悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【94話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は94をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...

 




 

94話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【93話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は93話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ジェンの理解

「そろそろ帰らないと」

本当はちょっと遊びたかったけど、さっきからジェンが、早く帰りさないと促してくる。

定期的に血を流す姿を、ジェンはいつも見守っていたからだろう。

「過保護だよ、ジェン」

彼に小さく囁くと。

[私は精霊だ。あなたの魂の状態が何かおかしいという事は、血を見なくても感じられる]

ジェンはそう答える。

[それと]

うん?

[すまない、主人。魂の問題で生じる苦痛は、私にはどうする事も出来ない]

「大丈夫よ。本当に、私は全然痛くないし」

[私には隠さなくてもいい]

信じてくれない彼に、私は話を変えた。

「それよりも、最近はどうして聞かないの?その・・・」

以前はオタ活について真剣に尋ねていたのに。

[理解出来ない行動をしている事を、理解したから]

「・・・え?」

びっくりして立ち止まる。

「何が分かったの?」

[それは主人の方がよく知っているだろう]

「へ?」

[とにかく帰れ。さっきから、あの混血が強ばった表情をしている]

ジェンはそれを最後に、もう何も言わなかった。

彼の言った「混血」のダニエルが待っているという言葉に、私はニッコリ笑って急ぎ足で歩く。

 



 

  • イケメンへの耐性

ヒロインも来たから、やる事が増えた。

何故なら、原作を活用してここを去るつもりなのだから。

笑いながら歩いていると、誰かとぶつかった。

いいえ、ぶつかるところだった。

「ダン?」

ダニエルはいつ来たのか、静かな微笑みで、私を立ち止まらせる。

契約を結んだ後、彼は時々人間の限界を越えた行動を見せるようになった。

遠く離れた皇女宮から、ここまで一気に現れたりする。

「どうしたのですか?」

「今日は大丈夫かなと思って」

「私が大丈夫ではない時なんてありますか?」

にっこり笑いながら尋ねると、彼はじっと私を見つめてため息を吐く。

「今が楽しかったら、良いと思いませんか?」

「・・・そうですか」

暗い笑みを浮かべて、彼はそう呟いた。

ロアム男爵として私の護衛になってから、彼の目は濃い黒色だ。

(元々は不可能だったけど、私たちが血の契約をしたから可能になったと言ったよね)

私の一番好きな色に固定されるとか。

茶色の髪とその目は、とてもよく似合っている。

「どうしましたか?リシャ」

「いいえ、何でもありません」

何でもない訳ではないが・・・。

彼を見て胸がざわつくが、目眩はしない。

(どうしてだろうか?)

ダニエルが魔法を使ったのかな?

ユジンやカイン、ヘレイスを見ても、よろめく事が減ったのだ。

(適応してきたのかな?)

彼らより美しい顔を、ほぼ毎日見ているから?

 



 

  • 完璧な日常

「ジェインの家に寄って行きますね。最近、弟くんが剣を習いたいって話してるそうです」

「あまり長居はしないで下さい、リシャ」

「分かりました」

快くうなずく。

「双子たちは・・・」

私の言葉に、ダニエルはしかめっ面を浮かべる。

「あの子たちがどうしたのですか?」

「いいえ、まだ考えている途中ですから。後で教えますね」

原作で、ダニエルは双子の才能を発見する。

人工精霊を扱う親和力。

彼らは、その力において天才だと話していた。

(ダニエルがその才能に気づいていない訳がないよね。ふひひ)

姉とも別れていないし、これで才能も開花すれば、双子の未来は安泰だね!

ダニエルなら、暗殺者の仕事も双子が望まなければ、無理矢理させる事はないだろう。

「悪いことではないのでしょう?」

「もちろんです」

彼に微笑みながら、そう答えた。

その後、二人でゆっくりと歩いてジェインの家に向かう。

ジェインは弟たちと一緒に洗濯物を干していた。

彼女は私たちを発見すると、微笑みを浮かべてくれる。

笑うことをあまり知らなかった彼女は、少しずつ、笑う少女になっていた。

「ジェイン、美味しい物を買ってきましたよ」

来る途中で買ってきたケーキを見せると、口数の少ないジェインは、喜びを隠せなかった。

「いつも、ありがとうございます」

「良いのよ。ジェインたちが美味しく食べてくれるのが、凄く嬉しいのだから」

「「うわぁ!!」」

双子の中で活発な方と末っ子が、喜びの悲鳴を上げながら歓迎してくれる。

彼らはケーキから目が離せないようで、そんな可愛い姿を見て、私は笑わずにはいられなかった。

もう幸せ!!

完璧な日常だった。

 



 

ジェンの理解が間違っていない事を願います(笑)

ダニエルの目の色の変化は、何か魔法を使用しているのでしょうか?

これも謎ですよね。

ジェインたちとも楽しい時間を過ごせたリシャ。

こんな平和な日常がずっと続けば良いのですが・・・。

悪女が恋に落ちた時【95話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は95話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...