悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【103話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は103をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

103話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【102話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は102話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • ハードモードの締切

公爵が話を続けるが、私の耳には入ってこない。

(・・・成人まであと1ヶ月?)

ハードモードの締め切りはかなり残っていると思っていた。

少なくとも、イクリスの考えを理解し、彼との関係を良く出来ると。

(たった1ヶ⽉・・・)

呼吸ができない。

1ヶ⽉以内に100%の好感度と愛の告⽩が得られなければ、私はこの場所から永遠に逃げることはできないでしょう。

もっと⼤きな問題は、「本当の公女」が戻ってきたとき。

私は悪役として死ぬ運命にあるということ。

なぜなら、このクソゲームの話はそのようなものだったから。

テーブルの下で、スカートの裾をギュッと握りしめる。

死にたくなかった。

必死に勉強して家を出たのに。

「・・・ペ」

どうすればいいの?

「・・・ネロペ。ペネロペ」

誰かが呼ぶ声で我に返る。

「・・・は、はい?」

驚いて⾒上げると、全員が私を⾒ていた。

公爵は不思議そうにしている。

「何か気に入らないことが?」

「え?いいえ」

ちょっと考えすぎたようだ。

「ちょっと考え事を・・・」

「なあ、お前今日はおかしくないか?」

レナルドは⽪⾁を込めて⼝を開いた。

「しばらく静かだったのに、また暴れ出すのか?」

「レナルド・エカルト」

無視しようと思っていると、なぜか公爵が厳粛な声を出した。

「それが兄としての態度なのか?」

「彼女は私を兄として扱っていません」

「黙りなさい」

公爵が睨みつけたとき、レナルドはしぶしぶ⼝を閉じた。

私は何とかして笑顔を浮かべて、公爵に声をかける。

「申し訳ありません。お父様、もう⼀度⾔ってもらえるでしょうか?」

「誕⽣⽇に欲しいものがあるかどうか尋ねたのだが」

「・・・欲しいもの?」

「ええ、好きなことを⾔ってください」

思わずこの世界から脱出する方法を頼もうとしてしまった。

しかし、私はそれを何とか飲み込み、⽬の前にある3組の⻘い⽬を⾒つめた。

「特には・・・」

無関⼼な⼝調で吐き出す。

「そうか・・・、何!?」

公爵はショックを受けたように⽬を開けた。

「え、ええ・・・」

「なぁ、お前本当に病気じゃないのか!?」

呆然とする公爵の代わりに、レナルドが「嘘だろ!」と叫ぶ。

黙って⾷べただけのデリックでさえ、変な⽬で私を⾒ていた。

「お前、去年までは・・・」

デリックが何かを⾔おうとしたとき、彼はすぐに顔を強ばらせ、再び⼝を閉じた。

「何?」

思いがけない反応に⼾惑う。

 



 

