悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【145話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は145をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 




 

145話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【144話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は144話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • エマの記憶

実は原稿を渡した二日目、私は予定通りエマを呼んだ。

そして、彼女にお姉様が幼い頃について尋ねた。

「殿下、もしかして・・・」

「うん、私、病気になってから記憶が少しこんがらがってて・・・」

とても驚いた様子だったが、エマはすぐに沈んだ声で答える。

「殿下、殿下のお母様は不思議な力を使う方でした」

「不思議な力ですか?」

幼い頃を教えてと言ったのに、どうしていきなり・・・。

「あまり覚えていないのです」

「え?」

エマの言葉の意味は、昔だから覚えていないという意味ではなさそうだ。

「殿下のお母様が宮殿に何かを施したようで、それが影響しているようです」

「あ・・・、リシアン・バヌスが詐術を使うという噂」

魔法ではないが変な力だと、それが更に恐ろしい悪女の噂に影響したとか。

「あの噂は本当だったの?」

エマが少ししかめ面をして話を続ける。

「あのお方がいられる時は、宮へ入って見た記憶がぼんやりとしているのです」

「・・・」

「その頃殿下の傍にいた者は、みんな同じだったと聞いております」

「そっか」

一つはハッキリとした。

こうして記憶操作をしなければならないほど、しっかりと隠された何かがあるということ。

そして彼女が使ったという異能。

ちょっと引っかかる単語だから心に留めておく。

「ありがとう、教えてくれて」

「殿下・・・」

私はため息交じりに、ニッコリと微笑む。

「大丈夫よ。全部、大丈夫だから」

 



 

そして、それから約三日が過ぎた今。

「お久しぶりです」

私は宮殿のどこかにいるエマに尋ねたかった。

リシアン・バヌスが使ったという力が青色だったのかと。

それは「魔塔」でお姉様が使っていた力を思い出した瞬間だった。

青いマナを振りかざして現れたのは、青色の髪に赤い目をした男。

お姉様の記憶では見たことがない。

「久しぶりなのに、挨拶もしてくれないのですか?」

しかし、妙に機械的な言い方は聞き覚えがある。

お姉様がバヌス家を訪れた記憶の中で。

(記憶の中の男よりは機械的ではないけれど・・・)

私は誰かと聞きたい気持ちを我慢する。

「挨拶をしなければならない理由があるのですか?」

「・・・ないですね」

そばにいるダニエルに「大丈夫?」と小さく尋ねる。

私は彼に微笑んで、こちらを無表情に見ている男に話しかけた。

「どうしたのですか?」

「実は驚くと思っていたのだけれど」

男は人形のような表情でそう話す。

「驚くどころか、寒いわね」

そう、本当にまるでロボットが台本を読んでいるような感じだから。

「ここにどうやって入ってきのですか?」

頭上から冷ややかな問いが投げかけられる。

ダニエルが尊敬しないのは珍しいことだ。

「そうですね・・・」

男はゆっくりと視線をそらしてダニエルに答える。

[主人]

その時、ジェンの声が聞こえた。

「ジェン?」

[・・・あれは人ではない。そして、あの青い光は・・・]

ジェンはしばらく言葉を止めた。

[今までに見たことのない魔力だ]

最後の言葉は、ダニエルにも聞こえるように話している。

[精霊力でもなく、一般的な魔力でもない]

ダニエルは表情を固くしている。

「用件を仰ってください」

「あなたをお迎えするようにと」

「そう?」

「誰に?」と聞きたかったが、ダニエルが微かに笑う。

「勝手に」

彼は不愉快に思っていた。

笑顔は変わらないが、私にも感じられるほどの冷ややかな口調。

「主人の命令です。参りましょう」

どうして急に?

考えなければならない。

これまで劇場でも彼らを妨害し、その後も地道に妨害してきた。

でも、今になって訪れたというのは・・・。

(エミールの存在ね)

第二巻がここまで彼らを刺激するとは思いもしなかった。

 



 

北の森からひんやりとした風が吹いてくる。

道に沿って行くと、巨大な城が建っている。

そこがここの領主、バヌス家の本城だった。

「・・・それで」

バヌス領はいつも静寂な町だった。

人々の視線が届かない本城は尚更のこと。

「失敗したということか?」

その凍りついた空間に誰かの声が響く。

氷の結晶で満ちた空間。

その一番上の席に座っている人物。

バヌス家の領主。

彼は消息を持ってきた人物を見て手を上げる。

青みがくすぶって消えた。

やがて、誰かの悲鳴が沸き起こった。

「お、お許しください!」

体を捻る男は、ダンテを見上げて哀願する。

しかし、彼からは答えが戻ってこない。

悲鳴はすぐに消えた。

「花が早く枯れるのではないか・・・」

囁くようにゆっくりと独り言を結びながら、ダンテは椅子の取っ手部分をトントンと叩く。

金髪がちらっと透ける白金髪。

年齢の計り知れない顔。

黒い灰色の瞳。

彼の目つきは、どこか漆喰の墓を想起させる。

「皇女について正確な情報が必要だ。監視させていた者たちが動けずにいるようだからな」

どんなことが起こっても、彼の怒りは収まらなかった。

「皇女が、私に歯向かうはずがない」

皇女はダンテにとって実験体、それ以上でも以下でもない。

彼は、皇女が自分に対して反旗を翻すことを理解できなかったのだ。

「恐怖を失った?」

皇女がこの家に関することを多く知っているにもかかわらず、何も皇室には知られていない。

「もしも変わったとしたら・・・、ちゃんと調べる必要がある」

しかし数日後。

消息を持ってきた人物は、恐怖に耐えながらダンテに一冊の本を差し出す。

リシャのあらゆる推測と誇張された表現による「悪役家門」の描写。

重い沈黙が流れた後、本はそれを持ってきた者と一緒に灰になる。

 



 

エマの記憶も、リシアンの魔法?で曖昧なようです。

それはルペルシャ皇女が使用した魔法と同じ系列なのでしょうか?

そしてリシャを呼び出したのは、バヌス家の領主のダンテ。

いよいよ直接対決が始まるのでしょうか?

悪女が恋に落ちた時【146話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は146話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...