悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【41話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は41をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...



 

41話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【40話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は40話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 14番目の記憶

お姉様の14番目の記憶。

私はただ微笑んで、その光景を眺めていた。

今回のプレゼントは。

「エマ、これは何?」

「犬小屋です、皇女様」

「これがリーシャの家なの?」

とても大きくなったリーシャが吠えています。

その時だった。

強ばった表情で手紙を呼んでいたお姉様が、エマに言った。

「エマ、リーシャを誰かにあげて」

「え?」

事務的な表情を浮かべていたエマも、流石に驚いていました。

「聞こえなかったの?他の人にあげて。犬小屋も一緒に」

その言葉が最後だった。

その言葉と共に、記憶は終わる。

なんで?どうして今回はこんなに早く終わるの?

14歳の記憶がこれで全てとは思えなかった。

私は目を覚まして、膨れっ面になります。

その日の夕方、日付計算をします。

「ようやくね、ジェイン」

ジェインを助ける時が来ました。

私は苦笑いを抑える事が出来なかった。

 



 

  • ジェイン

ジェインはルペルシャの毒で死んだ少女。

主人公の代わりに犠牲となった。

アリエルが上京した日、悪党に襲われていたジェインを助けたことで、彼女はアリエルに忠誠を誓う。

彼女には一つの残念な出来事があり、つい先日別れた双子がいた。

双子とは原作が始まる1ヶ月前に別れていた。

そんな彼女を可哀想に感じて、アリエルは弟たちを探す手伝いをするとジェインに約束した。

けれど、結局彼女は弟たちに会えないまま死を迎える事となる。

死ぬ間際に彼女はアリエルに言います。

「あなたのような優しい人のために、私は死ぬことが出来たのだから後悔はありません」と。

それを読んで、私は悲しかった。

何故なら、原作でジェインは何度も双子とすれ違っているのだから。

ジェインの双子の弟たちは天才でした。

弟たちは事故で別れた後、ダニエルに仕えることになったのです。

暗殺ギルド長の一番弟子として、彼らは迎えられる。

ジェインは事故で顔の半分に火傷を負ったので、弟たちはジェインを見つける事が出来なかった。

私が狙っているのは、彼らが別れた事故から彼らを救うことだった。

皇太子派の腐敗した貴族が「ゴミ掃除」という名目で起こした無慈悲な火災を防ぐ自信はない。

代わりに、彼らがよく行ったという場所で彼らを待とうと思う。

黒い洞窟。

崩壊した家や木々が入り混じって洞窟のようになった場所。

現在のジェインは、その場所によく出入りしてるでしょう。

私は急いで彼らを探すことにした。

今は血を吐く量がかなり増えてきて、一度吐いてしまうと気力が尽きて、強制的に気を失ってしまうからだ。

私は久しぶりに、エマに外出すると告げた。

そして心配する彼女をギュッと抱きしめる。



 

  • 想定外の出会い

幸運にも、すぐにジェインに出会えた。

全く想定外でした。

何故なら、黒い洞窟にまだ辿り着いていないのだから。

「・・・!!・・・リシャ!」

「大丈夫です」

思わず転びそうになる私を、ユジンが支えてくれた。

目の前には、私とぶつかって転んだ少女がいる。

この少女がジェインだと一目で分かったのは、運が良かった。

何故なら彼女が転んだ時に、遠くから彼女を「ジェイン」と呼ぶ声がしたから。

遠くから首を突き出した二人の男の子の髪の毛の特徴は、原作で「天才双子」と呼ばれた彼らと一致していた。

ジェインは私を見て貴族と確信し、恐怖で頭を床に擦り付けた。

「助けてください、お貴族様。家に私を待っている弟が3人います。私がいなければ、子供たちが飢え死にしてしまうのです。どうか!どうか、慈悲を!」

私はぼんやりと彼女を見つめていた。

名前はジェインで、弟が2人。

あれ?何で弟が3人なの?

遠くへ視線を向けるが、弟たちの姿は見えなかった。

「・・・」

私は沈んだ目で少女を見ている美男たちにそっと首を振って、少女に近寄った。

そして地面に膝を付けて、少女の前に顔を当てる。

「「・・・!リシャ!?」」

驚く美男たちの声よりも、今はこの驚くべき幸運が先だった。

どうしよう!本物だ!

ジェインだ!ジェインだ!!

「お、お貴族様?」

驚愕して目を丸くした姿。

私は感激して泣き出しそうになった。

込み上げる口元を隠せない。

それでもジェインは持ち堪える事ができる美貌でした。

とても嬉しくて、私は震える手を伸ばしてジェインの玉のような涙を拭き取った。

「なぜ泣くのですか?」

じっと向き合いながら、優しく語りかけます。

ぼんやりと私を見つめるジェインの目は、純朴で清潔に見えた。

 



 

14番目の記憶はかなりあっさりしてますね。

犬が現在いないのは、ルペルシャが誰かに渡したからなのですね。

そして次のターゲット、ジェイン。

イビエンの時は少し時間がかかりましたが、こちらはすぐに出会えましたね♪

外見と中身が一致していない主人公が、ジェインにどういった行動をとるのか楽しみですね!

 

悪女が恋に落ちた時【42話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は42話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...