悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【121話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は121をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

121話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【120話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は120話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 新たなメインクエスト

久しぶりに天気の良い日。

私は外で本を読むことにする。

いつも座っている⽊の下に座って、ちょうど数ページを読んでいたときだった。。

どこかから、⽩い蝶が現れて、私の目の前を周り始める。

もともと庭には蝶がたくさん飛んでいるので、最初は何も気づかなかった。

何か違和感を覚えたのは、蝶の群れが1箇所に集まったとき。

「え?」

⽻ばたきをしていた彼らは、ようやく⽬的を達成したのか、輝き始める。

彼らは形を四角に変化していく。

「こんな蝶がいたかしら?」

⽬を⼤きく開いてその過程を⾒つめていると。

四⾓い蝶が消え、その場に⽩い封筒が現れた。

私⾃⾝の⽬には信じられないほどの光景。

ぼんやりと封筒を⾒ると、すぐに何かが刻まれているのを発見した。

⽩うさぎ柄。

「ヴィンター?」

『契約書は私の方で書いて、⼿紙でこっそり送ります』

彼が昨⽇⾔ったことを思い出した。

私は彼に⼿紙を通して私に連絡するように⾔った。

「こんな方法で送ってくるなんて、予想もしていなかったわ・・・」

男性の声をしたウサギを送りつけてくるよりも、こっちの方が断然良かった。

私はすぐに床の封筒を⼿に取り、席から起き上がる。

急いで部屋に戻った後、机の前に座ってペーパーナイフで封筒を開ける。

中には、ダイヤモンド宝⽯の加⼯・流通契約、資産運⽤代理店契約、簡単なメモが⼊っていた。

メモには、[明⽇の午後10時にハミルトン通りであなたを迎えに⾏き、契約を履⾏します]と書かれている。

「契約の履行?」

頭を傾けて考えると、すぐにヴィンターの意図に気づく。

それは、彼が私と取引した「会議」のことだろう。

ちょっと冷たい⽬でメモを⾒て、すぐにため息をついた。

「はぁ・・・、これもデートイベントの一つと考えよう」

恋愛シミュレーションゲームなのに、私はデートをせずに攻略してきた。

これからは、いくつかのロマンチックなエピソードがあるに違いない。

忍び寄る不安もあるが。

 



 

