悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【149話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は149をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 




 

149話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【148話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は148話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 神官の答え

白金髪が綺麗に輝いていた。

ダニエルは、元気いっぱいで明るい足取りで先に進むリシャを見つめる。

後ろ姿でも目立って痩せていた彼女は、次第にこの世の人ではないような雰囲気を漂わせていた。

(嫌な感情だ)

この世の人じゃないなんて、今にも彼女が死ぬような表現ではないか。

「ここみたいですね」

彼女は神官の居所に頭を傾げる。

確かに、不思議に思うのも当然だろう。

「大切にもてなすと思っていたのに」

巡礼に出ている神官たちは尊敬される。

地位も格別な2人だったし、その分、待遇も良くなければならなかった。

ところが、今彼らが泊まっている宿は誰が見ても古い宮殿にしか見えない。

「彼らが望んだそうですね」

しかし、彼らがどこに留まるにせよ、それの何が重要だろうか。

ダニエルはいつもの笑顔で彼女に答えた。

「理由は何だと言っているのですか?」

しばらく黙ってリシャを見つめ、少し遅れて答える。

「・・・エミールのせいだと思います」

「はい?」

まん丸い彼女の目はどこかあどけない。

病人のようには見えなかった。

(まるで、本当に病気を治す方法を見つけたかのように)

しかし、ダニエルはそれが不可能だということを誰よりも知っていた。

「エミールの善行を見て覚醒したと聞きます。しっかりするという意味で、こんな住居を貸してくれと言ったそうですよ」

「・・・不思議ですね」

「我々は疑われているのですな」

その時だった。

聞き慣れない声が聞こえてきたのは。

宮殿内から真っ白な服を着た中年男性が歩いてくる。

男はいささか意地悪な表情で話し続けた。

「犯人たちがどうして神様に属した者たちを理解できましょうか?」

近づいてきた神官が、リシャを注意深く見ているのが感じられる。

「そうではありませんか?皇女殿下」

気持ちとしては男の生意気な視線を落としたかったが、それはリシャの仕事を台無しにしてしまうだろう。

ダニエルはリシャの方を振り向く。

今の彼女は、舞踏会で見た姿だった。

孤高で抜け目のない、皇女としての姿。

 



 

「どちら様ですか?」

「私はファハスと申します。ご覧の通り神官です」

「なるほど。ところで、少し誤解があるようですね、ファハス神官」

「皇女殿下は、自らを振り返るという純粋な意図を冗談だと思われているのではないのでしょうか?」

初対面でとんでもない言いがかりだった。

「冗談ではなく、疑わしかっただけです」

「・・・どういうことでしょうか?」

神官の目の色が少し変化する。

「私だったら、古い宮をくれと言わずに、新しい活動をする支援を頼んだのではないかと思っただけです」

リシャの言葉に、ダニエルは口の端を上げた。

いきなり試そうとしてくる年寄りにいい答えだろう。

しばらく沈黙が流れる。

「・・・ですが、何もしない人間のつまらない考えですから、意味はありません」

雰囲気を緩める言葉に、神官がぎくりとする。

(この男は何もしてこなかったのだな)

そう考えて、ダニエルの顔に妙な笑みが浮かぶ。

リシャがエミールであることを知ればどうなるか。

「ごほん。それはごもっともですね」

「そう言ってくださってありがとう」

リシャは軽く口答えをして、ニッコリ笑う。

そんな彼女をじっと見ていた神官が口を開いた。

「気になりますね。普通、神官を訪れる人間は大きな問題があって、私たちに知恵を求めに来ますから。賢いあなたがどうしてここに来られたのでしょうか?」

ぎこちない気配を脱ぎ捨てた神官が、どこか清潔で清雅な雰囲気を漂わせる。

「やはり、彼女のせいでしょうか?」

 



 

「彼女」の死?

ダニエルは、リシャが一瞬だけ息を止めるのを感じた。

そして、彼は眉をひそめる。

神官がやったのだろうか、いつの間にか、彼らの周りに防音膜が張られている。

「・・・その通りです」

リシャは小さく答えた。

「中に入っているものが問題でしたら、大したものを得ることは出来ないと思いますが。答えがありません」

「・・・そうですか」

ダニエルには2人の言葉の意味が理解できなかった。

しかし、一つだけハッキリしていること。

(リシャが最後まで何も言わずに、1人で抱えていこうとすること)

彼女は何があっても1人で全てを背負おうとしている。

ダニエルは目を伏せて、昨日のどこか変だった彼女を思い出した。

そっと歯を食いしばる。

彼女のこれほど大きな傷心を抱いた姿を見たことがなかったから。

やはり、神官は嫌いだ。

(何とも気の利かない人間どもめ)

「リシャ、帰りましょう」

「はい」

病気を治す手がかり。

おそらく、彼女はそれを探している途中なのだろう。

「神官からは、期待していたものを得ることができなかったのですね」

平気なふりをして頷くリシャの表情は惨めだった。

完全に隠しきれていない表情をダニエルは見逃さない。

「大丈夫ですか?」

「・・・大丈夫です」

しかし、やっぱり彼女は「大丈夫」と答える。

リシャは分かっているのだろうか?

大丈夫だと言っている彼女自身と、立ち去ると言いながら心配するなと言っていることを。

(そう話すリシャのことを、みんなが見過ごせないってことを)

皇女宮に戻ったら、おそらく他の人たちも宮殿を離れていないだろう。

ユジンも、カインも、ヘレイスも・・・。

遠くにいたイビエン卿はどうやって知ったのか、ダニエルに「今日中に宮殿に行ける方法を調べてほしい」と連絡してきたくらいだ。

(今頃は到着しているだろうな)

終日リシャと会えていないから、彼女も酷く心配していることだろう。

「ダニエル、何かありましたか?」

じっと見ているダニエルに、リシャはニッコリ笑う。

「何でもありません」と首を横に振って、ジェンに軽く触れた。

[・・・?]

面倒そうな目で自分を見てくるジェンに目配せをする。

次の瞬間、ジェンは翼を広げてリシャを背中に乗せたのだ。

「え?」

[座って帰ろう、リシャ]

皇女宮まではかなりの距離がある。

(自らの状態には無関心なのだから・・・)

ダニエルは苦々しい気持ちを隠して、ジェンを利用した。

「凄いわ!」

リシャの目が優しく輝いている。

その姿がとても可愛らしくて、ダニエルは口元に笑みを浮かべた。

お礼を言ってジェンを撫でる彼女の姿は、青白く、美しかった。

黙々と皇女宮に向かう。

リシャは進行中に何か結論を下したようだ。

さっきよりもリラックスした姿を見せている。

少し不安ではあるが問題はない。

(どんな結論であれ、自分は彼女と一緒にいるのだから)

 



 

神官はリシャの中身の魂が違うことに気づいているのですね。

その上で、治療方法がないことを明言しています。

神官であれば何か答えを持っていると思っていたのですが・・・。

ジェンの活躍は嬉しいですね♪

今度からは、ジェンに乗って移動した方がいいのではないでしょうか?

悪女が恋に落ちた時【150話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は150話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...