悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【190話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は190をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 




 

190話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【189話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は189話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 絢爛たる夢

夢の中のダニエルは、その恐ろしい視線を感じたのか、困ったように笑う。

「過保護だね」

それでいて彼は少しも躊躇わず、アリシアをフロアに導いた。

アリシア皇女にダンスを求める人々が舞踏会に満ちている。

興味深くこちらを見つめる自由騎士もいたし、憂鬱に1人の時間を楽しんでいたが、突然アリシアに視線を固定するアイリック公爵の姿も。

やはり、ダンスを求められるほど私は美しいのでしょうか?」

ダニエルは目を大きく開けて、皇女の茶目っ気のこもった目を見て、思わず笑ってしまった。

そうだね、あなたは美しい。

しかし、それだけではなかった。

「むしろ、それよりも・・・」

アリシア皇女特有の愛らしい雰囲気が人を魅了していたからだろう。

「そうですね」

そんな「思い」をしながら、夢の中のダニエルは笑い出した。

「一緒にいると何だか幸せになりそうな気がするからです」

意外にも、アリシア皇女は彼の答えに笑顔を浮かべる。

その答えを知っていたかのように。

 



 

アリシアは満足げに笑った。

「どうすれば夢の中でも同じことを言えるんだろう?」

一緒にいると幸せになる感じだなんて。

それは現実の彼らが結婚前に一緒に旅行した時、ダンが彼女に言った言葉でもあったからだ。

どこか懐かしげに微笑み、アリシアは答える。

「嬉しい言葉ですね」

ときめく時間だった。

そして、その時間はあっという間に終わる。

アリシアにとって今重要なのは、姉との時間だったからでもあったが、ラビロフとルペルシャが一緒にいるからでもあった。

「アリシア、このお兄様と踊ってくれないか?」

「え?」

滑稽なことにラビロフは変に目配せする。

アリシアは笑いを堪えて、ラビロフと手を取り合う。

どうやら夢の中のお兄様は、少し図々しいところがあるようだ。

自然にアリシアの手を握って引っ張るラビロフの後ろで、ルペルシャが優雅に手を振ってくれた。

そして霜柱のような目でダニエルを一瞥した後に離れていく。

ダニエルは無言のまま微笑んでいたが、彼らが遠ざかってからは興味深いという目つきをする。

ラビロフと踊った後、ルペルシャがアリシアにダンスをしようと提案した。

その後は少し休んでから再びラビロフと、また少し休んでからルペルシャと。

「楽しい?」

ルペルシャが尋ねると、アリシアが上気した顔で答える。

「はい。完璧に」

「完璧に?」

ルペルシャは奇妙な顔をしたが、結局は彼女もニッコリと笑ってしまう。

その満足な表情を見て、アリシアは優しく口を開いた。

「お姉様。私はお姉様がいて幸せです」

「私もだ」

鏡のように同じダンスを踊りながら優雅にターンした後、ルペルシャが再び言葉を続ける。

「私もお前がいるこの人生が幸せなんだ」

目を閉じるほどニッコリ笑っていたアリシアは、その言葉に少し涙ぐんでしまう。

「アリシア」

直感的に感じられた。

「いつも言いたかった。お姉様が私のお姉様で本当に良かったって」

「・・・私も同じだよ、アリシア」

「会えて嬉しかった」

ダンスが終わりに近づいている。

そして、この絢爛たる夢も。

「お姉様を覚えていながら、もっと幸せになります」

「もう悲しまないよ」とアリシアは呟いた。

だんだんとルペルシャが曇っていく。

アリシアは最後まで笑っていた。

 



 

私は冬にプロポーズされた。

そして、春の花嫁に。

あの夢を見たのは、ひときわ眩しかった春の季節。

目が覚めた朝は静かだった。

私は恋しさと喪失感を長年に渡って失った。

そして、その全てにもかかわらず、心から微笑んだ。

愛する人と世の中を切り盛りする始まりで、私は初めてお姉様を手放した。

自由に。

眩しかった、あの姿のまま。

後日子供ができたら、その子供に愛するお姉様について話を聞かせることができるだろう。

そして、その夢を見た日に、私は私たちの愛らしいフランシスを身籠った。

不思議なことに、ダニエルも部分的に同じ夢を見たという。

舞踏会で私と知らない間に初めて会って踊ったとか?

子供が生まれ、フランシスという名前をつけた瞬間、私はあれが妊娠の夢だったことに気づいた。

 



 

ルペルシャとのダンス。

夢の中とはいえ、二人の願いが叶って良かったですね♪

そして、その夢がフランシスの生まれるきっかけになるとは驚きです。

悪女が恋に落ちた時【191話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は191話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...