悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【97話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は97をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...

 




 

97話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【96話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は96話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 妖精さん!

「ひらひら」という言葉がピッタリの身振りで、一人の令嬢が近づいてきた。

「あの女性は・・・」

空色の髪に、空色の瞳で子犬のような可愛らしい令嬢。

「知っている方ですか?」

カインの問いに、ダニエルが答える。

「アリエル・ラントン。あの令嬢ですね」

近づいてくる令嬢をしばらく見た後、私たちは彼女が通れるように、道を空けた。

てっきり、こちらに挨拶をするのかと思っていたら・・・。

「妖精さん!」

・・・、アリエル・ラントンは予想以上に強敵だった。

「妖精さん?」

ユジンが疑わしい表情で呟いたので、私は必死で噴き出す笑いを抑えた。

アリエルは私たちが空けた道を、当たり前のように横切っていく。

彼女の視線は、デートの準備を終えたばかりの皇太子に向けられていた。

そして、皆が沈黙していると。

「アリエル」

そこには、優しくて気高い王子様が。

「わお・・・」

笑いよりは、感嘆の方が大きい。

アリエルの理想のタイプに合わせたのだろう。

隣に立っていたダニエルは、微笑みながら囁く。

「完璧ですね」

「そうですね。あれこそ白馬の王子様です・・・」

「・・・白馬ですか?」

「そういうイメージということです」

ダニエルは楽しそうな笑い声を上げた。

気づけば他の3人も、こっちを見ている。

「・・・?」

目を丸くしていると、ヘレイスがダニエルに言った。

「やっぱりお前、殺してしまおうか」

「・・・」

ダニエルは沈黙で答える。

・・・この世界のイケメンたちは、時々訳の分からない事を話すのを忘れていた。

アハハハ・・・。

「アリエル、元気だった?」

「うん!妖精さんは?」

「うわぁ・・・、本当に妖精さんって言ってるよ・・・」

ヘレイスは歓声を上げていた。

彼は宇宙人を見るような表情を浮かべていた。

それは、ユジンとカインも同様だ。

結局、私たちはそのまま変な光景を見守ることにした。

「お兄様の・・・、彼の恋愛を皆で応援しましょう」

向こうに聞こえないように囁くと、ユジンは笑いを堪えながら「はい」と言った。

「妖精さん、エミールを探しに行くって?一緒に?」

「そうだよ、アリエル」

ドキドキ・・・。

デートの申し込みは、成功するのだろうか?

「探してくれるって言ったじゃん」

やれやれ・・・。

「約束したくせに」

アリエルの目に涙が一瞬で浮かび、すすり泣く。

「すごく早く泣くんだね」

ヘレイスの驚愕した表情に、私は両手で自分の口を覆った。

ヤバい、どうしよう。

「その・・・、アリエル」

「ひどいよ、妖精さん。友情に誓って約束するって言ったじゃない?」

おかしくなりそう。

ダニエルは満足そうに笑いながら、私たちにだけ聞こえる声で言った。

「失敗しましたね。残念ながら」

あまりにもあからさまな表情で。

「そのようだね」

カインまで。

そういえば、彼は普段、皇太子に対して仮面を被っているように振る舞っている。

皇太子に対して、良い感情はなさそうだ。

「エミールさんと一日中、楽しく過ごそうと思って早く来たのに!ぐすん・・・」

「アリエル!な、泣かないでおくれ」

「がっかりだよ、妖精さん」

悲劇のヒロインのように泣くアリエルの姿を見て、私は少し頭が痛くなった。

「はぁ・・・」

カインがため息を吐いて、ぶっきらぼうに話した。

「それでは、お暇しましょう」

ラビロフはもうこっちを見る余裕もなさそう。

私はその提案にうなずいた。

 



 

  • 妙な沈黙

帰り道は、妙な沈黙に包まれていた。

「殿下、お帰りになられたのですね」

皇女宮に到着すると、部屋を掃除していたアリンが、私たちを歓迎してくれる。

「えっと・・・、お茶を持ってきましょうか?」

私たちの表情を見てギョッとしたアリンの問いに、私は上の空でうなずく。

本当は一人で笑う場所が必要だったが、残念ながら他にも人はいたので、心を落ち着かせることにした。

アリンが心配そうな顔で用意したお茶を、皆が同時に一口飲む。

そして、ヘレイスが笑い出した。

「ウハハハハハ!ハハハハハ!妖精さんだって!」

皇太子が妖精だという事に、彼は大喜びしているようだ。

もちろん、ヘレイス以外は皆何も言わない。

私も少し落ち着いてから、これは笑い事ではないと自覚した。

「あの令嬢が正体を明かせば、すごく喜ぶと思います。どうしようかしら?」

ラビロフが気の毒でもあるが、それよりも、私の命が危ない気がする。

「元々、恋愛というものは、自分自身で好きなように行動するものです。リシャ」

ダニエルはやや無情な口調で話す。

「それは私も同意します」

「まさか皇太子のお手伝いとは、・・・そういう事でしょうか?」

ユジンはうなずいて、カインは珍しく困惑した表情で、私に尋ねた。

「はい・・・」

「ところで、リシャ。君がどうして?恋愛した事も無いくせに」

うっ!

私が目を避けると、ダニエルは優しくヘレイスに微笑みながら話を流した。

「そうですよ。割り込めば面倒になることに、どうして巻き込まれたのですか?」

いやいや、私も命が掛かっている状況でなかったら。

「殿下も断れなかったのでしょう」

カインがフォローしてくれる。

そう!そういう事なの!

まぁ、ちょっと事情は違うけれど・・・。

「確かにそうでしょうね」

ユジンも深刻な表情で、カインの意見に同意してくれた。

「そうなの?」とヘレイスも真剣な顔になる。

 



 

  • 話題転換

「と、とにかく!」

話を切り替えよう。

「ロックスとリフリーが待ってると言ってませんでしたか?」

「あ!」

ユジンが思い出したかのように、声を上げた。

「殿下、薬を改善しました」

「そうだよ、リシャ!」

彼らが噂話の他に、研究も並行している事は知っていた。

私は止めないことにした。

止めれば、大きな誤解を招きそうだから。

いつも前向きで、明るく生きる綺麗な皇女!

そんな印象のまま、彼らと一緒に旅立ちたいからだ。

「それじゃあ、行きましょう」

笑いながら身を起こすと、突然目眩がした。

よろめくと、ダニエルが支えてくれる。

「急に起き上がるからですよ」

ダニエルは静かに微笑み、私をじっと見た。

探るような視線、そして、安堵の視線。

私はその視線を読みながら、胸がドキドキした。

「その改良したという薬・・・」

ダニエルは私から視線を離さずに、口を開いた。

「私も聞いていいでしょうか?」

 



 

予想通り、アリエル・ラントンでした。

今のところ、3人のイケメンが彼女に惹かれている様子はなさそう・・・。

むしろ引いてる?

ラビロフも困惑してましたね。

二人のこの後のデートが気になりますね(笑)

悪女が恋に落ちた時【98話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は98話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...