悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【92話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は92をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...

 




 

92話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【91話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は91話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アリエルからの手紙

原作が始まる二日前のある日。

ヒロインのアリエル・ラントンは首都に向かう馬車に乗り込んだ。

二日早い出発の理由はエミール。

首都に住んでいるのが確実という神秘的な作家エミールを見つけて会うため。

ついでに、妖精さんにもお会いしたいから。

手紙一枚を全部エミールの話で埋め尽くして。

「ははは、私よりもエミールなのか・・・。参ったね」

「参りましたね・・・」

ラビロフの蛇のような目が、久しぶりに殺伐としており、彼は私をじっと見つめていた。

唾を飲み込んで、席を立ち上がる。

「あのう・・・、私はこれで」

「・・・」

その日、ラビロフにそのまま首を切られるかと思った。

彼の前で血を吐いていなかったら、本当に死んでたかもしれない!

血を吐くと、ラビロフは睨んだまま驚くべき言葉を口にした。

思わず変な表情を浮かべてしまうほど。

「・・・皇女宮の医者を呼んできてくれ」

侍従長に命令する顔は、恐ろしく強ばっていた。

 



 

  • side 陛下

皇女が血を流しすぎた。

それも皇太子の目の前で。

珍しく平静を失った様子で、皇太子が私を訪ねてきた。

『皇女は、一体何の病気なのですか?』

皇太子の力でも、私とユジン、カイン、ヘレイスが決心して皇女の病を隠したため、正確に知る術がなかったのだ。

『噂を気にしている場合ではなかったのですね』

皇太子は歯軋りしながら、そう言って帰った。

皇女の事に対して、あれほど熱を上げる皇太子の姿を見て・・・。

「・・・」

私は目を閉じて考え込んだ。

プラームスが近づいてきて、適度に冷めた紅茶を置く。

眉間をぐっと押して、テラスから見える空を眺めた。

「ふ〜」

プラームスは私の気持ちを汲み取り言葉を選んだ後、口を開いた。

「皇女殿下にはお世話をしている相手がいると聞きます。その子供たちの為に書いた文だそうです」

プラームスは微かに笑いながら、話を続けた。

「立派なお方ですね、皇女殿下は」

その言葉に、私は少し複雑な気分になる。

リシアン・バヌスの存在に苦しめられていたが、最も苦しめられていたのは、彼女の娘として生まれた子供だったのかもしれない。

ルペルシャ皇女を思い浮かべて、苦痛のあまりギュッと目を閉じる。

あれほど疎んでいた子なのに・・・。

今では、あの月光に似た髪が目につく。

暖かいながらも悲しい紫色の瞳に、一瞬胸がドキドキして・・・。

あのか弱い表情に恨みの一点も映らない事に、胸が痛くなる。

小説を書いたと聞いた。

あの子の文章に世間が騒然とした事を、私は読んでいる人々のレベルを嘲笑った。

タイトルだけ聞いても、幼い子供たちが読む陳腐で強引な愛の物語みたいで。

しかし、予想したものとは違い、彼女の文章は非常に完成度が高かった。

美しい文章、何より文体で垣間見える皇女ならではの雰囲気が、予想とは違って柔らかく暖かった。

驚きながらも小説を読んでいて、私は余計な考えを持ち始める。

皇女はどんな気持ちで女主人公の幸せと痛みを描いたのだろうか?

小説を呼んだ後は、あの子を真っ直ぐ見るのが難しくなった。

自らを嘲笑う。

分からない・・・、分からない。

既に私は皇女を娘として接していなかったし、皇女はそれを当然のように受け入れている。

プラームスはそんな主人を見つめながら、静かに彼のそばで見守っていた。

 



 

  • side ???

「マリー、あれを見て!子犬よ!」

「お嬢様、顔を出しては危ないですよ」

ゆっくり走る馬車の窓から、水色の髪の令嬢が顔を出していた。

彼女の空色の瞳には、首都の情景が散りばめられている。

「これが首都・・・」

注意しても聞いていない娘の姿に、乳母が首を横に振った。

そして、愛しいという眼差しで彼女を見つめる。

外に出たことのない目の前の美しい女性には、街というものが不思議に見えるのだろう。

「マリー、ちょっと降りてもいい?」

「ダメですよ、お嬢様。こうやって見ると、珍しそうに見えるかもしれませんが、街はとても危険なのです」

「危険?」

「そうですよ。汚い場所もあります。見えるもの全てが綺麗ではないのです」

興味で煌めいていた令嬢の目が曇る。

その姿に大きく動揺してしまいそうになるが、乳母は辛うじて気を引き締めた。

外にある何かを発見し、手で指差す。

「あれを見てください」

「あれは何?」

「街の子供たちです。物乞いばかりでなく、スリや強盗をする者もいます」

「そうなの?小さい時から悪いことをするように教えられているのかしら?」

「その通りです。それに、体を洗っていないので、触れただけで病気が移るかもしれません。あんな子供たちがお嬢様にぶつかったらと想像するだけで・・・」

「そっか。でも私、そんな事知らなかったし・・・」

目に涙が溢れたまま、娘が乳母をじっと見つめる。

その姿が可愛すぎて、マリーは表情が崩れそうになるのを堪えた。

「心配しないで下さい、お嬢様。すぐに公爵邸に到着しますから」

「うん、分かったわマリー。街はもう見ない」

「いい子ですね、お嬢様」

 



 

アリエルの来日が二日早くなりましたね!

これが予想外の展開だったのですね。

そして???の正体は?

まぁ分かっている方が多いと思いますが(笑)

 

悪女が恋に落ちた時【93話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は93話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...