悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【135話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は135をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 




 

135話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【134話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は134話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アリエルの人生の師匠

「壊したよ」

「ああ・・・、来てくれたのですね、お兄様」

「・・・」

ラビロフの機嫌が悪そうに見える。

バヌス側の家門をいくつか壊したのだから喜ぶと思ったのに。

(あ、そうか。お願いする立場でありながら、私が直接行かなかったからだ!)

起きた直後に訪ねるべきだったのに。

他の人たちには直接頼んで、ラビロフだけには手紙を送ってしまったのだ。

「申し訳ありませんでした、お兄様」

「どうして謝る?」

「言い訳ではないのですが、あんな風に倒れてしまったことにです。それから、起きた直後に私からお兄様の元に向かうべきでした」

すると彼はしばらく黙っていたが、落ち着いた声で話しかけてきた。

「そうじゃない」

「え?」

「あなたは悪くない」

ラビロフはそこまで言った後、ため息をつく。

彼がソファーに座りながら手招きをするので、私は反対側に座った。

「気をつけろと言ったのに」

「あ」

「・・・いいよ。謝らないで」

そんな彼の様子を見て、小さく微笑んだ。

「どうして笑う?」

叱ってくるラビロフが、本当に私のお兄様みたいに見えたからだ。

「えへへ。お兄様」

「なんだ?」

にっこり笑いながら呼ぶと、彼が微妙に顔を歪める。

うんざりする感じがとても面白かった。

しかし、この楽しみも長続きはしない。

 



 

「ラントン令嬢は何をしているのですか?」

「劇場での君を見て、悟りを開いたそうだ・・・」

「悟り・・・」

「今はソフィア令嬢だったかな?彼女と一緒にいるよ」

「・・・」

「アリエルの人生の師匠は二人だと聞いたよ。一人はエミールで、もう一人は皇女殿下だとさ」

「えっと・・・」

酷くやるせない気持ちでラビロフを見る。

彼はもう私に怒る気力もないようだ。

彼から草の匂いがするような気がするが、それは勘違いだろう。

ラビロフが時々アリエルに呼び出され、草むらの中を歩き回りながら人生に懐疑を感じていたことを、この時の私は知る由もなかったのだ。

胸が痛い。

原作のカップルを思い浮かべられないほど、すれ違う片想いに思えたから。

「元気出してください」

「・・・ありがとう」

ラビロフの肩を軽くたたき、私たちは積もっている話をした。

「今、人を送ってきた」

「え?どこにですか?」

「レティシエ家。壊せと命じている」

私はちょっと耳を疑った。

「え?え?」

レティシエ家は、バヌスの家門の中でも中堅の貴族。

そこを破壊した?

「中堅家門ではあるが問題はない。証拠は後で見つければ、それが証拠になるのだから」

「これが権力なのですね・・・」

私の覇気のない声を聞いて、ラビロフが尋ねる。

「ところで、さっきのあいつは、ずっと君のそばにいるのか?」

妙に鋭い言葉遣いに、首を傾げながら答える。

「はい、ずっとです」

つい微笑んでしまう。

「・・・私のそばにいてくれます」

泣く時だけでなく、笑う時も、私のそばにはダニエルがいる。

私の答えに顔をしかめていたラビロフは、しばらくの間、言葉を続けることができなかった。

何かを言い出しそうになりながらも、直前で止めている、

そんな彼の様子を見て、私が先に言った。

「ご心配なく!心配をかけないように気をつけますから!」

「うん、気をつけてね」

ぎりぎりと歯軋りをしながら、ラビロフがそう答えた。

君じゃなくて・・・、と小さく呟いていたが、詳しくは聞けなかった。

「はい!」

しかし、勇ましく答えた直後、恥ずかしいことに、私は血を流しながら気を失う。

「あ、そんな・・・」

しかもラビロフとダニエル、ヘレイスが見ている目の前で。

(でもこれは仕方な・・・!)

考えが続く前に、突然謎の苦痛が全身を通り過ぎた。

「リシャ!」

「・・・!」

もう一度激しく血を吐くと、視野が暗転する。

 



 

どうやら記憶の中ではなさそうだ。

真っ暗な空間。

ぼんやりと前に進みながら、お姉様のことを考える。

すると、爪ほどの光が見えて、その光は次第に大きさを増していった。

16歳の時の記憶。

相変わらず、お姉様は悪女の噂を流す行動をしている。

「お姉様・・・」

お姉様に会いたい。

「ここはどこですか?聞きたいことがたくさんあります」

そう言った瞬間、嘘のように空間が明るくなる。

明るくなった空間に、お姉様が女神のような姿で立っていた。

[・・・お前]

「お姉様!何処から話しましょうか?」

[・・・それを私に聞く・・・!はあ・・・。よし、一つだけ聞いてやる]

「そんな!」

ダニエルのことも言いたいし、私の計画も言いたいのに、お姉様が聞きたいのは一つだけだなんて!

しかし、残念な気持ちよりは気になる方が先だった。

「教えてください。体が治ったら、この体はお姉様が持てるのですか?」

[いいや]

私はしばらく言葉を続けることができなかった。

困惑し、泣きたくなる。

「じゃあ、お姉様はいなくなるのですか?消えない方法は何かありますか?」

お姉様からの返事は、やっぱりない。

「無かったのなら、すぐに言いますよね。方法があるのですね?」

[・・・]

「もう一つ。私が最近、一度ずつ苦痛を感じているんです。これはお姉様と関係があるのですか?」

[・・・そうだな]

お姉様が殺伐とした口調で答える。

「分かりました。お姉様も答えてくれましたから、私も答えてあげます」

[え?]

ぶっきらぼうな反応に笑ってしまう。

私は優しく微笑んで、お姉様に告げた。

「何が何でも、お姉様は守ります」

自分で聞いても断固とした態度が溢れる言葉だ。

[・・・]

お姉様の表情は読み取れない。

確認する前に、私は眠りから目覚めてしまったから。

 



 

アリエルのキャラがどんどん崩壊している気がします(笑)

ラビロフの気持ちが気になりますね!

そして、お姉様の登場。

彼女を救う方法は本当にあるのでしょうか?

悪女が恋に落ちた時【136話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は136話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...