悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【143話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は143をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 




 

143話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【142話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は142話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 皇帝たちの契約

皇帝がパッと目を開ける。

「うたた寝をしていたのか・・・」

軽く目尻を押さえながら、椅子に体を深く沈める。

「これまで一度も、あの時の夢は見ていないのに」

ほんの少しの間、友達になったような時間を過ごした。

しかしその後のとても長い間、リシアン・バヌスは知る由もない存在として残った。

「いいや、むしろ・・・」

悪女の評判は全く無駄ではなかった。

死ぬまでリシアン・バヌスを親友と信じていた私の恋人を思うと、心が傷むほどだ。

「・・・あの子のために、こんな夢を見たのだろうか?」

ルペルシャ皇女。

日に日に心配になり、もの悲しくなる皇女。

だからこそ、顔を見る気にもなれなかったのだが。

皇帝は自分にできる限り、皇女のための仕事を支援していた。

「それも無駄な行動かもしれないが」

その時だった。

「陛下、お二人が謁見を申しております」

「何?」

執事の伝言に、彼はしばらくの間、耳を疑う。

「皇太子と皇女が来たというのか?一緒に?」

「はい、陛下」

それは突然の訪問だった。

皇帝はしばらく悩む。

神官たちの巡行行列の日程もある。

「しかし・・・」

皇太子一人で来たのなら、夕方にもう一度来るように言うのだが、あの子も一緒だと言う。

「本当に身近になったのだな」

既に知っていた事だが、改めて確認できて嬉しかった。

何度も会いに行こうと決心しながらも躊躇っていたのだ。

皇女をどんな表情で見ればいいのか分からなくて。

長い間倒れていたときは駆けつけたかった。

「ふぅ・・・」

「帰られるようにお伝えしましょうか?」

執事が催促してくる。

「いいや、連れてきなさい」

 



 

二人揃ってやってきたということは。

皇帝は一気に、彼らがなぜ来たのかを知る。

答えは一つだけしかないのだから。

母親のこと以外に何があるのだろうか?

夢を見た理由がこれだったのかと思ったりもした。

しばらくすると、子供たちが入ってくる。

「陛下にお目にかかります」

「陛下にお目にかかります」

息子のアルベルは、恋人のカーラに瓜二つだ。

それに比べて、娘のルペルシャは、リシアン・バヌスにあまり似ていない。

しばらく二人を見ていた皇帝が、何かを決心して口を開く。

「聞きたいことがあって来たのだろう?」

久しぶりに見る娘は、前に見たときよりも酷く痩せて青ざめていた。

「・・・はい、陛下」

予想外に答えてくれたのは、皇太子ではなく皇女だ。

皇帝は淡々としたふりをして黙る。

意味深にその反応を見ていた皇太子が、口を開いた。

「私たちの母親たちと契約をなさったと知ったのですが」

皇帝はうなずく。

「何でも話そう」

彼にはそれが出来たのだ。

『血縁には口外してもいい』という条項を契約書に加えていたためだ。

いつか聞かれると思っていたので、皇帝が動じることはない。

 



 

「聞きたいことは、皇女の母親に関することだろう?」

その瞬間、皇女の目が小さく光る。

「私とカーラは、彼女と少しだけ一緒に旅をした」

その時、リシアン・バヌスは家出少女のようだった。

「わずか1週間くらいだったがな・・・」

その程度の因縁だったが、子供の頃の彼らにとって、リシアン・バヌスは親友だったのだ。

「ある日、彼女から連絡があったのだ。そして、その契約を結ぶことになった」

極力手短に、皇帝は話し続ける、

「彼女は自分をバヌス家から切り離して、ある程度の自由を保障してほしいと言ったのだ」

「ある程度の自由とは、正確にはどんなことなのでしょうか?」

皇女がそう尋ねる。

「彼女の宮には誰も簡単に足を踏み入れることができなかったし、その宮でも制限されている場所は多かった」

その他にも徹底して、彼女の私生活と空間を尊重することを意味したのだ。

皇帝は長い過去を思い浮かべる。

皇太子の母親であるカーラは、リシアン・バヌスととても親しかった。

しかし、彼は違う。

彼はリシアン・バヌスを友人と思ったこともあるが、それを続けるには年月が長すぎたのだ。

彼女のことを気にするな。

そう考えて、徹底的に線を引いて生きてきた。

そして、そのようなことを要求してリシアン・バヌスが二人に保証したのは・・・。

「当時、バヌス家は私とカーラを脅していた」

「どうして?」

「かつて、彼らは特別な魔力を集めていたのだ」

目標はカーラだった。

魔法使いだが神々から愛されていた少女。

その魔力は確かに特別だった。

当時皇太子だった皇帝と、駆け出しの魔法使いだったカーラは、彼らに打ち勝つ方法がなかった。

その時だった。

リシアン・バヌスからの連絡があったのは。

「家出少女だと思っていたリシアンがバヌス家の出身だと知ったのはその時だ」

リシアン・バヌスは、自分の命をかけて契約を申し出た。

その契約の影響で早死になることを知りつつも。

相手が命までかけて誓う契約。

皇帝とカーラの立場では損のすることのない契約。

カーラは最後まで反対していたが。

「契約は速やかに結ばれた」

今でも、彼はなぜリシアンが寿命を短くしてまで契約をしたのか分かっていない。

当時はカーラを守ることだけを考えていたので、気にする余裕がなかったのだ。

「その他は私にも分からない。彼女は子供を産むときでさえ、誰もそばに近づけないようにしたからな」

皇帝の話は終わった。

しばらくして、皇帝は思ったよりも大きな反応を示さず、部屋を出る子供たちを淡々と見送る。

「ところで、なぜだろうか・・・」

ふと気になる。

バヌス家を逃れようとしたのはそうだとしても、その後は?

「なぜ、あれほどの閉鎖的だったのだろうか?」

それは遅すぎる質問だった。

 



 

3人の契約内容が判明しましたね。

皇帝はカーラを守るために契約をして、リシアンはバヌス家から逃れるために契約を。

しかし、リシアンの目的はまだ謎のまま。

なぜ彼女は誰もそばに近づけなかったのでしょうか?

悪女が恋に落ちた時【144話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は144話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...