悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【167話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は167をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 




 

167話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【166話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は166話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 記憶の空席

「リシャ」

戻ってきたダニエルが手に持っていたものを他の三人に任せて近づいてきた。

彼に抱かれたまま、私は息切れする。

「何?どうしたの?」

「リシャさん?」

当惑する声が聞こえてくる。

しかし、耳に入らない。

ダニエルはしばらく身を固めていたが、言葉なくしっかりと私を支えてくれた。

泣かなければならないところを、泣き出すことができない。

ただ恐ろしかったのだ。

「・・・うん。ふぅ」

希望は消えた。

 



 

その日、バヌス城の大勢の人々が連行された。

「・・・」

浄化が終わったダンテ・バヌスは驚いたことに年寄りの酷い身なりをするようになった。

子供より小柄で皺だらけで、何もできない状態。

彼もまた、多くの人々が見守る中、首都に連行された。

ざわざわ・・・。

バヌス領地で、知らず知らず帝王のような彼らに搾取されてきた領地民たちが、その全てを見守っている。

彼らには、空の上の世界のように遠く、怖く思われていたバヌス城が一挙に消えてしまったのだ。

染めた黒髪を波のように舞いながら、皇女は精霊たちを動かした。

「女神が現身されたようだ」

誰かがそう呟く。

美しくて、言葉では言い尽くせないほど強い皇女殿下。

数多くの攻撃と逆境にも、その輝かしい気性だけは崩れなかったという。

だんだんと死に近づく状況でさえ。

「・・・」

唇を震わせながら切なさと驚異の入り混じった表情で皇女のいる方角を眺める。

そんな人が大勢いた。

そして、「何かあったのだろうか?」と誰かが心配そうに呟く。

すべて整理した後も、中に消えた皇女一行が出てこようとしなかったからだ。

夕方近くになって、ようやく皇女が現れる。

「あ!皇女殿下だ!」

ダンテ・バヌスまで連行されたので、彼女だけが無事でいれば十分だった。

人々は歓声の声を上げて彼女を歓迎する。

「あっ!」

そんな人々の目の前で、皇女はそのまま倒れてしまった。

彼女のそばにいる誰かが彼女を支える。

空気が不安定にざわめいた。

混血の精霊の暴走はリシャの息があったため、かろうじて止まることができた。

人々はたった今死の危機が去ったことも知らず、ただ皇女のことを心配するだけ。

死にかけているという噂は本当だったのか?

帝国各地から嘆きの声が上がる。

そうやって皇女が目を開けないまま、1ヶ月が経過した。

そして皇女が目を開けると同時に、帝国はまた一つの衝撃的な知らせに包まれる。

 



 

「心配するな、リシャ」

「リシャ、私は君を絶対に死なせない」

優しい声を聞いた。

幼い少女の気丈な声。

それはお姉様がくれた記憶でも、幻聴でもない。

「私」の記憶だった。

お姉様の記憶に穴があるというのは、いつも気になっていたことだった。

今や、お姉様の生存への希望が消えた今、私はそれに集中した。

しかし、体には集中する力が残っていなかったようだ。

少し我に返ったとき、何処かから声が聞こえてくる。

「・・・開かない・・・」

「・・・トロヤンの他の数は」

「そんなことを・・・、しくじって」

「・・・リシャ?」

ダニエルが私を呼んでいる。

それに答えられずに私は再び目を閉じた。

そうして夢だか分からない空間にうずくまって考える。

「まだ一年も経ってないじゃん」

病気が治って、私の魂と体が一つになるまで。

それなのに、血を吐いても思い出せない。

「・・・言ったことと違うじゃないですか」

呟いてみても、答えは返ってこない。

結局、私はお姉様から貰った記憶を必死に振り返ってみるだけ。

どうすれば目覚めるかは関心の外だった。

その後、記憶の空席をさらに几帳面に確認するようになった。

「あ、そうなんだ」

記憶の空席。

「・・・解かなければいけないんだ」

見せられていない日付を見てみよう。

解けるかな?

「いや、解かなければいけない」

指先である瞬間から掠れていた光が、その言葉を待っていたかのように漏れ出す。

それは白一色だった。

やがて、空席が次々と埋まり始めた。

ゆっくりと、そしてはっきりと。

そうしてついに、私は発見したのである。

「・・・双子」

二人の少女の手を取り合った光景を。

 



 

ダンテ・バヌスはこのまま退場なのでしょうか?

浄化された後は、普通の老人のように見えますね。

そしてリシャが1ヶ月目覚めず・・・。

衝撃的な知らせとは?

記憶の空席も埋めることができて、「双子」という重要なキーワードが出てきましたね!

悪女が恋に落ちた時【168話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は168話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...