悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【47話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は47をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...



 

47話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

「どうして俺はここにいるんだろう?」

自分でも分からない。

気づけばここにいた。

本当は驚かすつもりだったが、眠っているルペルシャをじっと見つめる。

死んだように息の音は聞こえず、肌は白い。

何だか妙な気分だ。

ずっと見続けていると、へレイスは驚くべき光景を目撃する。

彼女が涙ぐんでいる。

「あれ?」

へレイスは思わず、取り憑かれたように近づいた。

「少し泣いているな」

どんな夢を見ているのだろうか、眠っている皇女の目には涙が溢れている。

もっと近くで見るために、へレイスはしゃがむ。

とても静かな状態で眠っている美人と向き合うので、妙にハラハラした気分になった。

「ついに泣いたな」

彼は手を伸ばし、皇女の目元をさっと拭う。

手には水気がついた。

自分の指を見つめる彼の興味深い視線は、次の瞬間、その指が彼の舌先に触れた。

「・・・しょっぱい」

当然の結果であるにも関わらず、彼の声には意外にもという驚きがこもっていた。

へレイスは呟く。

「これは泣いた事にはならない」

泣き顔にしないことにした。

なぜなら、目的が達成されたような感じにならなかったから。

考えてみれば、彼女と遊ぶのも悪くはなかった。

ルペルシャは彼を同年代の少年のように扱う。

まるで妹と接しているみたいだが、それも悪くない。

寝ている時が一番楽なように見えるルペルシャ皇女。

それでも、幸せそうには見えない。

だから死にたいのだろうか?

そう考えて、へレイスは自然と笑みが溢れる。

「死んだら君が泣く姿を見れないじゃないか」

もう少しだけ待ってくれない?

リシャはまるで返事でもしているかのように、口をもぐもぐさせた。

へレイスは息を殺して、その様子を見守る。

 



 

  • 夢の中

夢で3人の男性と1人の少女が出てきた。

「私以上の美貌はどこにもいません。ちゃんと私を見てください、殿下」

ボルタン卿が高慢な表情で笑みを浮かべながら、私にそう言う。

私は驚きながらも、彼を仰いだ。

「私を見てください、殿下」

着崩れた服のカインが慈愛に満ちた眼差しで呟いた。

私はあまりの衝撃に口を覆う。

その時、空から天使の無邪気な声が聞こえた。

「ちょっと待って!」

私は空を見ながら、目を大きく開いた。

「そいつらは、俺より綺麗なのかい?」

羽のついた天使へレイスが空から舞い降りた。

私は鼻血を出しながら、その光景を凝視する。

気づけば、私は茶色の子犬を抱きしめていた。

世界中で一番美しい子犬のジェインが私を見ながらはしゃぐ。

私が泣いている姿を見ると、弟の子犬3匹を男性たちに突進させた。

そして彼女は叫ぶ。

「お姉さんは誰にもあげない!」

わんわんわん!

私は子犬たちの合唱を聞きながら泣いた。

高慢なユジン、退廃美のカイン、愛らしいへレイス、可愛いジェインを写真に残せない事が、私はとても悲しかった。

感激と悔しさで涙が止まらない。

そこで夢が醒めた。

私は朝の日差しを浴びながら、呆然と呟く。

「写真機・・・」

 



 

  • 写真機

「皇女様」

「・・・リニ」

「大丈夫ですか?どこか、具合が悪いのでは・・・」

「そんな事ないよ、私は大丈夫だから」

リニに呼ばれて目が覚めた。

鏡を見ると、美しいルペルシャの顔には涙が浮かんでいる。

その姿を静かに見つめながら、私はついに決心した。

「リニ、エマを呼んでくれる?」

「はい、皇女様」

カメラの代わりになるものが、必要になった。

エマはすぐに来てくれた。

「エマ、もしかして・・・」

「はい、皇女様」

カメラを描写する言葉を何て言えばいいかな?

「残したい瞬間を、そのまま絵に収める事が出来る道具って知ってる?」

部屋に沈黙が流れる。

「・・・残したい瞬間ですか」

エマの声が少し動揺しているように聞こえたが、私はカメラに夢中になっていた。

「うん、全く同じ絵でその時その瞬間をそのまま残せる物」

私の切実な眼差しに、エマが唇を少しだけ震わせながら答える。

「わかりました、皇女様。ところで、なぜそのような物が必要なのでしょうか?」

「えっと・・・」

私は記憶を思い出しながら、エマに答えた。

「長く大事にしたい瞬間を、そのまま放っておくのが勿体ないの」

夢を通して、記録できないことは罪だと言うことを悟った。

市場での美男たちのファッションショー。

イビエンとジェインとの初めての出会い。

何も残らないのは悲しすぎる!

私はこのオタ活期間が終われば、逃げなければいけないのだから・・・。

「そう・・・ですね」

「・・・エマ?」

私はエマの声がいつもと少し違うことに気づく。

「具合が悪いの?」

エマはしばらく黙っていたが、私をじっと見つめて答えた。

「いいえ、大丈夫です。それでは、早速調べてみますね」

私は魂が抜けたように、エマをぼんやりと眺めていた。

この時の私は知らなかった。

美男たちに2日間も会えなくなるという不幸な出来事に。

 



 

ヘレイスの行動もビックリしますが、ルペルシャの夢のインパクトが強すぎる!!

へレイスが彼女の夢の内容を知ったら、どんな反応をするのでしょうか?笑

エマに任せれば、写真機のような物を見つけてくれそうですよね♪

まぁ、エマも勘違いをしているようですが・・・汗

 

悪女が恋に落ちた時【46話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は46話をまとめました。 ...
悪女が恋に落ちた時【48話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は48話をまとめました。 ...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...