悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【32〜33話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は32〜33をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 




32〜33話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • SIDE:ユジン

ドアが閉まるや否や、内側からすすり泣きが漏れた。

「気付いていないとでも思ったのでしょうか?」

ユジンの独り言のような呟きに、カインは複雑な表情で目を閉じます。

皇女様は賢い方だ。

敢えて目を開けずに、私たちの話を聞いていたのは・・・。

「知らないふりを私たちにしてくれという、暗黙の了解なのでしょう」

カインはそう言います。

皇女様が寝ているふりをしている事くらい分かっていた。

だからカインはロックスの話を遮ったのだ。

本当に彼女が寝ていたのなら、今も対策を講じていたでしょう。

「魂が壊れているとは・・・」

少し歪んだ表情で、カインが呟く。

皇女様の精神が、身体の苦痛に耐えられない場合に予想される最悪の状況でした。

一瞬一瞬の時間が惜しいでしょう、一瞬一瞬の時間が苦しいでしょう。

魂が揺さぶられるのは、大きな苦痛を伴います。

「どうやってその苦痛を我慢していらっしゃるのか・・・」

ロックスはショックを受けた様子で呟く。

崖っぷちに立たされた皇女に、ユジンが出来る事は何もありませんでした。

話の途中で、彼女の息遣いが尋常でない事を感じた。

今も彼女は俺たちに内緒で苦痛を我慢しているのでしょう。

「もう少し調べてきます」

うなだれていたロックスが真っ先に席を離れました。




  • SIDE:天使

皆が席を離れている間に、涙を流しているルペルシャに近寄る影がありました。

黄金色の髪の少年です。

いや、少年にしては身長が高かった。彼はヘレイスです。

彼女を見つめていたヘレイスの眼差しは、どこか感傷を浮かべていました。

そして次の瞬間、二人の目が合いました。

ルペルシャは泣くのを止めて、ヘレイスに尋ねます。

「どちら様ですか?」

ヘレイスは微笑みながら冗談を言います。

「天使」




  • SIDE:ヘレイス

彼を初めて目にする人たちは、皆そう言います。

目を何度も瞬きしたルペルシャは、おもむろに手を伸ばしてきた。

ぎょっとするが、近づいてくる手を避けずにじっと見守ります。

ヘレイスの髪を撫でた後、ルペルシャは彼の頬を撫でます。

次の瞬間、彼女から溢れんばかりの涙が流れた。

ヘレイスは瞬きをして、子犬のようにそっと寄り添います。

そのまま瞬きもせずに、彼女の反応を見守ります。

涙は次第に薄らいでいきますが、彼女はどこか幸せそうに見えた。

「もう泣かないの?」

残念そうにヘレイスが聞きます。

ルペルシャは微笑んで答えました。

「・・・もう、大丈夫です」

その言葉に、ヘレイスは本気で切なくなりました。

「どうして?」

目の前の皇女は呟くように言います。

「天使様に出会えましたから」

ヘレイスは思わず口をつぐみ、顔をしかめて困り果てました。

彼女はずっとヘレイスの顔を見つめていた。

ルペルシャの目の色は透き通るように美しいが、そこに涙が浮かぶと更に美しい色になりました。

やがてヘレイスは天使のように笑いながら、彼女の耳元で囁いた。

「ねぇ、僕と一緒に行くかい?」

それと同時に、ドアが開きました。

予想していた妨害者の出現に、外見とは似合わない嘲笑いを浮かべるヘレイス。

そして、ルペルシャのぼうっとした目を見つめて、一言残して消えました。

「僕はヘレイスって名前だよ。リシャ」

悪女が恋に落ちた時【30〜31話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は30〜31話をまとめまし...
悪女が恋に落ちた時【34〜35話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は34〜35話をまとめまし...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語...