悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【38話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は38をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...



 

38話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【37話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は37話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • イビエンとジェイン

今日のお出かけは大成功だった。

思う存分に3人の被写体を堪能し、私は胸が一杯だ。

私のオタ活問題は、より興味を惹く対象に集中すれば改善出来るようだ。

これもユジンとカインとの距離感が密接になった関係もあるのだろう。

現状維持も良いかと考えるが・・・。

「違う違う。まだイビエンとジェインがいるわ」

まだ会う事には躊躇いのある二人。

彼女たちの命も救いたい、そして。

「暗殺ギルド長ダニエル」

私が2番目に好きな人。

作中の登場人物の中で、お姉様の事を「悪女」と直接呼ばなかった唯一の人物だ。

彼とも友達になれるか考えましょう。

考えをまとめると、私がすべき事はイビエンとジェインの二人と仲良くなる事でした。



 

  • イビエンの設定

イビエンは客観的に見ても、優れた能力の持ち主だった。

特に、彼女は経営に関心が高かった。

幼い弟が生まれるまでは後継者だったイビエン。

後継者を外れた後も経営と会計について学びたかった彼女でしたが、学園に通うには年齢が高かった。

しかし彼女は諦めず、弟の授業を手伝うふりをして、勉強を続けようと思っていた。

それでも彼女は満足でした。

それを不満に思った両親が、無理矢理に婚約を進めようとします。

イビエンは家を飛び出し、行き場のない彼女は最終的に皇女の侍女として働くようになりました。

そんな彼女の才能に注目していた皇太子の目に止まり、イビエンは秘書として抜擢され、自分を認めてくれた皇太子を愛した。

「正直、アリエルさえいなければ小説の主人公でもおかしくないわ」

だからと言って唯一の友達であるアリエルを裏切る事は出来ず、アリエルと皇太子が結婚した後は、辞任して田舎に姿を隠れました。



 

  • 募集

時期を考えると、現在のイビエンは友達の家を転々としているでしょう。

私は彼女に、彼女のしたい事をさせるつもりです。

「エマ、経営危機の会社を立て直す経営者を募集するという広告を流してくれる?年齢制限も加えて」

「すぐに手配致します」

「ありがとう」

エマはたった一日で仕事を完了してくれました。

そして更なる条件を加えます。

困難な依頼だと知らせる、依頼者は皇女、そして給料は雀の涙程度。

イビエンほど切迫した状況でない人物以外が引き受けない内容にします。

「エマ、私はエマが老後までお金の心配をしないように責任を負うからね」

「・・・は?」

平常心を保つことが出来ず、エマは目を大きく開いた。

にっこりと笑う私の表情を見て、彼女は泣きそうな顔をした。

「有難いお言葉です」

声が少し震えているように聞こえるのは、勘違いでしょうか?

「・・・皇女様がされたい事でしたら私は何でも手伝います」

「うん。いつもありがと」

少し悲しそうな表情を浮かべて、エマは部屋を退出します。

 



 

  • いつもの侵入者

イビエンを誘い出す準備が出来たので、しばらくは外出を控えます。

これで外出の目的の半分は達成したから、私にも余裕が生まれました。

「機嫌良さそうだね」

自室で日記を書いていると、声が聞こえてきました。

私は驚かず、むしろ、窓から見える彼を笑顔で迎え入れた。

「天使様!」

天使と言う自分に恥ずかしくなるけれど、ヘレイスは本当に天使のようでした。

「君は僕が来ると必ず笑うよね」

彼が本当に見たい表情は別であることは知っています。

私はそっと笑いながら答えた。

「もちろんです。でも不思議です」

「何が?」

「それは・・・」

ここが本宮ではないといえども、ここまで自由に侵入出来ることに。

「皇女様」

ノックをする声はカインでした。

「どうぞ」

「失礼します」

カインが入室すると、ヘレイスがいる事に気づいた彼は私をそっと背中に隠した。

「得体の知れない者と関わる趣味はないが、常識のない者を処理する権限はある」

「死にたいの?難しい言葉を使うなよ」

二人のやり取りを見ていると、ヘレイスが尋ねた。

「リシャ、泣いてるの?」

その期待に満ちた声に、嬉しくておかしくなりそう。

「ふふ、いいえ」

落ち着こうとして優しく微笑んだ。

「訳が分からないな。だからといって殺す訳にもいかないし」

その瞬間、魔力で出来た黒の剣がヘレイスの喉元に接近した。

怒るカインの表情を見れないのは残念ですが、私はそのままじっとする事にした。

私から目を離さずにいたヘレイスは、何かを決心した表情でまた会おうと言い、その場から消えた。



 

  • 12歳の記憶

「不思議な人ね」

「皇女様」

「ありがとう、カイン。休暇を私なんかの為に使わせて」

表情が険しかったカインも、徐々に落ち着きを取り戻した。

彼がここまで感情をはっきりと見せてくれることが嬉しくもあった。

へへへ。

「嬉しいですよ。皇女様の為に使える時間が長くなって」

今凄くときめく言葉を聞いた気がするんだけど?

鎮痛剤の効果はもう無くなりかけていた。

けれど、カインは落ち着く暇を与えず、真剣な表情で尋ねてきました。

「皇女様は、最近はどうして外出をされないのですか?」

私はにっこり笑って言いました。

「少し休もうと思って」

ふとお姉様の記憶が蘇った。

彼女の12歳の記憶の傍にはエマがいた。

だから子犬も死んでいない事が分かり、私は安心した。

「そうですか」

カインが何故安心しているのか、私には理解出来なかった。

最初はあんなに反対していたのに、外出が気に入ったのかな?

カインは「ゆっくり休んでください」と言い、部屋を出て行きました。

 



 

  • 泣く理由

私の泣き顔が見たくて、頻繁に訪ねてくるヘレイス。

彼を思い出すと、弟が出来たみたいな感覚になる。

「ひひひ」

変な笑い声を出してしまった。

「私がオタ活以外で泣くことがあるかなぁ・・・」

悲しくて泣く姿が大好きなヘレイスにとって、私は間違いなく難易度の高い相手でしょう。

「原作だと、簡単に泣くアリエルも彼は好きだったけど、絶対に泣かない人に対しても興味を示していたわ」

私はアリエルのように泣く自信がないから、後者を選んだ。

「やっぱり外見以外に集中すれば、気絶せずに済むわ!」

 



 

悪女が恋に落ちた時【39話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は39話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...