悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【81話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は81をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 




 

81話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 契約成立

ダニエルの飲み込むような視線が向けられる。

「今、私に涙を味わせてくれたら・・・」

これが彼の本当の姿だと言わんばかりに。

彼に抱かれたまま耳を傾ける。

「あなたに喜んで花を捧げます」

ダニエルの目は黄金のように輝いていた。

(害はないでしょうし。むしろ、これからしばらくは気力が十分になるはず!)

私は後悔なく微笑む。

「お好きなようにして下さい」

話し終えた瞬間、「ピー」という音が。

苦痛はなかった。

しかし、息苦しくなり、立っているのが難しい。

息が感じるほど近い距離で、ダニエルは私の姿を目に留めていた。

黄金色にもかかわらず、暗い視線で。

なぜか目から涙が流れる。

固唾を呑んで、ダニエルの目に映る自分の顔をじっと見つめる。

そして最も美しく見えるように、明るく笑った。

「・・・」

その瞬間、ダニエルの表情が固まる。

彼の優しい口づけが、私の目元に。

「・・・ん」

目を少しだけ開いて彼を見ると、黄金色の目が一つの感情を帯びていた。

それは独占欲。

その目を見た瞬間、私は安心した。

これで彼は、二度と私を避けない・・・と。

 



 

  • sideダニエル

目を閉じるリシャの首筋に、ダニエルは顔を埋めた。

彼女の涙は、彼を酔わせてしまう。

「困ったな・・・」

抱えた彼女の顔を無意識に触れようとしていた手が止まる。

荒々しい黄金色の目の奥深くから、渇望が溢れる。

目を閉じると、リシャの顔がより鮮明に浮かぶ。

狂わせる水準にならないように調整したが、それでも大きな苦痛のはず。

彼女はどうやって耐えたのだろうか?

「リシャ、あなたは・・・」

いいや、我慢していた様子はなかった。

ショックで顔を曇らせていたし、息が苦しくなって、怖かったはず。

それでも、恐怖だけは見せなかった。

「どうして・・・、あんな風に笑えるのですか?」

もう十分だと言わんばかりに、彼女は笑った。

今までに見たことがない美しい表情で。

笑いそうになり喉が渇いて、心臓が激しく鼓動する。

自分でも知らないうちに、ダニエルはリシャを大切に抱いて微笑んでいた。

「リシャ」

彼女が自分の名前を呼ぶ声が聞きたい。

彼は手に入れたものを絶対に手放さない。

たとえ愛を知らなくても。

そう何度もリシャに警告した。

危ないから遠ざけて、恐怖も与えた。

それでも、彼女は近づいてくる・・・。

「だから・・・、どうかあなたが後悔しませんように」

 



 

  • sideユジン

現在、リシャも知らない計画が進行している。

彼女の精神的苦痛を減らすために、噂を収拾して整理すること。

ユジン、カイン、ヘレイスが属し、リーダーは皇太子。

最初は別々に動いていた彼ら。

しかし、皇太子は完璧主義者で、思っていたよりも姉を気に入っている。

ユジン、カイン、ヘレイスは言うまでもなく。

彼らは自然と集まるようになっていた。

噂は思ったよりも深刻だった。

一見、噂の発端は皇女宮のように思えたが、そうではないから。

皇居外の噂は、皇女が生まれた瞬間から待っていたかのように組織的に動いて噂を流した感じに見える。

そしてようやく、その背後と疑われる組織を片付けた。

皇太子でさえ呆れるほどの大きな動きで。

思いに耽りながら歩いていたユジンは、少し躊躇った末に皇女宮に立ち寄った。

リシャが帰宅したかどうか、自分の目で見ないと安心出来なかったのだ。

「はい?殿下はまだ帰っておりませんが・・・。ご一緒ではないのですか?」

「・・・何?」

かなりの時間が経っても皇女は帰ってこなかった。

「ボルトン卿、一緒に出かけたのではありませんか?」

宮人が不安そうな顔で尋ねると、ユジンは我に返る。

人工精霊「ジェン」は、彼の見る限り問題はなかった。

忠誠心は高く、それなりの実力も持ち合わせている。

だから安心したのに。

急いでリシャが行きそうな場所を探す。

そして、奥まった路地に視線が向く。

「・・・」

嫌な予感がした。

何故か分からないが、リシャが「ダン」と呼ぶ不審な人物が思い浮かぶ。

路地に入ってすぐに、信じられないほどの巨大な魔力の波動を感じた。

外には漏れていないが、ソードマスターの気配を避けるには大きすぎる力。

「一体何が・・・!?」

急いで向かうが、発源地に着くと彼は無意識に足を止めた。

「だから・・・、どうか後悔しませんように」

ずっと疑っていた男「ダン」の囁く声。

ユジンは彼を見た瞬間に気づいた。

ダンの腕の中で、彼の大事な主人が抱かれていることに。

ぐったりとしたリシャを見た瞬間、ユジンの頭の中が真っ白に。

黄金色の目を輝かせる野獣が、彼女を自分のものであるかのように抱きしめているから。

(そんな強い所有欲を見せて・・・!)

ユジンが飛びかかろうとした瞬間、ダニエルと目が合った。

それは人の目ではない。

穏やかな微笑みがユジンに警告していた、「今は近づくな」と。

 



 

ダニエルが抑えたとはいえ、契約は中々重いようですね・・・。

何度も強制的に涙を流したら、流石に辛いのでは?

リシャはあまり気にしなさそうですけどね笑

愛を知らないダニエルの感情が、今後どう変化していくのでしょうか?

 

悪女が恋に落ちた時【80話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は80話をまとめま...
悪女が恋に落ちた時【82話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は82話をまとめま...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...