悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【50話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は50をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 




 

50話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • いつもと違う夢

私は目を覚ました。

けれど気づく。

「夢ね、これは」

前にもこんな感じはあった。

私は興奮して叫ぶ。

「お姉様!ルペルシャお姉様!」

風景は違うが直感が語っている。

そして発見した、花園の東家に座っているお姉様の姿を!

「あ」

私はニッコリと笑いながら、弾むように走り始めた。

後ろ姿だけれど、それだけでも孤高の姿。

私は息を殺して、忍び寄る。

後ろからお姉様を驚かせようとした瞬間。

お姉様が振り返り、私と目が合った。

「びっくりしました!突然振り向くのですから!」

[・・・]

何も言わずに私をじっと見つめる目つきはとても鋭かった。

けれど、私はへらへら笑ってしまう。

「お姉様、お久しぶりです!!」

[そうだな。悲しいことに、またお前を見ることになってしまった]

「もしかして、私が会いたいと思っていたから来てくれたのですか?」

出来るだけ可愛いふりをして聞くと、お姉様が嫌そうな顔をする。

[お前の事情など知るわけがない]

へへ、冷ややかなお姉様は相変わらず孤高で、美しかった。

[言いたいことがあるだけだ]

「傾聴します!」

私がその場で正座すると、お姉様は困惑した表情で私をじっと見た。

[・・・]

「えへへ」

[笑うな]

「そんな!」

[・・・はぁ]

お姉様がため息を吐いた。

[・・・そんな顔をするな。毎回うるさいのだから、記憶の中で私を呼べ]

 



 

  • 特別に

「そうすれば、いつでもお姉様に会えるのですか?」

お姉様がぎくりとする。

そして早口で答えた。

[嫌なら来ない。うるさくても来ない]

「はい!うるさくしません!えへへ」

[はぁ・・・、もし聞きたいことがあれば特別に教えてやる]

「本当ですか!?」

やっぱりお姉様は優しいです!

けれど、いくつ聞いてもいいか分からない・・・。

[何だ?]

私は気になっていた事を尋ねた。

「記憶を全部見たら、私はこのままお姉様の体を受け取るじゃないですか・・・?」

[そうだな]

「それじゃあ、お姉様は?」

[・・・]

お姉様が私の方を向く。

その表情は笑うわけでもなく、怒っているわけでもなく・・・泣いてる?

そう思った瞬間に、目の前がぼやける。

え?え?

そして目が覚めた。

今度こそ本当に。

結局、お姉様は教えてくれなかった。

しかし、収穫はあった。

今回の出会いが最後ではないということ。

またお姉様に会える。

それだけで私はとても気分が良かった。

次は返事を必ず聞かないと。

もし聞き逃したら、神殿を訪ねるという方法もある。

療養がてら、旅行に行く時に寄ればいい。

 



 

  • 目覚めると

目覚めると朝になっていた。

(そうだ!昨日イケメンたちを見て、美貌に酔って倒れたんだ)

その時だった。

「皇女様!」

「え・・・?」

やっと私の横にアリンがいることに気づいた。

驚いている彼女の様子に違和感が生まれる。

「・・・アリン、どうしたの?」

彼女は何日も眠っていないかのような状態だった。

しばらくして、泣き出したアリンはそのまま部屋を飛び出した。

「・・・」

私はぼんやりと彼女の後ろ姿を眺める。

何か悪いことしたかな?

しばらくするとエマが走ってきた。

「気がつきましたか!どこか具合の悪いところは?」

「だ、大丈夫よ・・・」

「ロックス様を呼んできます」

寝起きで少し朦朧としているが、私はエマがとても慌てていることが分かった。

その姿に困惑していると、どんどん周りに人が集まった。

「・・・な、何事!?」

へレイス、ユジン、カインの姿もある。

「まだ夢なのかな?」

「殿下」

ユジンが近づいてきて、私のベッドの横に座りこむ。

話す元気もないようだ。

「リシャ、夢じゃないよ」

へレイスはそう囁いた。

彼の目の下は寝ていないかのように黒ずんでいる。

それを珍しそうに眺めていると、カインが口を開いた。

「ロックス、皇女様の状態はどうですか?」

私は状況を理解する前に、みんなを落ち着かせる必要があると感じた。

「1日眠っていただけだから、そんなに心配しないで下さい」

「皇女様、3日間あなたは眠っていました」

ユジンのその言葉に私は固まった。

カインが躊躇いながら口を開く。

「皇女様、陛下も深く心配しておられました」

「・・・」

皇帝が関心を示せば、皇太子も関心を示すのでは?

それだけはダメなのに・・・。

困惑する中でも、私はいくつか変わったことに気づいた。

イケメンたちの口数が非常に少ない。

特にへレイスとユジン。

彼らは何かに後悔しているようだった。

「・・・」

何故か不安になってきた。

私は結局何も聞けないまま、集まった人たちを部屋から出ていってもらった。

 



 

まさかのお姉様登場!

冷たく接しながらも、根は優しいですよね。

今後の登場にも期待出来そうです^_^

そして陛下が関心を見せるというイベント。

リシャからすれば、悪い事態ですね・・・。

 

悪女が恋に落ちた時【49話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は49話をまとめま...
悪女が恋に落ちた時【51話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は51話をまとめま...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...