悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【147話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は147をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 




 

147話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【146話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は146話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • お別れ

「劇場事件」以後、私は初めて魔法を使った。

それは、心身を安定させる魔法。

ダンテ・バヌスが誰かを殺すことは、幸いにもなかった。

そして、私は一人で皇帝の元を訪れる。

私が到着したことを知らせるや否や開く扉を見て、私は決意を固めた。

「・・・来たのか」

「陛下」

中に入って、ドアがが閉まるや否や、席にも座らないまま言った。

「お詫びがございまして、伺いました」

初めて見た時と全く違う印象を与える皇帝をじっと見つめる。

「話してみなさい」

「私によくしてもらいたくありません」

「・・・」

皇帝が呆然と口を開けた。

彼は何と言っていいのか分からないようだ。

「いまさら」

皇帝の表情が青ざめていくのを見て、静かに言葉を続ける。

「以前にも話したように、私はここを立ち去るつもりです」

「・・・それは」

「約束の期限までもう少しです。期限を迎えれば、私はここを離れるつもりです」

何の答えも返ってこない。

私をぼんやりと見ている皇帝の視線が重い。

説明の必要性を全く感じなかった、

寂しかったって。

辛かったって。

痛かったけれど、それよりもっと大事なことがあったって。

そんな沢山の言葉は私のものではない。

それらは全て、お姉様の分だ。

(そして、お姉様は今ここにいない)

お姉様がここにいないことをこの人が知らないというだけでも、私はこの人が憎かった、

私の周りの人たちが「原作の人物」の範囲を超えて、私にとって大切な人になっただけに。

この現実が、私の真の真実になっていっただけに。

その分、この人が嫌いになった。

(嫌がることさえ自分の役目じゃないと思って、考えないようにしていた・・・)

しかし、それと向き合わなければならない時が来たのだ。

私を保護しようとする行動をとればとるほど、ダンテが使用できる脅迫材料が増えるだけなのだから。

 



 

「もうやめてください」

皇帝をしばらく見つめた後、私はもう一言言った。

「私のためだと仰るすべてのものを」

もしかしたら、皇帝の保護は私の周りに及んでいるかもしれない。

それでも私はそう言った。

「いくつか解決すれば、すぐに宮殿を離れるつもりです」

「皇女・・・」

皇帝は私を呼び続ける。

開いて閉じて、そして唇を震わせながら何かを言うように振る舞って・・・。

そして彼が呼んだ。

「・・・リ、シャ」

呼ばないでください。

その言葉が喉まで膨れ上がる。

しかし、言わなかった。

ただ聞き流したかのように彼を見て口を開く。

「もう無意味です」

皇帝にはお兄様がいるから、私は皇帝を断ち切る。

これは、皇族であるお兄様に対する脅威を予防するために行動でもあった。

皇帝は一瞬で死んだような表情を浮かべる。

たとえ心が何であれ、本心であれ、それは結局お姉様に向けられたものではない。

むしろ、私に向けられたもの。

だから無意味なのだ。

「受け入れてくれると信じています」

立ち去る私を、皇帝は捕まえなかった。

 



 

帰り道、私は血を大量に吐き出す。

「お・・・、お姉様」

壁に寄りかかって嘆き悲しむようにお姉様を呼ぶ。

しかし、お姉様に会うつもりはない。

今は一人でいたいと思って。

しばらくしてから、急いで血を拭って戻る。

みんなが私を待っていた。

「リシャさん!」

ユジンが顔を青ざめたまま、すぐに近づいてきた。

「大丈夫、みんなに話したいことがあるの」

周囲を見回すと、エマやロックスもいた。

「数日後に出発するつもりです」

「どちらへ?」

カインが尋ねる。

他の人は、まだ私の言ったことを理解できていないようだ。

「出発して、終わらせようと思います」

不吉な敵だから、素早く整理しなければならない。

こちらの状況を把握させる時間を与えずに。

それに、バヌス家を整理することの他に、私には知らなければならないことがあったから。

「殿下、終わらせるとは?」

エマが震える口調で尋ねる。

「言葉通りよ」

「今は誰にも話せない」と私は優しく言葉を続けた。

「上手く仕上がれば、みんな無事に平和に終わることができます」

そうして躊躇いがちに、私は一言付け加える。

「治療剤にも心当たりがあって・・・」

その言葉にロックスが目を大きく開く。

「本当ですか、殿下!?」

「はい・・・、だから病気も解決して帰ってきます」

それは私ではなく、お姉様である可能性が高いけれど。

それに、帰ってからも皇居じゃなくて、他の場所に住むかもしれない。

しかし、戻ってはくる。

せめて彼らとの約束は守りたいから。

ダニエルは終始私をじっと見るだけで、何の反応も示していなかった。

気にはなるが、わざとそっちには視線を向けない。

彼とは一緒に旅立つ予定だから。

気になることがあれば、後で言えるだろう。

「そういえば、こうやって全員を見るのは最後かもしれないわね」

目を丸くする皆の様子を見ながら、わざと明るく笑って見せた。

 



 

皇帝への感情は複雑ですね・・・。

彼がリシャを気にかけたのは憑依した後からです。

原作で皇帝がルペルシャ皇女を気にかけていた描写はありませんでしたから、リシャが皇帝を嫌いになるのは当然かもしれません。

けれど、彼には彼なりの理由があったでしょうから、全てが解決した後は少しでも良いので関係が修復することを祈っています。

悪女が恋に落ちた時【148話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は148話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...