悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【78話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は78をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 




 

78話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ダニエルの正体

「リシャ」

ダニエルは黄金の杖の先端を、指先でゆっくりと撫でる。

「悪魔は人々の間に隠れているんですよ。微笑を浮かべながら、彼らは人の血を吸います」

彼は少しだけ目を逸らす。

「そして一番強烈な感情を盗みます。例を挙げるとすれば、涙・・・」

「涙・・・?」

「彼らは美しいですが」

ダニエルは私を誘惑するように微笑む。

「情を与えてはいけない存在なのです」

「・・・そうなんですね」

何でこんな話をするのだろう?

「あの話を人工精霊は言ってないでしょ?」

「えっと・・・何を?」

「混血の本当の能力について」

いつ私の手を握ったのだろうか。

「精霊との混血は悪魔的な力を持ち、又、ある特性を持ちます」

彼の囁く音が空間を埋めた。

「彼らは涙を飲み、その対価として相手の小さな願いを叶えます。感情のこもった涙は、精霊の大きな力になるのです」

ダニエルが私を見つめる視線が甘く感じられる。

「それが・・・、私の王国が破滅した理由でしょう」

「・・・」

「私はおそらく、唯一の完成されたハーフだと思います」

「ダニエル・・・」

彼は私に、自分の正体を話していた。

「どうしてこんなことを私に話してくれるのですか?」

「そうですね」

自らを悪魔と称するダニエル。

「あなたの涙は飲みたくないのです」

「それはあなたが私をとても苦しめるという事でしょうか?」

ダニエルは穏やかな微笑みを浮かべる。

「あなたは私にとって、悪魔でありたいのですか?」

「親愛なるリシャ、それはあなた次第です。私は涙が欲しくない・・・」

しばらく言葉を止めて、彼は呟く。

「いいえ、欲しくないわけではありませんが・・・」

今日一日、彼は悪い人になりたがっているように見えた。

でも言葉は優しい。

矛盾してない?

「私に望むことがあるのでしょ?」

そうでなければ、敢えてこんな事を話す理由がない。

「何が欲しいのですか?」

 



 

  • ダニエルの望み

原作を読んで、私はダニエルに好感を抱いていた。

けれど、私は彼と出会ったばかりなのに、敢えて秘密を明らかにしてまで私に望むことがあるのは。

「ヘレイス」

その言葉が悲しく聞こえると言ったら、彼は笑ってくれるのだろうか?

「ヘレイスがどうしたのですか?」

「前に話した、予言を貰った友達が彼です」

「誰かを愛したら死ぬと言う予言ですか?」

ダニエルは無表情でうなずいた。

ああ、そうだったんだ。

原作で、ダニエルは身近な人物に対して深い愛情を注いでくれる人だと、ジェインの双子が話していた。

「ヘレイスが私を愛するのではないかと心配なのですね?」

「はい」

「どうして私を殺さなかったのですか?」

少し危険ではあるが、彼にはその力がある。

「ヘレイスの為だけならば、黙って私を殺した方がスッキリするのに・・・」

彼は黙っている。

「殺そうと思ったのに、殺さなかったのですね。どうして?」

ダニエルは私と月を交互に見て、静かに笑う。

「リシャ、さっき言いました。あなたの涙は飲みたくないと」

「ええ」

わあ!もう私はダニエルの身近な人になっていたのね。

こんなに喜べるとは思わなかったのに、彼と親しくなれた事が嬉しかった。

「へレイスは私が泣くのを見たいと言ったのに、ダンは私が泣くのが嫌だと言いますね」

「それは。えっと・・・、私が全部悪いです」

「でも、ダニエル。ヘレイスにはあなたがいるじゃないですか」

「え?」

「彼は死にませんよ」

真剣に伝える。

私がオタ活をする限り、原作のように、愛のために死ぬ姿は見られません!

「だから、あまりその予言に囚われないで下さい。友達を傷つける事になるかもしれないじゃないですか?」

「・・・」

「それで、私に何を望んでいるの?」

「望むのは、気をつけて欲しいことくらいです」

「あ、涙が出そう。話が長いので、涙を下さいって言ったらあげようと思ったのですが」

私の冗談にダニエルが困惑している。

 



 

  • お友達になりましょう

「ダニエル、もし私があなたに涙をあげたら、あなたは私に何をくれますか?」

「欲しいものがあるのですか?」

もしかすると、これは岐路なのかもしれない。

彼は今距離を置こうと言っているけど、それはダメ。

ダニエルの首近くの襟を両手で掴み、そのまま引っ張って、目の前まで顔を近づける。

そして、私が出来る限り、一番美しく微笑む。

「リシャ・・・?」

「私もあなたのお友達になりたいです。ヘレイスのように」

「・・・はい?」

しばらくして、彼がため息をついた。

「お友達ですか?あの・・・、リシャ、ちょっと待って」

彼が困惑しているのが、はっきりと分かる。

「もしかしてと思って聞いてみるのですが、私を愛しています?」

「いいえ」

「それじゃ?」

私はしばらく考えてから答えた。

「さっきも言ったように、あなたのような友達が欲しいと思いまして」

「・・・」

ダニエルの表情が、どこか気の抜けたような表情に変わる。

「良い友達を作らないといけませんよ、リシャ」

「私の良い友達は、私が決めます。ダニエル」

そう思った瞬間、何かが現れて私たちの間に介入した。

[消えろ]

「・・・ジェン?」

[主人、近くに行ってはいけない]

こんなに怒っているジェンを見るのは初めてだから、内心ドギマギしている。

[悪魔との契約は危険だ]

「危険である事を考えれば、禁書の方が申し分ないと思いますが・・・」

[黙れ!かかってこい!]

「どちらにせよ、落ち着いたらどうでしょうか?まだ契約はしていませんし」

例によって優しい言葉遣いを続けるダニエル。

「しかし、その精霊の言っている事は正しい。リシャ、あなたはあまりにも無防備です」

「・・・」

このままではいけない、彼が遠ざかる。

「ジェン、大丈夫だよ」

優しく翼を撫でる。

「あなたが悪魔であれ、他のものであれ、私は気にしません」

[主人!]

「契約しましょう、私と。友達が嫌なら、涙を渡すたびにお花でも下さい」

「もしかして、悪魔が何か分からないのですか?リシャ。私たちは訳もなく悪魔と呼ばれている訳ではありません」

私は望んでいた、ダニエルの身近な存在になりたいと。

「あなたといると自由なんです。今はそれを絶対に逃したくない。・・・、それだけではダメでしょうか?」

ダニエルはため息を吐いて、私に近づく。

息が詰まるような視線、だけど、どこか物悲しい悪意の視線。

「リシャ、今度会ったら君を殺す」

思わず目を閉じていた間に、彼は跡形もなく消えていた。

 



 

ダニエルは悪魔とのハーフなのですね。

彼も涙を欲しがっているようです。

それはヘレイスも知っているのでしょうか?

ダニエルとジェンの関係も気になりますね!

ちなみに最後のダニエルの言葉、某ガンダムの主人公の台詞みたいですね笑

 

悪女が恋に落ちた時【77話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は77話をまとめま...
悪女が恋に落ちた時【79話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は79話をまとめま...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...