  • 一番欲しいもの

しばらく私を⾒つめていた公爵は、すぐにその理由を告⽩した。

「去年まで、あれこれと買うように要求していなかったか?」

「ああ・・・」

少しの間沈黙した。

本物のペネロペだったとしたら、それは妥当でしょう。

しかし悲しいことに、私は本当に何も必要としませんでした。

「皇后専属の仕立て屋に、成人式のドレスを作ってもらうのは?」

「皇后?」

「ええ、父さんは陛下から特別に招待されましたから」

公爵は誇らしげに話した。

少し前にクロスボウを渡したときと同じように。

ドレスは宝⽯よりも役に⽴たない。

「では、新しいアクセサリーや靴を購⼊してみませんか?宝石商にしばらく連絡をしていないでしょう?」

「そうですね・・・」

ちょっと考えて、向かいに座っている男たちを横⽬で⾒た。

彼らの好感度を確かめるために、自分のお金を使うのは無駄のように感じる。

だから、公爵の好意を無下にしないことに決めた。

「でしたら、宝石の代わりにお金をください」

「・・・何?お金?」

公爵の⼝は⼤きく開いていた。

「考えてみると、私には私有財産がありません。個⼈予算も設定してください、お父様」

「まあ、それは・・・」

公爵は私の⾔葉に⼾惑い、話すことができなかった。

彼の代わりにレナルドが問いかけてくる。

「お前、何のために個⼈的な予算が必要なんだ?」

「それは・・・」

「ドレスが必要な場合は、デザイナーに頼めばいい。宝石が必要な場合は、宝石商に頼めばいい。それ以外は執事に頼めばいい!そうですよね、父さん?」

レナルドが公爵に矛先を向ける。

「なぜ父さんはペネロペにだけ甘いのですか?」

「私はただ・・・、ゴホン!」

公爵は咳をして、レナルドから背を向けた。

「しかし、なぜあなたは私的財産を求めているのですか?」

「気が変わったのです。アクセサリーよりも現金が欲しくなりました」

「賞金はどうしたのですか?」

「とても勿体ないので使えません。あれは私が稼いだ最初のお⾦です。安全に保管したいのです」

「まあ、確かに・・・」

公爵はうなずいた。

狩猟⼤会で優勝した娘が初めて稼いだお⾦。

そのまま捲し立てる。

「予期しない状況に備えるためです。誕生日プレゼントとしてくれませんか?」

「予期しない状況とはどういう意味ですか?唯⼀無⼆のエカルトの公女が何を準備するのですか?」

「えっと・・・、将来の結婚、又は、結婚基⾦・・・の準備とか」

「「「結婚!?」」」

その瞬間、3⼈の男が同時に叫んだ。

公爵が不満の声で吠えた。

「何を言ってる!?まだ成⼈式を⾏っていない⼥性は結婚できない!」

「私はもうすぐ⼤⼈になります。だから・・・」

「ペネロペ・エカルト」

「・・・」

公爵の表情を見て、私は口を閉じた。

「私有財産は認められない」

⼝を閉ざしていたデリックが、冷たい声で私の要求を切り落とす。

「説得力のある理由が無い限り、それは認められない」

「・・・」

デリックは仕事の⼀環として、邸宅の財政状況に深く関わっている。

話せる理由はなかった。

万が⼀に備えて、できるだけ多くの現⾦を残したかっただけ。

好感度をチェックするたびに宝石をお⾦と交換することはできないのだから。

「ええ、私有財産は認められない」

「そうだ!」

家の男たちはデリックの⾔葉に次々と同意した。

「分かりました・・・、この話は聞かなかった事にしてください」

ため息を飲み込んで諦めた後、公爵がもう⼀度、私を説得した。

「今回は、南の鉱⼭から最⾼のダイヤモンドが出てきました。それを処理してティアラにするのは・・・」

「いいえ、⼤丈夫です」

椅⼦を滑らせて起き上がろうとする。

「ペネロペ」

公爵の声はすぐに冷たくなった。

「ごちそうさまでした。先に戻ります」

「ペネロ・・・」

公爵が怒った声で呼んでいるのが聞こえたが、私は気にしなかった。

 



 

  • 初めての訪問者

部屋に戻ると、寝具を仕上げたばかりのエミリーは⽬を⼤きく開いた。

「お嬢様、もう戻られたのですか?」

「エミリー。執事長を呼んできて。今すぐ」

「え?は、はい!」

私の突然の注⽂に驚きを感じたエミリーは、すぐに部屋を出た。

執事を呼んだのは、以前に作ってほしいと頼んだ服がどこまで進んだかを尋ねるため。

「・・・急いで残りのプレゼントを渡さないと」

それがイクリスの好感度を上げる唯一の方法。

考えてみると、好感度の変化に気を取られてチョーカーを外すのを忘れてた。

どれくらい経ったのだろうか?

かなり⻑い時間が経ちましたが、執事は来る気配を⾒せません。

「なんで来ないの?」

眉をひそめながら神経質に呟く。

コンコン。

ドアの向こう側から⼤きなノックが鳴った。

「誰?」

「父さんだ」

 



 

確かに今一番欲しいのは現金ですよね。

それにしても、結婚と言った瞬間に全員が反応したのは面白すぎます(笑)

おそらく全員がカリストを思い浮かべたのではないでしょうか?

公爵が部屋を訪れるのは初めてでは?

何の要件なのでしょうか?

悪役のエンディングは死のみ【104話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は104話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...