悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【155話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は155をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 




 

155話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【154話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は154話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • チートアイテム

「リシャ、一つ聞いてもいいですか?」

地図を見ているとダニエルが聞いてきた。

「うん?何でしょうか?」

「こんなに急いでいる理由は何ですか?急いで動く理由が他にあるのでは?」

余所余所しい口調だが鋭い。

「私らしくないって意味ですか?」

「ええ、そうです。そういう感じですね。リシャ、もしかして今無理をしているんじゃないですか?」

「・・・」

私はしばらく黙ってしまう。

「あのですね、知り合いがいるんですけど」

「え?」

「その人はバヌス家のせいで、悪人として死ぬことを決心して死んだのです」

悪女。

あの人にはその選択肢以外になかった。

「私はその方が出来なかったことをしたいのです」

悪女として死を選んだお姉様。

私はお姉様が彼らに復讐をして生き残ってほしい。

彼らが作った悪女の仮面をかぶって彼らを潰す。

そして幸せになるような未来を作りたいのだ。

「・・・悪女としてこの仕事をしたいと?」

「ええ」

彼らが勝手に作った肩書きを楔として。

「悪女として彼らを倒すつもりです」

そうすれば、お姉様はその束縛から逃れるだろう。

「本物の悪人は、彼らであることが明らかになるでしょうから」

それまでが私の復讐だ。

「人を殺したりしませんが、彼らの全てを無くしたいのです」

冷たく微笑む。

「リシャはその方が大切なのですね」

「はい」

自然な笑みを隠さずにダニエルに答える。

彼は私をじっと見て、妙な表情を浮かべた。

それはホッとしたようでもあり、複雑そうな表情。

「そうですか」

しかし、結局彼はこれといった言葉もなく頷いた。

 



 

私たちは現在、首都郊外の民家に侵入している。

到着するや否やぐっすり寝た後、また血を吐いてお姉様の記憶をゆっくり振り返って一日を始めた。

「旅行をすると言いましたよね。行ってみたい場所はありますか、リシャ?」

ダニエルが優しく尋ねる。

「沢山あります。それと必ず探さないといけない物もありますし」

「探すべき物?」

「ええ、薬ではありません」

病気を治すのは、後で適当に一人で行動しながら解決すればいいし。

今優先すべきことは、ヒロインに与えられたバフを総なめすることだ。

集めた後の願いが目標だが、それだけではない。

それらがあれば、バヌス家を叩き壊すのが一段とやり易いからでもある。

バヌス家は永生を目標に研究している。

そのため、異能を持つ者を狩ったという。

(ロバイン王国を滅亡させたのもそうだし。それならば、彼らにとって、異能が脅かされたり、少なくとも邪魔になるということじゃない?きっと使い道があるはず)

ダニエルとジェンは頼もしいが、同時に大切な人たちなので、私自らが強くなることが必要だった。

こうして私たちは、チートアイテムを手にする旅程を始めたのだ。

 



 

「どうやってこの手がかりで、ここを見つけたのですか?」

4つ目のチートアイテム「火の剣」を持って、私はダニエルに聞いてみる。

「何となくです」

「うーん・・・」

「私からすれば、その手がかりを知っているリシャの方がもっと不思議です」

ダニエルはどこか虚しげに笑いながら答える。

「そして私がいなくても、リシャなら見つけられたでしょう?」

目ざとい彼の言葉に黙って微笑む。

私は原作の覚えていることを話しただけ、いや、全部は言っていないのにダニエルは答えを見つけた。

私たちはそうやって、一つずつチートアイテムを探している途中だ。

「まだあるのでしょう?いくつですか?」

「全部で七つですが・・・」

ダニエルは、このチートアイテムを得る時に、直面する障害物も削除するようにしていた。

(もう精霊としての力を自制する気もないみたいだし・・・)

余談だが、一つ分かったことがある。

彼は力を出す時も目の色が変わるのだ。

黒茶色で目の色を偽装しないダニエルに雰囲気が格別だった。

彼が私の護衛騎士になる前のように。

「リシャ、重くないですか?」

以前として彼は優しいけれど。

目の前の彼は、とても強くて尋常ではない人なのだなというオーラが感じられた。

「・・・大丈夫です」

(このチートアイテムって、意味ないんじゃないかな?)

ダニエルの方がもっとチートなのじゃないだろうか?

「リシャ、休んでから帰りましょう」

今、私たちの邪魔になるのはただ一つ。

それは私の体の具合だけ。

・・・いや、違う。

これはお姉様の体!

すぐに治る体なのだから!

4日間で集めた4つのアイテム。

水の耳飾り、火の剣、地の袋、風の笛。

「すべて封印されていますね」

「え?」

見守っていたダニエルの言葉に反応する。

「そんな話は聞いたことがないのですが?」

不思議そうに尋ねると、ダニエルの代わりにジェンが答えた。

[主人、精霊の気配が感じられる]

「え?」

これらをどのように活用すべきか考えようとした時に、おかしな言葉が聞こえてきた。

精霊だって?

「集めているときに、すぐに分かりましたよ」

[だんだん元気が出てきているな。私の影響だろうか?]

アリエルに与えられたチートアイテムに精霊が?

全部集めたら願いを叶えてくれるアイテムじゃなくて・・・?

「・・・じゃあ願い事は?」

「願いですか?」

[どういうことだ?]

呆然と呟くと、二人が同時に反応する。

「リシャ、大丈夫ですか?」

わざと笑いながら首を横に振る。

「いいえ、あのう・・・、ちょっと」

私は一人でその場から抜け出す。

そして、ドアにもたれて、出来るだけ静かにため息をついた。

「・・・」

一人になってから漠然とした気持ちが押し寄せてくる。

あの神官に希望がないと否定された時でもこうではなかったが・・・。

手先が震える。

全身が痛い。

喉が一番痛かった。

「い、意味がないのかな?」

いいや、目尻が一番痛かった。

「・・・まだ大丈夫」

息を吐きながら心を落ち着かせようとする。

 



 

7つのアイテムを順調に集めている途中での事実。

全てを集めるまでは分かりませんが、願いが叶うという話が違っていた場合、計画の大幅な修正が必要になりますね。

原作の場合だと、アリエルは何か願い事を叶えたのでしょうか?

悪女が恋に落ちた時【156話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は156話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...