悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【154話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は154をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 




 

154話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【153話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は153話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 二人の女性の死

「・・・殿下?」

その時リニが私を呼ぶ。

「あ」

「ありがとう」と言っておいて、ぼんやりと考え込んでいた。

「ただ、みんな私のそばにいてくれてありがとうという意味よ」

真面目な口調で、でも優しそうに笑いながら話す。

「心配しないで。あなたたちも聞いていると思うけれど、病気も治して帰ってくるわ」

私の初めての旅行は成功するだろう。

なぜなら、私を待っている人がこんなに多いのだから。

ニッコリ笑いながら言うと、彼女たちも少しは明るく向かい合ってくれた。

「ちょっと集まってくれる?」

手を叩きながら部屋にいた彼女たちを一か所に集める。

「・・・これは?」

「これはプレゼントよ!」

万が一の場合に備えて、最後になるかもしれない人々に贈り物を一つずつ渡した。

「・・・ありがとうございます、殿下」

みんな笑いながらも表情に少し違和感があったが、喜んでいる姿に私は安心する。

 



 

その日は、そのように流れていった。

感傷的になって鼻先がジーンとすることもあったが、すぐに気を取り直して笑いながら歩き回った。

今日はいつにも増して調子がいい。

昨日、記憶を探したが、最大限休んでいたためか、後遺症が少なかったのだろう。

そして幸いにも、思ったよりもみんなが私の旅立つことを素直に受け入れてくれた。

「陛下もそうだったし」

私に優しくしてくれないようにと線を引いてから初めて会った陛下は、「ダンと一緒に旅をして帰ってくる」という言葉に、しばらくしてから頷いてくれた。

そして、彼は私に一つ話してくれた。

それは「二人の女性の死について」

まずは「リシアン・バヌス」

リシアン・バヌスがなぜ死んだのか知っている人はいない。

彼女は悪女として振る舞っていたが、不名誉な死を迎えたわけでもなかった。

「彼女は、ある日突然死んだという知らせだけを聞いた」

寝たまま死んだそうだ。

平穏な死だったと。

「じゃあ、お兄様のお母様は?」

側室として名を連ねていたが、国家に属した魔法使いとしての限界と生まれつきの身分の限界のため、あまり目立たなかったという女性。

彼女は惨めな死に方をした。

その死に方はお兄様でさえ知らない。

「彼女を殺したのはバヌスだった」

そう話す陛下は、本当にすべてを放棄したような表情を浮かべていた。

10年は老けたように見える姿をじっと見て、私はただ「分かりました」という答えを返す。

そして、妙に優しい微笑を描く人々に見送られながら、私は力強く出発する。

バヌス家を叩き壊すための旅の始まりだ。

 



 

side エマ

皇女が宮を去った。

宮殿がガランとしているように感じる。

宮人たちは特にその空席を感じていた。

「後ろも振り向かずに出発されましたね」

ダニエルと共にあっという間に姿を消した皇女の残影を見つめながら、誰かが呟く。

「・・・」

皇女の姿が見えなくなると、宮人たちの口元にあった笑みが次第に曇っていった。

リニは突然泣き出し、中に飛び込んでいく。

そんなリニをなだめるアリンの目元も赤くなっていた。

「各自の席に行きなさい。殿下が帰ってきた時、少しの差も感じさせないように」

エマはそう言い、宮人たちを散らした。

そう言いながらも、彼女も寂しさを隠せていない。

彼女は宮殿からしばらく目を離し、リシャといつも一緒にいた人たちの方を振り返った。

アイリック公爵とボルトン卿、ヘレイスとジェイン兄妹、イビエン卿と皇太子。

彼らは鳥肌の立つほど穏やかに微笑み、リシャ様を見送っていた。

彼らもしばらくして、一人二人とその場から姿を消す。

まるでこの時を待っていたかのように。

「・・・」

エマは少し楽になった。

「おそらく彼らは、リシャ様を本当に見送るつもりはないのでしょう」

リシャ様は安全のはず。

だから自分は自分のすべきことをすればいいのだ。

「本当に病気が解決したら、どんなに嬉しいか」

考えても仕方のないこと。

エマは少し急いで行動する。

やることは多いのだ。

「この皇女宮で主人の温もりが冷めないように」

戻ってきたリシャ様が、喜んでもらえるように。

だから本当に、またお目にかかれますように。

彼女は心からそう祈った。

 



 

悲しい結末の背後には必ずバヌス家が関わっているように思えます。

二人の女性の死については、いずれ判明するでしょう。

リシアン・バヌスも単なる悪女のようには思えません。

彼女たちの過去も気になりますね!

そしてリシャの旅立ち。

エマの決意と仲間達の決意が良かったですね♪

悪女が恋に落ちた時【155話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は155話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...