悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【192話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は192をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...

 




 

192話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【191話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は191話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 鏡の部屋

二番目の部屋は上下が反対の部屋。

「リシャ、私を捕まえて」

扉を開けた時は、天使たちが遊び回るような空間が、私たちが中に足を踏み入れるや否や、地獄に変化する。

「目を瞑って」

瞬間的に高まっていた不安感は、ダニエルの平穏な声を聞いて安定を取り戻した。

「終わりましたよ」

「あ・・・」

目眩が治ったと思った時に彼は言った。

そっと目を開くと、ダニエルと視線が合う。

彼にキスをすると、彼は居心地の良い笑い声を上げて、私をしっかりと抱きしめた。

「多分、私たちが来た方に部屋が3つあったようですね」

再び足を運んだ後、向き合ったのは3度目の黄金の扉。

ところが今度はダニエルが困っているように見える。

「ダン、どうしましたか?」

「精神系の魔法が非常に強くかかっている部屋なので。想像以上に強力な魔法です」

「どのような魔法なのですか?」

「私たちが知る限り、最も現実からかけ離れた場所に環境を変える魔法です。この部屋は大魔法使いが作ったようですね」

ゆっくり首を振ってダニエルがそう答えた。

「リシャ、帰ったらどうですか?」

私はしばらく考えたが、答えはすぐに出てきた。

旅の途中で気づいたことだが、新しいことの多くは経験した方が良いということ。

「うーん、死ぬほどの危険でしょうか?」

「幸いにも、それほど危険なわけではありません。その幻想に閉じ込められて出られないのが正常ですが、リシャには私がいますので」

「それじゃあ行きましょう」

「分かりました」

そして私たちが中に入ると、驚いたことに部屋の内部は。

「これは・・・」

日本の風景に変わったのだ。

 



 

「でも、ジェーンは日本がどこなのか分からないよね。うーん、何て説明しようなか?」

手紙を書く途中で悩んだアリシアは、足元をくすぐる猫を一度撫でた後、再び手紙を続けた。

「私が頭の中で思っていた世界が、目の前に広がりました・・・」

 



 

「ここは、日本?」

「日本?リシャ、知っている場所ですか?」

「以前に私がいた場所です。ですから、ここは別世界です」

ダニエルには旅行しながら殆どの事実を語った。

「ですが、なんでこれが精神攻撃なのか分からないのですが」

するとダニエルは苦々しい表情で答える。

「古代に鏡の部屋と呼ばれていた魔法のようですが。この魔法は一番遠くて楽な場所を照らすそうです」

一番楽な場所を照らして、離れたくないように刺激するそうだ。

「普通の人はここから出ることができないと言われています」

ダニエルはそう説明し、まだ言いたいことが残っている様子で黙った。

「そうですね。確かに一番遠くて楽な場所なら、ここが合っています」

ダニエルは私をじっと見て、かなり慎重な口調で尋ねる。

「ここが、リシャにとって一番楽な場所なのですか?」

妙な口調に振り向くと、ダニエルはどこか不安そうな表情を浮かべていた。

私はその時やっと何かを悟って言葉を加える。

「ああ、そういう意味の気楽さではありませんよ!」

「そういう意味じゃないって?」

「つまり言葉通り、ここは『体が楽』なのです」

どうやって説明しようかな?

私はダニエルを連れて図書館に向かう。

「本当に久しぶり・・・」

私が一番好きだった空間は地域の図書館。

もちろん施設も整っているので、ダニエルに現代文明の利便性を知らせるのにも適切だったし。

図書館の中に入ると、鏡に映ったせいか、人の気配はない。

けれど、その他は記憶の通りだ。

魔法でもないのに手振り一回で爽やかで清い水が出てきた。

「これは・・・」

女子トイレの洗面台の前に立ったダニエルが初めて動揺を表す。

「お湯も出てきますね。さっきの自然に動くドアもそうですが、魔法とは違う。精霊の力も感じられないし、いや、最初からここは移された世界のはず」

混乱した声に私は笑いを堪える。

そして、綺麗な鏡に多少馴染みのない視線を向けるダニエルを導いた。

「ここは休憩所です」

私の記憶よりもっと完璧な空間が目に入る。

「主に子供たちが滞在しますね」

柔らかなラグが敷かれ、さらにフワフワしたクッションがあちこちに積み上げられていた。

そちらに近づいたダニエルがキリンの人形を拾う。

「これはまさか、動物ですか?」

「はい、動物の人形です」

笑いながら教えると、ダニエルは私を見て微笑んだ。

「リシャ、あなたは」

訳が分からずに首を傾げると。

「子供たちが本当に好きなんだなと思いました。子供たちに関する話をする時は、とても暖かい目つきですから」

「えっと・・・」

話を見つけられず、私はただ反対方向を指し示して話の話題を変えた。

「向こうにも行ってみましょう」

ダニエルは目を輝かせながら、私が指し示した方向へ向かう。

 



 

まさかの日本の登場ですね。

確かに一番楽な場所というのは当たっていると思います。

魔法も羨ましいですが、現代文明も優れていますから。

ダニエルが驚いている様子が面白いです(笑)

悪女が恋に落ちた時【193話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は193話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...