悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【44話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は44をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...



 

44話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【43話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は43話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 醒めない夢

何から話せば良いのか、ジェインは悩んでいた。

幼い弟たちは起きるとすぐに言った。

「なんで夢から醒めていないの?」と。

9歳になったばかりの末っ子は食べるのが遅くて、残していたスープに口をつける。

瞬く間に空になったスープの器を見て、「やっぱり夢だった」と呟く。

その声には悲しみが満ち溢れている。

ジェインはそっと近づき、慣れた手で弟を抱きしめた。

「お姉ちゃん・・・?」

身じろぎする力はとても弱かった。

ろくに食事も取れていない弟は小柄だ。

「何でお前も俺と同じ夢を見てるんだ?」

「それは俺の台詞だ。最悪だ、夢でもお前を見るなんて」

双子の弟も、これが夢だと思っている。

彼らはこの夢を失う事が怖いのだろう、それは彼女自身も同じ気持ちだった。

「皆座って」

ジェインの言葉に双子の頭がこっちに向いた。

目を丸くした姿も瓜二つだ。

「「お姉ちゃん?」」

「これは夢じゃないから、こっちに来て」

その言葉に、互いに向き合っていた双子が安心した表情を浮かべて、こっちに来て座った。

ジェインはため息を吐く。

全てが変わってしまった昨日の事を思い出す。

一週間前から、ジェインと弟たちは生き残るためにスリをしていた。

僅かなお金だけを盗み、大きなスリ集団に目をつけられないように。

しかし、正直に言って足りなかった。

末っ子もあまり健康ではないし、それは双子にも言える事だった。

当たり前の事だが、このままでは時間がない。

皆で死ぬか、それとも自分が黒い洞窟に行けば・・・。

 



 

  • たった一度の欲

ジェインはたった一度だけ、自分の欲を出してしまった。

彼女が見定めた目標は、厳しい世の中を一度も経験したことのない「白金髪のお嬢様」だった。

しかし残念な事に、その試みは不発に終わった。

「・・・リシャ!」

「大丈夫です」

ジェインは彼女にぶつかった隙に手を伸ばそうとするが、鳥肌が立ち素早く引き戻した。

3人の男がこちらの動向を見ていたからだ。

あのまま手を伸ばしていれば、手首が潰れていたかもしれない。

ジェインは緊張を抑えて様子を見る。

生きて帰るには、頭を下げなければいけない。

目の前の女性は、明らかに貴族だった。

自分のせいで弟たちも死ぬかもしれないという恐怖が心臓を染めた。

少しだけ頭を上げて彼女の顔を見る。

「あ・・・」

遠くから見ると、ただ丁寧に作られた人形だったのに、近くで見たら想像もしたことのない美人が立っていた。

(見たことがある。小さい時に行った神殿で・・・)

壁画に描かれた空の上の人のような存在。

ジェインは無意識に彼女の後ろを見るが、そこに翼はなかった。

自分の行動に呆れながら、彼女は躊躇うことなく床に頭を当てた。

何としてでも生きて弟たちの元へ。

「助けてください、お貴族様。家に私を待っている弟が3人います。私がいなければ、子供たちが飢え死にしてしまうのです。どうか!どうか、慈悲を!」

遠くから心配そうに見つめている双子の視線を感じる。

その時、信じられないことが起きた。

私の前に膝をついて、彼女が座ったからだ。

「なぜ泣くのですか?」

ああ・・・、不思議なほど美しい人だ。

ジェインは優しい声に、かろうじて目を瞬きすることしか出来なかった。

「大丈夫だから、起きなさい。さっき聞こえた話だと、名前はジェインですね?」

「え?は、はい」

「ひとまずジェイン、3人の弟たちを連れてあちらに来ることは出来ますか?とりあえず何か食べましょう。その後に、少し話をしませんか?」

気が遠くなるような一瞬だった。

それでも耳に残る言葉が一つ。

食べ物。

今日が終われば、明日には生きていないかもしれない末っ子の姿を思い浮かべる。

私はその後、3人を連れて指定された場所に向かった。

選択肢はない。

信じて裏切られても、このまま飢え死にするだけ。



 

  • あっという間の奇跡

しかし、とんでもないことが起きた。

「これは一体・・・!?」

「ジェイン、やりたい事をして過ごして下さい。私がしたということは、周りには出来るだけ話さないでくださいね。家の名義は私の名前で、一年だけですが何か困った事があれば遠慮なく話してください」

一年でも、ジェインの人生に深く刻まれる奇跡だった。

しかし、感謝よりも恐怖の感情が大きい。

欲望は人を殺す。

「ええと・・・、お貴族様」

「え〜と、もしかして私の話し方怖いかしら?」

「いいえ、いいえ!」

どうしてここまで?私の目がそう語っていたのだろうか、女性は言う。

「複雑に考えずに、いつまでも、弟たちと幸せに暮らしてください」と。

もしかしたら、本当に天使が来てくれたのでしょうか?

ジェインの警戒心は徐々に薄れていった。

 



 

今回はジェイン視点でしたね。

そしてルペルシャが黒い洞窟に辿り着く前にジェインと出会ったのは偶然ではなかった事が判明しました。

ルペルシャ以外の3人は分かっていたのでしょう。

だから、あれほどに疑っていたのですね。

ポジティブに考えれば、ジェインが洞窟に辿り着く前で良かったと思います♪

今後のジェインの立ち位置に注目です!

 

悪女が恋に落ちた時【45話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は45話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...