悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【68話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は68をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 




 

68話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 過去の私

今更の事だけれど、私は過去一度も誰かと付き合った事がない。

異性の友達は沢山いるが、おかしな事にそういう意味の異性はいなかった。

だからなのだろうか?

ダニエルとの会話は何か少しだけ違った。

私のオタ活の対象だったのに、目的が友達になる事だったから?

いつの間にかユジンやカイン、へレイス、ジェイン等を見る時と違う接し方をするようになっていた。

ダニエルの行動や表情、言葉遣いを思い出すと不思議な気持ちになる。

(嫌な気持ちではないけど)

それがどういう意味なのかは分からない。

理性がときめいていると言う事なのかしら?

(まぁ確かにあの顔で言われたら、誰でもときめくよね!)

ダニエルは言わば最終ボスだ。

それを絶対に忘れてはいけない。

理解出来ない相手には、あまり愛情を与えないのが賢明な判断だ。

オタ活に集中しよう!!

少なくともダニエルと仲良くなっているのは確かな事。

100歩譲って、私が彼の興味を刺激するような存在であることは確実。

そうすれば、依頼のため離れているユジンとカイン、最近見なくなったへレイスのためになるかもしれない。

ダニエルと友達にはなれるよ、きっと。

そうして私はざわめく心を落ち着かせた。

 



 

  • 予期せぬ遭遇

「何を考えているんですか?」

ダニエルの気だるく優しげな口調。

「ローブを脱がないのですか?」

彼は本当に楽しそうだった。

彼をじっと見て、ため息を吐きながらローブを脱ぐ。

「ダンの正体、精霊から聞いて見当はついていますけどね」

「そうなんですか?」

「でも、何だか失礼な気がして。だから、私からローブを脱ぐことに決めました」

「・・・」

突然黙るダニエル。

彼の視線の先を見ると、驚いたことに誰かと目が合った。

「・・・」

そこには黄金色の髪で天使のようなへレイスと、久しぶりに顔を見たカインが並んでいた。

彼らもこちらを見ている。

「リシャ!それとお前!」

へレイスが鋭い剣幕になる。

「おやまぁ」

ダニエルの穏やかな声は困惑していた。

彼は私をちらっと見て、私は彼を見てにっこり笑った。

デートは終わりだね!ひひ。

その時、私をじっと見ていたダニエルが言う。

「リシャ、さっきの紙の一覧を貸して」

「え?」

唐突な言葉に聞き返してしまう。

彼はローブを脱いで、甘い目で笑いながら話す。

「その中から選んで行ってみましょう」

「・・・」

私はぼんやりとしながら紙をダニエルに渡す。

ダニエルは軽く私を引き寄せた。

へレイスとカインの視線が私に集まる。

二人は私の口を指差して、口の動きで、と言った。

<私は遊び中なので、後で会いましょう>

二人の表情が神妙になる。

そして彼らの前から、私たちは姿を消した。

 



 

  • お祭りの始まり

横にいたダニエルは、私の姿を見ながら大笑いした。

笑うダニエルを叩くと、彼は笑いを止める。

「も、申し訳ない」

そう言いながらも、ダニエルは再び笑いだす。

「もう・・・。笑うのやめて」

「リシャが可愛いから」

「・・・」

私は彼をじっと見て、ルペルシャお姉様の美しい顔を思い浮かべる。

そしてダニエルの耳元に息を吹き込んだ。

彼は驚いてこちらに目を向ける。

今日の彼の目は、アクアマリンの色をしていた。

困惑している彼の耳元に再び口を近づける。

「私がちょっと可愛くて、綺麗だからでしょ?」

イタズラっぽく囁いてみた。

ダニエルはしばらく黙っていたが、やがて口を開く。

「自分で言うのですね?」

「もちろん」

すると、彼は更に笑い出した。

「ダンが私の耳元で囁いたのを真似してみました」

一瞬、彼の微笑みに少しだけひびが入る。

その様子を面白そうに見ていた私は、静かに笑った。

そして彼から離れた後、私は歩を進める。

しかし、どこか痛快だったので、私は足元を見落としていた。

石につまずいて倒れようとした瞬間、ダニエルが私をさっと抱き上げる。

「気をつけて」

私はぎこちなく笑いながら、手で自分の顔を隠す。

本当に恥ずかしい・・・。

その表情が見られたのか、上からダニエルの優しい笑い声が聞こえてくる。

お祭りは始まったばかりだ。

 



 

認識阻害魔法を使っていても、ヘレイスとカインには見つかるのですね。

魔法耐性が強いから?

それとも、彼らはリシャを探していたから?

リシャの口パクの台詞は面白過ぎます!

そりゃあ、ダニエルも爆笑しますよね^_^

 

悪女が恋に落ちた時【67話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は67話をまとめま...
悪女が恋に落ちた時【69話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は69話をまとめま...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...