悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時【99話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。

今回は99をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...

 



 

どういうわけか目が覚めるとそこは大好きだった小説の中の世界…!!

しかも大ファンだった悪女「ルペルシャ皇女」に生まれ変わっていた。

この機会を逃すまいと私はルペルシャ皇女として二度目の人生を歩むことを決心する。

ただルペルシャ皇女は不治の病にかかっており、病を完治させるためにはいくつかのミッションが…。

ミッションをこなしつつも大好きな小説の中の登場人物に会いオタ活を満喫していたのだが徐々にルペルシャ皇女の秘密が明らかに…。

美男美女総出演のファンタジーストーリーが今始まる!

ルペルシャ:主人公。皇女。死の病「ラファエリス」を患っている。

ラビロフ:皇太子。小説の主人公。独占欲が強い。

アリエル:小説のヒロイン。彼女を巡って、多くの登場人物が死亡する。

ユジン・デ・ボルタン:マクナハン一族に認められた「自由騎士」

カイン・デ・アイリック:公爵。ヴァンパイと人間のハーフ

ヘレイス:情報ギルド長。ダニエルは親友。

ダニエル:悪役のボス。ヘレイスは親友。滅亡した国の最後の王族。

イビエン:アリエルの親友。

ジェイン:メイド。アリエルに助けられるが、彼女を守り命を落とす。

エマ:メイド長

リニ、アリン:皇女専属のメイド二人。

ロックス:専属医師。

リシアン・バヌス:ルペルシャの母親。正真正銘の悪女。

【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...

 




 

99話 ネタバレ

悪女が恋に落ちた時【98話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は98話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side ダニエル

「どう考えても、方法はないのですか?」

押し殺したような声でユジンが尋ねる。

ダニエルはその答えを知っている。

治療する方法はない。

ラファエリスは人の悪意が生んだ病気。

心の崩壊を取り返しがつかない。

彼女はすぐに死ぬ。

ところが耳を澄ますと、リシャの心臓の鼓動が聞こえる。

自分が近くにいると、気持ちの良いリズムを作りながら音を立てている。

ロックスの答えははっきりとした口調だった。

「何もありません」

リシャはまぶたを震わせていた。

どうやら、目を開けようとしているようだ。

その時初めてダニエルが口を開く。

「寝ててください、リシャ」

話し声が途絶える。

彼らはリシャから多くのことを隠そうとしている。

外の噂は皇居以上に酷く、悪意的だということを・・・。

その噂の悪質さに、皇太子までもが言葉を失っていたほどだ。

「リシャ、あなたがショックを受けて寿命が縮まるのではないかと、彼らは考えています」

彼女に好意を抱きながらも、彼女の死に対して何も感じないダニエルとはまったく違う姿。

「でも」

しかし、ダニエルは知っていた。

その全てを教えても、彼女は心の底からなんとも思わないことを。

リシャは強い。

彼女のような存在を初めて見る。

ダニエルは暗殺者だった。

死には慣れている。

どんなに好きになっても、ルペルシャ皇女は帝国の皇女。

血の契約も、彼女が死ねばそれまで。

運命に従って死を迎える。

それが彼女の最善の道。

少なくとも誰かの暗殺で死なないように手はうっておいた。

しかし、それだけだ。

その考えは今も変わらないはずなのに・・・。

 



 

「うーん、ダニエル・・・?」

赤みが勝っているにもかかわらず死人のような唇が、名前を口にしながら生気を帯びる。

「血をたくさん吐いて、疲れているのですよ」

「平気です、起きますね」

日の光を帯びたような優しい表情。

ダニエルは彼女の目を手で覆う。

「小さいですね」

「え?」

「リシャの顔です」

「くすぐったいわ」

リシャは笑いだす。

彼女の微笑みが、手の下からでも感じられた。

「もう少し寝ていてください、リシャ。日も暮れてきましたから」

励ますように、ダニエルは囁く。

「ええ」

リシャの瞬きが遅くなり始めた。

「おやすみなさい」

ダニエルは疲れた彼女が安らかに眠ってほしいと願う。

彼は焦っていない。

リシャが長く生きることを切望しているわけでもない。

常に状況に順応して生きてきたから。

しかし一つだけ、いつでも彼女が安らかであることを願った。

リシャは自分が何もしなくても愛してくれた。

彼女はいつも喜んでくれていた。

そんな彼女に、いつの間にか思いを寄せるようになったのだろうか。

 



 

  • 3人の考え

眠っているリシャをどれくらい見ていただろうか。

ダニエルはその場を去り、外で黙って耳を傾けている人たちに近づいた。

そこには3人の男が不満そうに座っている。

「私が知っていることを話しましょう」

そう言って、ダニエルは涼しげな微笑を浮かべた。

「何ですか?」

暗殺者からの脅威を消したダニエルを認めたユジンが聞く。

「3ヶ月」

「え?」

「3ヶ月後、彼女はここを去ると言いました」

[冬に旅立つと主人は言った]

自分のことを嫌いなジェンから助けを求められた。

「なぜ?」

カインが沈んだ目で聞く。

ダニエルは、リシャが苦しみをほとんど超えていると思っていた。

だから、彼はこのような決断を下すしかなかった。

「私はその目的が、最後を迎える場所を探すためではないかと思っています」

淡々とした口調で、ダニエルが彼らの胸に釘を打ち込む。

そして3人は、皇女の最近の行動を振り返った。

本を書き残し、皇太子の恋愛を助け、一人で外を見物し、暗殺者のダニエルと友達になった。

それは死を恐れる者の行動ではない。

恐怖を超えて、死の準備をしているように思える。

血をあれだけ吐いていて、本人が自分の状態に気づいていないわけがない。

もしかして彼女は・・・。

「守りたいんじゃないのか?」

彼女の時間を共にするすべての人々の心を。

ああ・・・、彼女はどうしてこんなに強いのだろうか。

沈んだ沈黙をユジンが破る。

「私たちは守られていたのですね」

「・・・お前たちが心配し過ぎるから、リシャが気を遣ったんだ」

ヘレイスがしかめっ面でぽつりと呟いた、

それはユジンとカインへの言葉。

皇女の体調に気を使っているのが見えたのだろう。

鋭敏な彼女がそれに気づいていないわけがない。

カインは目をそっと閉じる。

「一緒にいる時間を重く受け止めること自体を、望んでいなかったのでしょう」

「もしかすると、楽しい思い出だけを残すことを願ったのかもしれませんね」

その会話にダニエルは違和感を感じた。

何か変だった。

(そこまで言ったつもりはないけど)

リシャは自分の運命に対して恐怖心がないと言いたかっただけ。

彼女は強いから、余計な心配をしなくて大丈夫。

「・・・」

しかし、言い直す必要はなさそうだった。

ヘレイスをちらっと見ると、彼は理解できていないように見える。

彼に天才的な記憶力がなければ、副ギルド長がギルド長になっていたはずだ。

「一体どういう事?」

「後で聞いてください、ヘレイス」

ヘレイスはなぜか大人しくうなずいた。

幼馴染が自分の忠告を聞いてくれたことに感激して、彼らに話すタイミングを逃した。

リシャが自分と一緒に旅行に行きたいと言ったことを。

もちろんそれを聞いていたら、ヘレイスは彼の忠告を絶対に聞かなかったはずだ。

これを良かったと考えるべきなのだろうか?

 



 

ダニエルの心境の変化が大きくなっていますね。

彼の中でリシャの存在は非常に大事になっているのが分かります。

一方のイケメン3人は良い意味?で考えが変わったようです。

悪女が恋に落ちた時【100話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 今回は100話をまとめました。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...