翌⽇の早朝。

私はエミリーを部屋に呼び、彼⼥にドレスアップするように頼んだ。

「お出かけですか、お嬢様?もう少しメイドを呼びましょうか?」

「こっそり出かけるの」

「こっそり?」

エミリーの目が大きく開いた。

こっそり抜け出すことに特別な理由はない。

執事長に知られれば、間違いなく公爵やデリックの耳に届き、見知らぬ人に会う許可を与えてくれないだろう。

そうなると非常に面倒だった。

「私が戻るまで、誰も私の部屋に⼊らせないでください」

「ですが・・・」

彼⼥は私の⾔葉に不安そうに⾒える。

「今日は気分が悪いからって言い訳してちょうだい」

「すぐにお帰りになられますよね?」

「ええ、今日中には」

簡単に化粧をして髪の⽑を整えた後、膝丈のスカイブルーのドレスに着替える。

補⾊効果のせいか、濃い⾚髪とよく合っていた。

鏡を⾒て、自分の姿に満⾜してうなずく。

「どう?似合っているかしら?」

振り返ってエミリーに尋ねると、彼⼥は両⼿で⼝を覆い、感嘆の声を上げる。

「とても美しいです、お嬢様!あなたは寺院に刻まれた壁画から現れた女神のようです!」

彼女の大げさな褒め言葉も悪い気分ではなかった。

すべての装飾が完了したので、本格的な脱出の時間が始まる。

幸いなことに、早朝の労働者は仕事で忙しく、歩き回っている⼈はほとんどいない。

屋敷の裏⼝から簡単に出て、目的地に向かう。

私は庭の抜け穴から脱出することを考えていたのだ。

近くで訓練を受けた騎⼠に出くわすのではないかと⼼配していたけど、幸いなことに、彼ら全員が訓練中であり、⽳の近くには誰もいなかった。

茂みに隠れている穴を見て、エミリーは驚きの声を上げた。

「お、お嬢様!?こんな場所をいつ見つけたのですか?」

「私が出た後にここを元通りにしてちょうだい。分かった?」

「ああ、せっかくのドレスが汚れます・・・」

ドレスをまくり上げて、答えずに裸の膝を地面に置く。

着替えや散歩に多くの時間を費やしたので、もう10時近くだった。

⽝のように⽳から這い出している間、エミリーはため息をつき続けていた。

「ああ、お嬢様・・・」

「じゃあ行ってくるわね」

「あの・・・、いつ戻ってくるか、本当に教えてくれないのでしょうか?」

「暗くなる前には戻ってくるわよ」

ヴィンターの好奇心を満たすためだけに、夜遅くまで私を拘束する理由もないだろう。

心配しているエミリーを置き去りにして、私は急いで目的地に向かった。

 



 

メインストリートに出てすぐ、ヴィンターが指定したひとけのない路地の⾓に直⾏する。

すでに路地に背の⾼い⼈物がいた。

「お久しぶりで・・・」

知っているふりをするつもりだったのに、私は言葉を止めてしまう。

路地にいるのはヴィンターだけではなかったから。

⼀⽅、ライオンのマスクを被った子供も一緒にいた。

(何で彼を連れてきたのだろう?)

子供を連れてデートをするつもりなのだろうか?

2人を交互に⾒ていると、ヴィンターと⽬が合った。

「今日は変装しないのですか?」

「変装した方が良かったでしょうか?」

「前回お会いしたとき、あなたは変装をしていましたので」

「それはお願いでしょうか?」

「・・・」

路地には静かな静寂があった。

それを壊したのは子供の声。

「早く早く!時間になるよ!」

私はまだ唖然としていた。

「今日はどこに行くの?」

「パンを配りに行くんだ!」

ライオンの⼦供は嬉しそうに言った。

その瞬間。

白いメッセージが表示される。

[メインクエスト]

[迷⼦になった⼦供たちの⾏⽅〜]

[スラムと魔法使い]

[クエストを続⾏しますか?]

(報酬:ヴィンターの+5%の好感度、名声+50)

[はい/いいえ]

「ボランティア?」

⾃分の⽿を疑った。

⽬を⼤きく開いて、もう⼀度システムウィンドウの書き込みを確認していると、ヴィンターがぎこちない表情を浮かべていた。

「申し訳ありませんが、事前にお伝えできませんでした」

デートだと勘違いしていた自分が恥ずかしくなる。

同時に、システムウィンドウの⽂字が変更された。

[メインクエストは、5秒で⾃動的に受け⼊れられます]

(このクソゲームは・・・)

震える⼿で[はい]を押す。

その後、新しいウィンドウが表⽰された。

<システム>

[魔法使いの助けを借りて、クエストの場所である[トラタン]に移動しませんか?]

[はい/ いいえ]

[はい]を選ぶと、ヴィンターは私に⼿を差し伸べた。

「私たちはトラタンに⾏きます。⾺と⼀緒に移動するのは不便ですから」

それは以前に経験した⽅法。

しかし、本当は彼の⼿を握りたくない。

「トラタン」がどこにあるのかさえ知らないのだから。

ゲームでは聞いたことのない名前。

「お嬢様」

契約を履⾏するという暗黙のプレッシャーを感じる。

「ボランティアの仕事をするために⼭に⾏くつもりはありません。⾸都の周りには⾮常に多くのスラム街がありますから」

泣く泣くヴィンターの手を握る。

その後、子供が私の空いていた手を掴んだ。

「ビラティオ、トラタン!」

グロテスクな発⾳の呪⽂で、⽬の前の⽩い光が点滅する。

再び⽬を開けると、カモメのそばを⾶んでいる灯台に私は立っていた。

 



 

今回のメッセージ方法はとてもロマンチックですね♪

少々派手だと思いますが。

そして新たなメインクエスト!

今回はライオンの仮面をつけた男の子も一緒です。

悪役のエンディングは死のみ【122話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は122話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 [休載]漫画は「第163...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...