悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【124話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は124をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 




 

124話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【123話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は123話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 3人の考え

芝居が始まった。

それなのに・・・。

「尋常ではない」

芝居の前半で流れる雰囲気に違和感を覚える。

ユジンはダニエルをとリシャをちらっと見る。

「リシャをあのまま連れて行ってくれればいいのだが」

しかし、そのつもりはなさそうだったので、ユジンはため息を吐きながら、再び顔を背ける。

「念の為、カインを探してくるよ」

ヘレイスも何かを感じたのか、さっと席を立ち去る。

そして、ヘレイスは簡単にカインと一緒にいるアリエル・ラントンを発見してしまった。

アリエルのそばで、窮屈な雰囲気で固まっているカインをチラッと見た後、後退りする。

そして、そのまま席に戻ることにした。

「彼女はどうしてここにいるの?」

「え?」

「ラントン令嬢さ」

「・・・ここに来ているのですか?」

ユジンも一瞬、嫌な顔をする。

「どこに行っても見かけますね、あの令嬢は」

「本当だよ!」

リシャは知らなかったが、二人は何度もアリエルと遭遇している。

「リシャに接近するんだって。リシャが泣くなって言ったから泣かないのも全部気に入らない!」

「私たちと目が合うと歯軋りをしますよね」

アリエルは事あるごとに出現した。

それもリシャ関連で。

しかし、ユジン、カイン、ヘレイスを見れば、何か宝物を盗んだ泥棒を見るように睨みつけてくる。

ダニエルに対してもそうだが、彼は目も合わせず、笑顔を浮かべながらアリエルをどこかに飛ばしている・・・。

「なぜあの子がここにいるの?」

「・・・リシャについてきたのではないでしょうか?」

「そっか、そうだよね・・・」

ヘレイスは嘆いていた。

カインはおそらくアリエルを止められなかった皇太子の命令を受けたのだろう。

ユジンが二人の様子を観察する。

どうやって見つけたのか、リシャがいる2階の席を見つめるアリエルや、様子を見ながらあまりにもやる気がなさそうなカイン。

しかし、他人の不幸は幸せでもあるのだろう。

カインの無気力な姿が珍しく、ユジンは少し笑ってしまった。

(・・・今更だが悪くない)

自由騎士だった理由は、守る必要がないと考えていたから。

ところが、守るべきものができてしまった。

リシャのために集まった、カインも、ヘレイスも、皇太子も次第に悪く思わなくなってきた。

(ダニエルについてはよく分からないが)

何か隠し事があるようで警戒を止めれないが、それでも悪い感じではない変な男。

(とにかく、こうやって生きるのも悪くない。もしリシャが結婚しようがしないでいようが、彼女の血族を守る騎士として過ごすのも悪くない)

 



 

「おかしい」

次第に演劇に集中していたヘレイスが戸惑っている。

「何がですか?」

演劇は面白かった。

このまま無事に終わればこの劇団が有名になるだろうと。

しかし、この劇団が他の意味で有名になるとは、ユジンも予想できなかった。

「残酷な表現が多くなかった?」

「確かに。興味を刺激するためでしょうか?」

「興味を刺激する?どうして?」

ヘレイスは目を細めた。

彼の直感が訴えている。

「何かが起こりそうだ」

彼はダニエルを無情な視線で見た。

すぐに向き合う視線で、ダニエルもすでに感じていることに気づく。

まあ、リシャだけ無事なら、ヘレイスはそれで問題ないと考えてニヤリと笑う。

「これは・・・」

すぐにユジンとカインも異変に気づく。

その時だった。

轟音が鳴り響き、巨大な劇場やホールが揺れ始めた。

最初は音だけだったが、3人は微細な亀裂を感じる。

そして火の手があがった。

 



 

「一般人がこれほど多いのに、こんな攻撃を行うなんて」

青白くなった顔でカインが冷ややかに言った。

魔法テロは危険ではあるが、それでもまだ一般人を無作為に虐殺したことはない。

象徴的な場所を爆破したり、高官と安全な場所を攻撃するケースが大半だった。

しかし、今回は・・・。

「一般人の虐殺が目的なように思える」

3人の考えは共通だった。

そして、同時に3人の顔が強ばる。

アリエルも青褪めたまま、その場で立ち尽くしていた。

3人は同時に自分の魔力を運用し、炎に対抗して人々の道を切り開き始めた。

「リシャ!」

ダニエルがいるから無事だと知りながら、ヘレイスは叫んだ。

彼女は今日、特に真っ青で生気がなかった。

ダニエルを見るときの特別な表情に気が向いたにもかかわらず、その状態はヘレイスの脳裏に焼きついていた。

爆発音がひび割れた。

上から見えるよりも下の方の状況は、緊迫していた。

ヘレイス、カイン、ユジンがいなければ、すでに多数の命が失われていただろう。

「一人じゃない」

火の魔法使いだけではなかった。

見えない敵から死傷者を出さないというだけでもギリギリの状況。

「劇場が崩れたら・・・」

リシャのいる所に誰もいなかったら・・・。

想像するだけでゾッとする。

しかし、今はダニエルとジェンがリシャのそばにいる。

彼女は無事なはず。

3人はそう考えて気持ちを落ち着かせたのだ。

 



 

アリエルはもはやストーカーと化していますね・・・。

ラビロフもアリエルには甘いですから、無理矢理止めることは出来なかったのでしょう(笑)

そして、3人もいなければ死傷者は大量に出ていたはず。

ダニエルとジェンを信頼して行動する3人がカッコいいですね♪

悪女が恋に落ちた時【125話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は125話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 [休載]漫画は「第163...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...