悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【102話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は102をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は52話。...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は52話。...

 




 

102話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【101話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は101話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 昼食会への招待

誰かがドアをノックした。

ベッドでくつろぎながら、私は頭をドアの⽅に向けた。

「お嬢様、ペンネルです」

外から執事長の声が聞こえる。

「どうぞ」

しばらくするとドアが開く音が聞こえる。

ベッドの上で彼に挨拶をする。

執事長は私を⾒て、⽬を⼤きく開いた。

「申し訳ありません。エミリーから、散歩から戻ったと聞いたのですが・・・」

突然、彼は頭を下げて謝罪した。

「さっき戻ってきたところよ」

「凄い体勢ですが・・・」

「起きようとしていたの。何か用?」

「公爵様が・・・」

執事は少し躊躇し、それから要件を話し出した。

「公爵様が家族全員で簡単な昼⾷会をしたいと」

「・・・昼食会?」

すぐに眉をひそめた。

レナルドから最近誘われた⼣⾷への招待には参加しなかった。

かなり失礼なはずだったのに、公爵からの返答はありませんでした。

だから終わったと思ったのに・・・。

「私に何か関係のある話?今日は好きな時間に食べて、自分の部屋でリラックスしたいのだけど」

「公爵様は何か⾔いたいことがあるそうなので、参加していただきたいです」

「はぁ・・・」

執事に聞こえないように静かにため息をついた。

「家族全員」という⾔葉があったので参加したくない。

公爵とレナルドは別として、デリックの顔を見たくありません。

「それなら、事前に食事を用意してください。シンプルなパンやスープを」

「・・・え?昼食があるのに、なぜ・・・」

「⾷べ物を前にして、再び飢えたくありませんから」

「ああ、お嬢様・・・」

執事はとても反省している表情で、私を呼ぶ。

「二度と・・・、あのような事は二度と起こりません」

ちょっと面白くなる。

鼻を鳴らした。

「どうして断言できるの?」

「お嬢様が狩猟⼤会に参加している間に、私たちは⾷堂の使用人を全員交代させました」

それは驚くべきニュースだった。

「そして、今⽇の昼食の場所はダイニングルームではありません」

「じゃあ?」

「公爵様は私たちにガラス温室で⾷事を準備するように命じました」

「ガラス・・・温室?」

「はい、秋の花は満開です。お嬢様も喜んでくれるかと」

⽬を⼤きく開いた。

この屋敷には⾏けない禁断のエリアがいくつか存在する。

それは、公爵が死んだ公爵夫⼈、又は、彼の失われた娘の思い出に満ちた場所を閉鎖したため

その場所の1つが、裏庭の⽚側にある⼤きなガラス温室。

これまでは、裏庭の間を何度か⾏き来しながら遠くからその存在を認めただけだった。

「なぜ突然、ガラス温室で⾷事を?」

「邸宅のダイニングルームは間もなく改装されるからです」

「改装?」

「はい、当⾯はご利⽤いただけないのではないかと思います」

なぜ改装が⾏われているのか分からないが、うなずいて受け⼊れた。

(これは私にとって良いことなのだろうか?)

「・・・とりあえず、分かったわ」

しかし、最終的に肯定的な答えを提示する。

昼食の場所が変わったからではなく、デリックとレナルドの頭上がどのように変わったかをチェックしたいから。

「⾬が降った中で散歩をしたので、体を洗ってから温室に⾏くわ」

執事長の表情が私の⾔葉に⼀瞬で輝いた。

「準備ができたら声をかけてください」

丁寧なうなずきの後、彼は部屋を出た。

 



 

  • ガラス温室

執事長に続いて、私は初めてガラス温室に⾜を踏み⼊れたのだ。

巨⼤なガラス温室は暖かくて⾹りがよい。

テーブルは温室の真ん中に置かれ、スミレが満開でした。

ロマンチックな背景に、曇った顔をした3⼈の男性が集まっている。

「全員揃ったな」

テーブルの端に座っていた公爵は私を⾒て、そう話した。

頭を下げて⼝を開く。

「少し遅れて申し訳ありません」

「えっ、少し?お前、本気でそう言っ・・・」

レナルドが私に喧嘩を売ろうとしたが、突然口を閉じた。

何が起こったのだろうか?

