悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【142話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は142をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 




 

142話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【141話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は141話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 強襲

3人が親しい関係?

「うーん・・・、そんなことが可能なのですか?」

彼らの関係もそうだし、そもそも母親同士の接点自体があまりなかったように思えるのだ。

お兄様が面白そうに笑いだす。

「不可能ではないよ。でも、噂を考えると確かに意外だと思う」

彼は妙な顔で呟いた。

「けれど、あなたとこんな会話をしていると変な気分になるね」

「私もです」

苦笑いを浮かべてしまう。

私は結局、お兄様の本当の妹ではないのだから。

お兄様は少し温もりのある視線で私を見詰める。

「私の母と神殿の関係は知っている?」

「いいえ」

「ああ。それであの時・・・」

笑いながら彼が説明してくれる。

「私の母は神殿で祝福を受けた人なんだ。半分ほどは聖女扱いを受けたそうだよ」

「へえ・・・」

「どんな契約であれ、神殿の公証がある契約なら、私に有利に適用される部分がある」

「知らなかったです」

「陛下とリシアン皇后の間には契約があったそうだ」

「・・・契約」

「それも、魂をかけて行う誓いの契約を」

「一体どうしてそんな重い契約を?」

「私も知らないよ。でも気になるよね。しかも、その契約の公証人は私の母だそうだ。普通、親交があるわけでもなければ行われない契約なのに」

お兄様は首を傾げた。

「一体どんな内容の契約だったのだろうか?しかし、それだけでは調べようがない。契約については、当事者だけが知ることが出来るからね」

私は、お姉様が言った糸口がその契約だと確信した。

「・・・とても重要な契約なのですね」

「もしその契約に、あなたが絡んでいるとしたら?知る覚悟はある?」

真剣な表情でお兄様が尋ねる。

私がうなずくと、彼は目を細くした。

「そうか。それなら・・・」

そして、蛇のような微笑を浮かべる。

「方法が一つあるんだけど」

些か邪悪なやり方のようだ。

「それを使えばすぐにでも分かるだろう」

「条件はありますか?」

「うん」

お兄様は少し楽しそうに見えた。

「何ですか?」

「私と一緒に行くこと」

「どこへですか?」

彼はとても辛辣な口調で答えた。

「その契約の、一人残った当事者の前にさ」

 



 

「けれど、事前の予告もなし訪ねてもいいのでしょうか?」

「これは強襲だから」

「・・・でも」

お兄様は不吉なほど楽しそうに見えたから、代わりに少し説得してみる。

「神官が首都に到着したと言っていませんでしたか?今行っても会えないですよね」

巡行行列は今日到着したはず。

おそらく、明日の夕方に彼らを歓迎する行事があるだろう。

「大丈夫だよ。どれだけ忙しくても、あなたを連れていくことを断るはずがないのだから」

うん・・・?

訳が分からなくて彼を見ていると、お兄様は片方の口角だけを上げて笑っていた。

久しぶりに見る陰険な表情。

「そうですか」

「うん。心配なら、自分で聞いてみなよ」

「え?」

声が小さすぎて聞き取れなかった。

私が問い返すと、お兄様が首を横に振る。

「ところで、陛下に会うのは久しぶりだね」

やがて皇帝の執務室の扉が開いた。

 



 

皇帝は夢を見ていた。

「こちらに署名を」

少し前の時代、3人が気楽にお互いを見た最後の記憶。

「本当にこれでいいのだろうか?」

常に秘密が多く不吉だった。

しかし、彼らの友達だった女性はうなずく。

複雑な表情でリシアンを見つめた。

かつては彼女を友達だと思っていたが、だんだん分からなくなってきた。

バヌス家について知れば知るほど尚更だ。

「それでもこれは違うと思います、リシアン、もう一度考え直してください」

彼の恋人がそう話す。

しかし、リシアン・バヌスは彼女をちらっと見ただけで、これといった反応を見せなかった。

ただ契約書をじっと見ていただけ。

その姿に彼女の決意は変わらないと思った彼の恋人はため息をつく。

「署名を」

その後、無表情な顔で信者が再び言った。

多少躊躇った手つきで、皇帝は署名する。

リシアンは、まだ友人だと思っていた彼の恋人の泣きそうな顔を見て、表情を歪めた。

「・・・ついに」

訳の分からないことを呟きながら、リシアン・バヌスが署名をした。

その時からだった。

皇帝と彼の恋人、そしてリシアン・バヌスの間に超えられない壁ができたのは・・・。

契約だけでできた関係が生み出され、リシアン・バヌスが悪女になったのは。

「これで満足なのですか?」

リシアンはバヌス家との分離を約束した。

彼女が皇后になるのだ。

3人ともこの部分を受け入れた。

そして彼女は・・・。

「はい、満足です」

どこか不気味に笑いながら、リシアン・バヌスはそう答えた。

そうだ。

必要なことだったのだ。

彼と恋人のためには。

 



 

皇帝の夢から推測するに、彼ら3人が親しい間柄だったのは嘘ではなかったようですね。

しかし、3人の目的のために、リシアン・バヌスと袂を別れたということです。

その誓いの内容がまだ分かりませんが、バヌス家との間で何か問題があることは間違いないでしょう。

リシアンも本当は優しい性格だったのでしょうか?

次回は、兄妹が質問すると思いますので、期待していましょう!

悪女が恋に落ちた時【143話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は143話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...