悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【107話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は107をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

107話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【106話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は106話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • デジャヴ

結局、イクリスはチョーカーを外したくなかったので、私はそのまま彼を宿舎に送り返した。

「お嬢様、お帰りなさいませ」

執事長が私を出迎えた。

「どうしたの、執事長?」

彼の焦っている表情に、私は戸惑った。

「緊急のお知らせです」

「緊急?何かの招待状?招待状はすべて断るように伝えたのだけれど・・・」

傘をエミリーに渡した後、私は椅子に座る。

狩猟⼤会での影響があったのだろうか、最近は招待状が殺到している。

執事長は有力貴族のパーティーには参加するように勧めてきたが、私はその招待状を火の燃料として使うように命じた。

今はそんな余裕もないから。

「それが・・・」

執事長は少し躊躇った後に答えた。

「王室からの手紙でしたので、私には燃やすことが出来ません」

「王室・・・?」

煌びやかな⻩⾊いドラゴンが刻まれた豪華な⼿紙。

デジャヴを感じる。

もしかして・・・。

「お嬢様!お嬢様の活躍が素晴らしかったので、宮殿からの招待状なのではないでしょうか?」

エミリーがとても興奮しながら、目を輝かせていた。

「はは・・・」

深いため息をついた。

逃げるように宮殿を出た後、私はすべての招待パーティーを断り、家に閉じこもっていた。

カリストの耳には届いているだろうと考えていたが、何も反応がなかったので気にしていなかったのに・・・。

「手紙をください」

ため息をつきながら執事から⼿紙をもらう。

ペーパーナイフで封筒を開け、中⾝を取り出して読み始めた。

[親愛なるペネロペ・エカルト夫人、いいえ、今は「最愛」と呼ぶべきでしょうか?

私が眠っていた間に、様々な出来事があったのですね。

裁判所でのお姫様の発言は、私を⾮常に厄介な⽴場に置きました。

整理する時間が必要でしたので、手紙を送らせていただきます。

あなたと私はもう⼀度真剣な会話をする必要があると思いますが、どう思いますか?

お早めに返事を下さい。

そうでなければ、あなたはきっと後悔するでしょう。

カリスト・レグルス]

「もう最悪!!」

「・・・殿下からの手紙でしょうか、お嬢様?」

執事長が心配そうな口調で尋ねてくる。

口が乾く。

裁判所での発言は失敗だったのだろうか?

けれど、後悔するには遅すぎた。

(私が宮殿に行かないためにはどうしたら?)

今回は怪我をしていないので、その言い訳はできないでしょう。

「何か適切な言い訳はないかしら?」

「そうですね・・・」

突然、執事長は⾮常に良い答えを思いついた。

「お嬢様、狩猟大会で酷い筋⾁痛があったと⾔ってください」

「それは名案ね。私は一歩も動けないことにしましょう」

「ええ。すぐに医者を手配します、それでは・・・」

「よろしくね」

急いで⾏動を起こした執事長のおかげで、言い訳はすぐに生まれた。

「良かった、これで邸宅から離れずにすむわ」

満足げな表情を浮かべる。

執事長は急いで部屋から出ていった。

医者からの⼿紙を添付して皇居に返事を送らなければなりません。

「病気なのですか、お嬢様?」

ショールを⽚付けて帰ってきたエミリーは、医者の話を聞いて困惑した表情で尋ねた。

私は躊躇うことなくうなずいた。

「ええ。今日から気分が悪くなったわ」

 



 

数⽇後、イクリスの服はすべて完成した。

量が多すぎて、自分で持っていくことが出来ない。

執事長にすべての騎士の前で彼に渡すように命じる。

「ああ、お嬢様!」

突然ドアが開き、エミリーが突⼊した。

「お嬢様!ええと、急いで準備をしなければいけません!」

「エミリー、私は執事長と重要な会話をしています。後にして・・・」

「そんな場合ではありません!」

私の冷たい声に怯まず、エミリーが叫ぶ。

「外に・・・。今、皇太子殿下が来ています!」

「・・・え?」

「皇太⼦殿下が訪れて、今は屋敷の前にいます!」

 



 

当時、屋敷の前には、⻩⾊い⿓が刻まれた⾒事な⾦⾊の⾺⾞が。

鮮やかな⾦⾊の髪をなびかせながら、男がのんびりと降りてくる。

「こんにちは、エカルト公爵」

カリストは屋敷の前に⽴っている公爵に挨拶した。

「殿下は私に用事が?事前に連絡を頂いていませんが」

王室の紋章が付いた⾺⾞が⾨の前に到着したことを知らされて驚いた公爵は、渋い表情でカリストに挨拶した。

「ここは私が将来頻繁に訪れる場所です。それなのに、事前に連絡する必要があるのですか?私は悲しい」

公爵の表情はカリストの予期せぬ⾔葉によって歪められた。

「それはどういう意味でしょうか?」

「これからよろしくお願いします、公爵。それともあなたを『お義父さん』と呼ぶべきでしょうか?」

「・・・はあ!?」

公爵が呆然とする。

そんな彼の様子を気にせず、カリストは周囲を見回す。

「ですが、私と愛を誓った元恋人の姿が見えませんね。彼女ははまだ準備を終えていないのでしょうか?」

それから、カリストは⾃然に正⾯⽞関を通り抜けた。

「殿下!」

公爵は我に戻って、急いでカリストの前に立ちはだかった。

「な、何を言っているのですか!そして、どこに行くつもりですか!?あなたと言えども・・・」

「とりあえず、応接室で話しましょう。ゲストを邸宅の外で待たせるつもりですか?」

カリストは公爵の背中を押して、⽔の流れのように邸宅の中に移動しようとする。

「ゲスト?誰がゲストなのですか!?」

王室に対して⼒を⾏使することができず、公爵は真っ赤な表情で抗議する。

「これは不法侵⼊です!このままでは、すぐに陛下と話さなければなりません」

「不正侵⼊!あなたはとても意地悪ですね。そんな風に言わないでください。将来は家族になるのだから」

「殿下!!!」

公爵はほとんど悲鳴のように叫んだ。

しかし、彼はカリストを⽌めることができなかった。

(あのサイコ野郎!!)

密かに窓越しに⾒下ろす。

「お嬢様・・・」

少し前まで話していた執事長が、焦りの表情を浮かべていた。

返事をする前に邸宅に来るなんて、誰が理解できるでしょうか?

(私が後悔するというのは、こういう意味?)

拳を握りしめながら⾝震いし、焦っているエミリーに準備を求めた。

「エミリー」

「は、はい?」

「メイドたちを呼んできて」

彼⼥が頭を傾けているのを⾒たとき、私は⻭を⾷いしばった。

「転んで死にそうな病⼈のように、私をドレスアップしてください・・・」

もちろん、そうしなかったとしても、私はすでにカリストの存在によって失神の危機に瀕していたのだが。

 



 

ペネロペと一番連携が取れているのは執事長ではないでしょうか?(笑)

そして、カリストの手紙はいつも恐ろしいですね・・・。

何の前触れもなく登場しましたが、今度こそ最大の危機では?

どんなメイクを施すか楽しみですね♪

悪役のエンディングは死のみ【108話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は108話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 [休載]漫画は「第163...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...