彼は⾮常に不満な表情を浮かべるが、それ以上何も追求しなかった。

「座りなさい、ペネロペ」

レナルドを⾒つめていた公爵がさりげなく⾔った。

遅れたことについて追求されると思っていたから、この状況は予想外だ。

デリックもちらっと見てくるが、何も言わない。

その理由を知らずに、再び公爵の左側に座った。

座った後、兄弟のゲージバーをちらりと⾒た。

[好感度をチェックします]

(やっぱり・・・)

案の定、好感度は完全に隠されていた。

それぞれのゲージバーには色が付いている。

明るいオレンジ⾊に変わっていたデリックの頭上。

(あれは何?)

レナルドの頭上は彼の髪の⽑に似た⾊に変わっていた。

(それそれの⾊はどういう意味なのかしら?)

その瞬間、うっかり⻘い⽬に出くわした。

「何見てんだよ?」

「あなたを見ていません」

「じゃあ?」

「あなたの後ろを見ていました」

「殺意が向けられているように感じるけど?」

レナルドは⼾惑うように尋ねた。

軽蔑の表情で彼を⾒つめていたのでしょう。

ぎこちなく咳をして、⾔い訳をする。

「花が綺麗だから・・・」

「それはエレンウィックローズです」

すると、突然横から返事が来た。

私は何も⾔わなかったが、公爵は深刻な表情で話し続ける。

「気に⼊ったのなら、花瓶に⼊れてみませんか?」

今まで⾒たことのない花。

「いい匂いがするぞ。部屋に置いておいても⼤丈・・・」

「いいえ、結構です」

すぐに⾸を横に振った。

「枝から咲き誇るのが最も美しいですから」

「確かに」

幸いなことに、公爵は私の⾔葉を受け⼊れました。

すぐに彼は鐘を鳴らし、その後、⾷べ物が持ち込まれ始めた。

トレーや⽫を持ってきた使用人たちはみんな新⼈だった。

メニューはシチュー、パン、サラダ、サンドイッチで構成されていた。

「じゃあ⾷べましょう」

幸いなことに、今回は完璧な⾷器だ。

⽬の前にあるテーブルを⾒下ろし、誰かがいたずらをしたかどうかをもう⼀度確認する。

 



 

  • 1ヶ月後

お茶を飲んでいた公爵の手は⽌まり、再び⼝を開いた。

「どうして⾷べない?」

「今⾷べます」

彼の呼びかけで、私は苦々しい表情でスプーンを持ち上げた。

(どうして今日は、私を注意深く見ているの?)

普段から公爵が気にかけていたら、これまでの異変にも気づいていたでしょう。

(あぁ・・・。テーブルが小さいから?)

温室のテーブルは邸宅のテーブルよりはるかに⼩さかった。

スプーンでゆっくりとシチューを味わう。

⾹り⾼い花の⾹りに包まれた静かな⾷事。

しばらくして、お腹が少しいっぱいになって、持っていたお⽫を置く。

「もう食べないのか?」

今回も最初に反応したのは公爵。

「ええ、もうお腹がいっぱいです」

「デザートを頼もうか?」

⾸を横に振る。

⾷欲がなかったので、これ以上は必要なかった。

「もう少し食べた方がいいのでは?サンドイッチをいくつか部屋に運んでおこう」

「いいえ、お父様。本当に大丈夫ですから」

公爵の考えを思いとどまらせる。

「それよりも、⾷事を終えたら、部屋に戻っても大丈夫でしょうか?朝から散歩をしていたので少し疲れました」

(早く要件を教えて)

「・・・そうだな」

幸いなことに、公爵は⼝を開いた。

「今⽇私があなたを呼んだ理由は、画家を連れてきて、私たち家族の肖像画を描くことをあなたに伝えるためです」

予想外のニュースでみんなが動揺する。

レナルドだけでなく、デリックもそのニュースを聞いていないだ。

「⽗さん、なぜ肖像画を?」

「1ヶ月後、ペネロペの誕⽣⽇ではないですか?」

公爵の⾔葉を聞いて振り返る。

「誕生日・・・?」

頭が真っ⽩になった。

誕⽣⽇とは?

ペネロペが成⼈に達する⽇。

(もう?)

不安の真っ只中に、公爵はもっと残酷な判決を下した。

「成⼈式の宴会を開く前に、家族の肖像画を描いて中央の階段に掛けることを考えている」

本物のヒロインが帰ってきた⽇。

そして、ハードモードの終了日。

 



 

残念ながら、攻略キャラ全員の好感度が分からなくなりました。

しかも、確認するには対象に触れなければいけないという・・・。

そして、1ヶ月後のペネロペの誕生日。

その日にイヴォンは登場するのでしょうか?

悪役のエンディングは死のみ【103話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は103話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は52話。...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は156話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は53話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...