は無表情な顔で口を開く。

「そう?でも姉さん、一つ聞きたい事がある」

「あ、はい。何ですか?」

「病気?」

 



 

ラビロフの考え方もかなり変わってきているようです。

アリエルを好きな気持ちは今も変わらないと思いますが、それと同様にリシャのことも大事にしているのではないでしょうか?

彼が最後に聞いた「病気」とは?

悪女が恋に落ちた時【108話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は108話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は53話。 ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は156話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は52話。...