悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【125話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は125をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 




 

125話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【124話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は124話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 愛している

所々で悲鳴が飛び交う状況。

ローブで姿を隠している「火の魔法使い」が光を放った。

彼を自身の意志を静かに伝えていた。

「死ね」って。

カインは目を暗くする。

彼が封印したヴァンパイアの力を使えば・・・。

「いや」

使うには場所が狭すぎる。

それに今は人を守らなければいけない状況。

終わりという気がするほど巨大な魔法が近づいてくる。

全てが終わった。

彼らは耐えきれずにリシャの方を見る。

ダニエルがいたとしても間に合わないだろう。

その時、耳を塞ぐほどの巨大な轟音と共に襲っていた巨大な魔法が人々を襲う。

だが、何も起こらなかった。

「いや・・・」

むしろ、全員が無人だった。

「これは」

奇跡のように広がっているシールドが彼らの目に留まる。

それは魔法ではなかった。

「一体、このシールドは?」

「魔法じゃない!」

カインの疑問に、ヘレイスが答える。

「これは精霊の、いや、でも、これだけの能力は・・・」

その時、3人の目にははっきりと上の状況が映っていた。

「・・・リシャ」

誰から聞こえたのか分からない声が呻き声のように聞こえてくる。

 



 

リシャの紫色の瞳はこの状況でも微かに笑っていた。

人を救えたって。

そんな安堵感が広がった死の色に、ダニエルは息が止まりそうになる。

目の前で彼女が崩れるのを見て、抱いていたダニエルはショックを受けた。

「最初から、こう考えていたのか・・・」

リシャは賢い女性だから、こんな被害が出ることを予想して。

「だからジェンと私を呼んだのか」

崩れかけた彼女の体を受け止め、彼女の目を覆う。

「こんな・・・」

空しい黒褐色の目が襲いかかる魔法使いに向かう。

ダニエルは殺人者だった。

これまで何も愛することができなかった。

「うわぁあああ!」

しかし、誰も。

彼が守ろうとしたものを、崩せなかった。

崩された瞬間、ダニエルは理性を失う。

けれど・・・。

「ダニエル、殺したらダメですよ・・・」

微かな声で彼は止まった。

魔法使いの命は、その瞬間、もう少しだけ続くことに。

「あなたは・・・」

誰があなたの前で誰かを殺せるものか。

こんな弱々しい姿の前で・・・。

「分かったから早く休んでください」

こんな状況で、こんなに穏やかに話せるとは考えもしなかった。

「・・・後は私たちに任せて」

「・・・これからも一緒にいられますか?」

「もちろんです。生きている間、必ずそばにいなければいけません。私と契約までしたじゃないですか!」

「ダニエルがそばにいてくれて、本当に良かったです」

青白い顔で彼女はそう答えた。

「ダニエルも私のことが好きだし、私もダニエルのことが好きだから」

「・・・違うと思います」

お互いの好きの意味が。

「私はあなたが、私のものになることを願っていますから」

リシャが無理をしてシールドを広げた後、真っ黒な血を吐きながら気を失う。

「リシャ!」

ヘレイスの声が破れるほど響くうちに、ダニエルは悟った。

彼女を愛しているということを。

 



 

世間では彼女を「悪女」と呼んでいた。

ルペルシャ皇女。

溶けない氷のように冷たく、悪魔のように悪どい女。

根も葉もない噂が広まっている中で、それでも正確だったのは彼女の外見についてだけだった。

そんな噂に慣れた人たちの中でも、この大劇場に集まった人たちは、少なくとも半分ぐらいは、その噂の皇女の顔を知っている人たちだった。

そのため、彼女のシールドが完成し、ダニエルの胸に抱かれる直前まで、その短い瞬間に彼女を確認した人々の中には、皇女と気づいた人もたまにいる。

差し迫った状況であればあるほど、噂とは羽をつけるものだ。

人々は彼らを助け、倒れた人がルペルシャ皇女だという話を聞いた。

「殿下」

身体能力は水準でありながら、目だけは信じられないほど良いアリエルが涙を流し始める。

彼女は号泣しながら、殿下と叫び始めた。

「殿下が!みんなを救おうとして!えっと、そんな・・・、うわあああん!殿下!大丈夫ですか!うわああああん!」

ヘレイス、ユジン、カインがリシャのそばにいたおかげで、アリエルのパニック状態を解決してくれる人は誰もいなかった。

結果的に彼女は、リシャのために泣き叫ぶことができたのだ。

人々はその美しい公爵令嬢に気づく。

彼らは気づき始めた。

これまでの「悪女」としての噂が事実ではないことに。

しかし、それは4人には意味のないことだった。

「リシャ!」

悲鳴を上げながら走ってくるヘレイス。

「リシャ、リシャ様・・・」

まるで彼女は死んだかのように、リシャを切ない声で呼ぶユジン。

「こんな・・・」

青ざめた表情を浮かべるカイン。

人々はルペルシャ皇女殿下を囲む4人の男性の悲痛で重い雰囲気に便乗して深刻になり始める。

噂が取り留めようも広がる中、アリエルは涙を流しながらリシャのもとに駆け込んだ。

そして彼女が到着するや否や、リシャは大劇場を出る。

人々はリシャが命をかけて守ってくれたと考え、お辞儀をせざるを得なかった。

こうして皇女の噂は、急流に乗って新しい方向に広がり始めたのだ。

 



 

ダニエルがついにリシャを愛していると認めました!

リシャが起きてからが気になりますね♪

アリエルの涙がここで活躍するとは・・・。

今回の彼女の涙は計算したものではなく、本心からの涙なのでしょう。

悪女としての噂がどう変化するか楽しみです。

悪女が恋に落ちた時【126話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は126話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 [休載]漫画は「第163...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...