悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【181話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は181をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 




 

181話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【180話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は180話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 決別と決心

「確かに期待した」

皇帝は許される期待もしないと思いながらも、彼は期待していた。

もっと正直に言うと、「ルペルシャ」ではなく「アリシア」なら、自分を許してくれそうだったから。

滑稽にも。

「陛下、私たちは、許すとか、許されないという関係ではありません」

しかし、善良で利口なこの子は、そんな自分の内心も見抜いたようだった。

娘はあまり動じない口調で彼に話した。

私たちは何の関係もないと。

許されないと自分を恨んでいたなら、かえってマシだっただろう。

皇帝は暗稽としてアリシアを見つめた。

「私には最初から、家族はお姉様だけでした」

淡々と続く言葉は、残響のように悲しみが漂っている。

「・・・陛下にご関心を頂いた皇女はお姉様でしたが、お姉様はもういないじゃないですか」

皇帝は一瞬息を止める。

そして、歪んだ顔を隠すことができなかった。

彼は膝をついて、震える手で目尻を覆う。

「・・・」

アリシアは黙り込んで窓の外を見る。

彼女は、誰にも容赦の言葉を発していない。

「おかしいじゃないですか。どうして私に悪かったと言うのですか?」

その通りだ。

「本当に許さなきゃいけないお姉様は、もういません」

いつものように陰りのない表情で、アリシアはぼんやりと呟いた。

「雨が降りそうですね」

彼女は窓をじっと見つめる。

背後では皇帝のすすり泣く光景が。

 



 

大半はお姉様の姿だった。

バヌス家で水晶玉を通じて見ることができたお姉様の姿。

そして日本で生まれ変わった時に夢で見た、原作時期のお姉様の姿。

「前と違って嬉しくない」

お姉様を見ても恋しいだけだから。

振り向いて皇帝を眺めた。

本当は憎い。

けれど、それを表すこと自体がもったいなかった。

彼は恥も外聞もなく、今になって父親の役目をやりたがっている。

本気であろうとなかろうと、私には受け入れられない。

(絶対にお父さんとは呼ばない)

今の彼には、それが何よりも大きな罰になるだろう。

「陛下」

しかし、彼とは別に、私はお姉様の希望する仕事をすることにした。

再び彼の方を振り返りながら口を開く。

「私は過去に縛られずに生きていきます」

今言いたいことは、彼に言える最善の答えでもある。

「精一杯生きていくつもりです」

記憶と痛みに囚われて足踏みしないように。

(簡単ではないけれど)

アリシアとしての記憶が完全に戻ると容易ではないだろう。

苦しかった記憶を理解し、共感することができた唯一の相手はお姉様だけ。

(でも負けない)

そうすることにしたから。

「自由に生きて行け」と。

お姉様がそう言ったのは、お姉様自身がそんな風に生きたかった気持ちも一緒にあったはずだから。

私は皇帝に再度申し上げた。

「もっと幸せになるでしょうから」

もしかすると、彼が本当に父親の心でここにやって来たのなら、私の言葉を慰めてくれるかもしれない。

皇帝は黙ったまま頷いた。

「そうか・・・。そうだな・・・」

そう呟く皇帝に、私は微笑む。

「お帰りになってください、陛下」

しばらくして彼が出ていく音が聞こえた。

周囲が静まり返る。

この場を離れていたダニエルが近づいてきたのか、彼の香りがした。

認知するために目を開けて彼を抱きしめる。

ダニエルがお姉様のことを気にすることのない唯一の人だったことに感謝した。

言葉では表現できないものだったが。

「・・・」

彼は私が落ち着くまで何も言わずに励ましてくれた。

そして、静かなキスが続く。

 



 

皇女が目を覚ましたという嬉しい知らせが帝国を訪れる。

そして衝撃的なニュースが続いた。

皇家が二人の皇女について公表したのである。

「生き残った方は、ルペルシャ皇女殿下ではなくアリシア皇女殿下なのか?」

アリシア皇女の早死にを公表した皇室は、すぐにそれを訂正した。

ルペルシャ皇女の体にアリシア皇女が入ったことは隠したが、生き残ったアリシア皇女が生きていけるほど回復したと公開したのだ。

「一人はラファエリスで亡くなり、もう一人は亡くなった方の復讐をしたということか」

そしてもう一つ。

「ラファエリスがそんな病気だったなんて・・・」

ラファエリスについて知られると、人々は戸惑いを隠せなかった。

ルペルシャ皇女の噂を口にしない人は少ない。

聞き流した人よりも、広めた人の方がずっと多かった。

しかし彼らの誰も、自分の行為が誰かを殺す行為だったことは知らなかった。

「噂が誰かを傷つけることもあることは知っていたけれど・・・」

単にラファエリスでなくても、噂とはそういうものだ。

しかし、日常の刺激のために、または自分一人ぐらいという浅い考えをしながら、彼らは噂に振り回された。

その結果、人が死んだ。

彼らの口は病気という具体的な形を持つようになり、刃物となって人を殺した。

「・・・はぁ」

ラファエリスという病気を発生させるための噂。

皇女たちの母方のバヌス家が、それを助長したということも衝撃的だった。

「アリシア皇女も彼らから酷い扱いを受けたと聞いた。どんなに苦しかったことだろうか・・・」

しかし、実の姉を亡くした後、皇女は直接、その恐ろしい人々と向き合って彼らを断罪したというのだ。

二人の皇女の悲劇に、帝国は大きく衝撃を受けた。

自分の言葉が「真の刃」になってしまった今回の経験は、長期的に多くの変化の始まりとなるだろう。

一度でも皇女殿下に関する言葉を変えた人々は、ルペルシャ皇女に対して自責の念を持ち、噂に対して極度に慎重になり始めた。

 



 

ルペルシャはいませんが、ダニエルが今後のアリシアを支えてほしいです。

もちろん、ユジンたちも!

これからのアリシアの行動が気になりますね。

悪女が恋に落ちた時【182話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は182話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...