悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【185話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は185をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 




 

185話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【184話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は184話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ある冬の夜

<リシャ様へ。

この冬はとりわけ長いようです。

リシャ様が宮殿にいないからでしょうか?

旅行に発ってからもう数ヶ月が過ぎましたね。

リシャ様はお元気でしょうか?

こちらは皆無事に過ごしております>

エマからの手紙は、かなりの分厚さだった。

ダンと共にする旅は、たまに精霊王たちも共にするため、神出鬼没の旅でもある。

それはそれで楽しいのだが、私たちについて回ったり、知らせを伝えようとする人には悪夢でしかないだろう。

だから私は、一度に多くの消息を伝えることにしたのだ。

「ユジンとカインの仕事が順調のようですね」

「ヘレイスに不満が多いのを見ると、そうらしいです」

「何度もユジンとカインに捕まっているそうですから」

ダンは困った表情で、けれど楽しそうに言った。

ユジンとカインが大陸的に治安を強化しているわけだから、情報ギルドのヘレイスとはしばしばぶつかることになるのだ。

<・・・それと、皇太子殿下の結婚式が行われる予定だということをご存知ですよね?

その時にはお目にかかれますでしょうから、一番美しいドレスを準備しておきます>

ダニエルは手紙を読んでいる私の肩に毛布をかけてくれた。

「ありがとう、ダン」

彼は笑いながら、私を後ろから抱きしめる。

「リシャ、他には何て?」

「うーん、アリエル令嬢とお兄様の結婚式。私たち、プレゼントを準備しないといけないわ」

「リシャが参加することがプレゼントでしょう」

「もう・・・」

少し横目で睨みつけると、ダンは小さく笑い出した。

ここは人里離れた北の方

一年の大半が冬の場所だ。

ここの爽やかな涼しさも、小さく燃え上がる焚き火の暖かさも全部好き。

「溶けない氷細工を持っていこうかな?」

「それもいいと思いますよ」

お兄様とアリエルが喜びそうなものを考える。

「あ」

私は悪戯っぽく口の端を上げながら、ダンに話した。

「3冊目を書く時間になりましたね」

「・・・そうですね」

私の提案に、ダンが笑いを堪えて答えた。

雪のお姫様と蛙の王子様の最後の巻を限定盤として2冊選ばないと。

「サインを書いてあげたら喜んでくれるかな?」

「そうですね。アリエル令嬢が喜ぶなら皇太子殿下も喜ぶでしょう」

ダニエルが素知らぬ顔で答える。

「お兄様は歯軋りすると思うけど、他のプレゼントも一緒にあげればいいよね!」

 



 

そうして私たちの最後の旅路で、最後の巻が出版された。

今、この話の背景を皆が知っている状況だ。

母方の妨害工作で生き別れになった2人の主人公は逆境を乗り越えて再び出会う。

雪のお姫様は堂々と全てを乗り越えたが、手に握ると決心したのは1つだけ。

彼女は愛する人の手を握ったのだ。

蛙の王子様の過去も詳しく明らかになる。

彼は前の1、2巻では想像もできない悲しい過去を持っていた。

死ぬことができずに生きてきて、弟を育てるために罪を犯した。

この世のどこにも希望はなかった。

暗闇だらけだった彼の人生に雪のお姫様は唯一の光。

「みんなが冷たい」と言っていたが、実は何よりも明るく輝く、そんな光。

「ねえ、ダン」

「はい」

平然と振る舞っていても、アリシアとしての幼い頃の記憶は無残だった。

そして、それに共感し、互いに慰め合える人がダニエルだった。

「あなたがいてくれて良かった」

内容はどうであれ、結末はハッピーエンド。

「リシャ」

そして、本を貰ったアリエルの歓声に包まれたお兄様の結婚式の日。

「あなたと一生共に生きれることを許して下さいますか?」

その美しかったある冬の夜に・・・。

ダニエルは私にプロポーズした。

 



 

アリシア・ラム・トリエルとダニエル・ロバインの結婚は特異だった。

彼は2人とも大公の地位を受け、それぞれトリエル大公、ロバイン大公と呼ばれた。

そして、旧ロバイン王国の跡地を領地として授かり、治め始めた。

精霊力を持った人々がそこに定着し、彼らとの協議を模索し、新しい塔が都市の周辺に建てられた。

2人の大公は非常に自由奔放な方法で領地を治め、後にここは公国より自由都市と呼ばれるようになる。

精霊と魔法の都市、リベラはそうして誕生した。

次代の皇帝フランシス・ラム・トリエルが彼らの間に生まれた皇女であることは周知の事実。

フランシス皇帝は、時々青色の得体の知れない力を使ったりしたが、その力を使う度に髪の毛が白金色になったりしたという。

最近はアリシア・ラム・トリエル大公の日記帳が発見され、話題になったその日記帳には・・・。

 



 

ラビロフとアリエルの結婚、おめでとうございます!

そして、リシャとダニエルのその後のお話。

二人の間に生まれたフランシスはもしかして・・・?

リシャの日記帳は、見られたら不味いのでは?(笑)

悪女が恋に落ちた時【186話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は186話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...