悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【65話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は65をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は53話。 ...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は53話。 ...

 




 

65話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【64話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は64話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アリエルからの返事

朝食を終えて、私は皇太子の元へ向かった。

「返事が来た」

「ええ、見ても良いですか?」

彼はぎくりとする。

アリエルに関する問題では、彼は人間的な感じがした。

そして・・・。

「あの方は殿下を妖精だと思っていらっしゃるんですね?」

私はまるで知らなかったように驚きながら、そう言った。

皇太子は無言だ。

「しかも、瞬間移動が使えるって・・・」

ちらっと見ると、皇太子はため息を吐いている。

(笑っちゃダメ。でも面白い)

しかし、これ以上はからかっているのがバレてしまうから、私は真剣な口調で彼に話した。

「そろそろ明らかにしましょう。このまま進めば、彼女は裏切られたと思ってしまいます。殿下は妖精ではありませんから」

彼は真剣にうなずいた。

ダメよ私、笑ったらダメ。

「花を一輪同封した便箋に正体を明かしながら、建国際の日に招待するのです」

「花?それに何の意味がある?」

ラビロフは真面目に尋ねてきたが、恐ろしいほど疑り深い口調だ。

思わず笑ってしまう。

「そこまでしなければいけない理由は何だ?建国際の日に彼女は来るはずだ。私が公爵にそう伝えてある」

ああ、そうだったのですね、事前に計画は立てていたのか。

「そっちの方がロマンチックじゃないですか」

「何が?」

「小さなときめきが、大きなときめきを作るのです。些細な楽しみをこうやって蓄積していけば、殿下が妖精ではなくても、ラントン令嬢は殿下に会えることを期待するようになると思います」

そして。

「彼女も寂しがっているでしょうから、きっと喜んでくれます」

少しぎこちないが、正直に見えることを願いながら言葉を続ける。

「殿下が、彼女のがらんとした心を満たしていくのです」

「・・・」

アリエルが喜ぶだろうという話を聞いて、ラビロフは無気力だった顔に表情を浮かべた。

なんだか、あの執着男が可愛く見えてくる。

おっと!ダメダメ。

あれは私をいつでも殺そうと考えている男だ!

 



 

  • 手紙のアドバイス

どちらにしても、私は小さく微笑んで話を続けた。

「とりあえず、やってみて下さい」

「・・・そうだね」

あのように緊張したラビロフを見た事がない。

幸いにも不快な表情には見えなかった。

「はい」

慎重に出した回答後、沈黙が流れた。

実はしきりに笑いが出そうになっていた。

本当に嫌いで怖い男なのに、手紙を書くのに真剣に悩んでいる姿は正直に言って・・・。

「どう書いたらいい?」

私は慌てて笑いを静めた。

「丁寧過ぎるのではなく、出来れば優しい方が良いです。そして、これは必ず守らなければいけないものですが、殿下」

「何だ?」

「ロマンチックでないといけません」

ラビロフが沈黙した。

じっと見つめる彼の目は蛇のようだったが、私は怯まなかった。

「それも一定以上目立つのはだめです」

丁寧に。そして慎重に!

これで少しは、彼の果てを知らない執着心に少しでも効果があることを願った。

私のためにも。

[混乱するから、このまま殺してしまおうか]という感情がラビロフの顔に出ている。

「分かったよ、姉さん」

「殿下なら、きっと立派な手紙が出せると信じています」

私はにっこり笑って、彼に緑の紙を差し出した。

「・・・」

ラビロフが少し面白そうな表情を浮かべて、私を見た。

「そしてこれは、私たちの契約書です」

二人が署名した後、神殿の確認まで受けて完成した契約書。

各自で分け合えば終わりだ。

テンション上がってきた!!

彼の分の契約書を渡しながら、私の目は期待に満ちていた。

私は彼の恋愛を助けて、彼は私に完全な自由を保証するという内容。

ラビロフがそれを受け取った後、私は何気ないふりをしてお茶を飲んだ。

 



 

  • ジェンの気持ち

その時だった。

「私も見て良いですか?」

予期せぬ声が聞こえてくる。

声の方を振り向くと、一人の男が私を睨みつけていた。

私のことが大嫌いなガイル侯爵。

ラビロフ皇太子の側近であり、皇太子によく似た人物だ。

「皇女殿下にお目にかかります。昨夜はご無事だった・・・でしょうか?」

「ええ、おかげさまで」

どうしてあんなに丁寧に挨拶するのだろうか?らしくない。

「いつから、挨拶のやり取りをするようになったの?」

ラビロフがそう尋ねた。

少しだけ困惑するような口調で。

大胆にもガイルは返事をせず、私たちの方へと近づいてきた。

「神殿の確認とは?」

「え?」

「・・・何でもない」

ガイルは何か言いたそうな表情だったが、じっと我慢していた。

その時、ラビロフ皇太子が言った。

「契約書に後悔はないでしょ?」

優しい口調で。

「ええ、もちろんです!」

何か不吉な予感はしたが、契約書の内容に問題はなかった。

すると、ガイルがため息を吐く。

「それなら仕方ないですね」

帰り道は少し疲れた。

「今日はもう休もう」

明日はダニエルと会う約束だったが、また昨夜のように体力不足で倒れる訳にはいかない。

皇女宮に着くや否や、私は体力備蓄の為に寝ることにした。

 



 

ルペルシャの恋愛アドバイス!

要求が難しすぎる気がします・・・。

それでも、二人のやりとりは面白いですね♪

ここまで登場していないアリエルは、どんな化学変化を起こすのでしょうか?

 

悪女が恋に落ちた時【66話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は66話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は53話。 ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は156話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は52話。...