悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【124話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は124をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

124話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【123話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は123話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 捜索

私はゆっくり周りを⾒回す。

しかし、どこにもラオンはいなかった。

「ラオン!どこ?」

崖から降りて、彼を呼ぶ。

しかし、ラオンだけでなく、彼を取り巻く⼦供たちも⾒られなかった。

「ラオン?」

⼣暮れが沈んだスラム街は、古⾵な趣がある。

もともと少⼈数だったが、突然全員が消えたことに鳥肌が立つ。

たったの数秒。

システムウィンドウに数秒だけ目を向けていただけなのに。

崖を下る⾜⾳がどんどん速くなる。

「ラオン!遊んでないで、早く出てきて!」

スラム街の間を必死に⾛り、ラオンと呼ぶ。

(子供たちはかくれんぼをしているのよ)

何⼗もの⼩屋の裏側をチェックしながら、前向きに考えようと頑張った。

しかし、どこにもラオンはいない。

どこにも。

他⼈の世帯の詳細を調べざるを得ない。

「ラオン!」

⽊の板と布で作られた⼩屋はほとんどが空だ。

誰かがそこにいても、ラオンはいない。

「何してる!」

「すみません、ごめんなさい。ライオンのマスクを持った⼦供を見ていませんか?」

「知るか!今すぐ出ていけ!」

この地域の人たちは、明らかに⼼配そうに⼦供を探していた私の声を聞いたにもかかわらず、冷たく追い払った。

部外者に対する警戒と恐れは強いようだ。

 



 

家をあちこち探したが、結局ラオンは⾒つからない。

ヴィンターはまだ戻ってきていない。

「はあ、はあ、はあ」

崖の⼊り⼝で息を切らしながらスラム街を見る。

「彼はどこへ⾏ったの?」

⼣⽇が沈みそうだ。

「たぶん、彼らは誰かに連れ去られたはず」

あらゆる種類の嫌な予感が、私の頭に浮かぶ。

「ヴィンターの好感度が下がったらどうしよう?」

ラオンが姿を消したこの瞬間、私は⼦供を⼼配する前に、「イヴォンの登場」への恐れが生まれていた。

自分が利己的で性格が悪いことはよく知っている。

しかし、私は白ウサギのマスクをしたヴィンターに初めて会ったとき、彼は容赦なく杖を向けてきていた。

それは子供たちのため。

もしも、彼が⼦供をきちんと⾒なかった私を知ったとしたら。

最悪の事態を招くでしょう。

そう考えると、目頭がすぐに熱くなり、呼吸音が荒くなった。

「考えなさい、ペネロペ。私はどうしたらいいの?」

急上昇する感情を必死に押し下げながら、冷静に考えようとする。

この状況を打破するために、私は合理的に考えなければならない。

その瞬間だった。

『ペネロペ!友達を追いかけて崖の下のビーチに⾏ってもいいですか?』

ラオンの澄んだ声が私の⽿を通り抜ける。

「まさか・・・」

動揺していたので、ラオンとの会話をすっかり忘れていた。

急いで坂を駆け下りる。

崖の下は、⼈⼯的に作られたものではなく、⾃然に積み上げられた巨⼤な岩を登るのは困難だった。

ドレスを持ち上げ、靴を脱いで岩から⾶び降りる。

⾜の裏に触れる細かい砂の粒⼦が少し痛い。

太陽は完全に沈んでいた。

「ラオン!」

ラオンをもう⼀度探す。

しかし、砂浜はとても広くて暗いので、幼い⼦供の⼩さな体をすぐに⾒るのは簡単ではなかった。

それにもかかわらず、私は広⼤なビーチを裸⾜で⾛る。

⾛ったり、歩いたり、⾒回したりしてどれくらい経っただろうか?

私は男性を見つけることができた。

「ラオン!」

大きな声で彼の名前を呼び、激しく走る。

しかし、何かがおかしかった。

おそらく彼らは私を認識したのか、すぐに彼らは急いで海に向かって動き始めたから。

⻭を⾷いしばって⾛る。

距離が縮まり影の形が⾒えた時だ。

私は驚きを隠せなかった。

暗くてよく⾒えなかった人影がはっきりと⾒える。

⿊いローブを着た6⼈が輪になって⽴っていた。

そしてその中心に、攫われた⼦供たちがお互いの背中にもたれかかっているのが⾒える。

彼らは皆気を失っているようだ。

「レイラ王国の集団!」

悪い予感が的中する。

「やめて!」

私は⻭を⾷いしばって⾛り続ける。

彼らが魔法を使って移動しようとしていることは明白だ。

⻘い光が徐々に彼らの周りに上がり、彼らの⾜元には未知の模様がすぐに刻まれた。

彼らがテレポートする前に追いつける?

仮に追いついたとしても、自分に何ができるのか?

(どうすれば?)

 



 

その瞬間、目の前にメッセージが表示される。

<システム>

[突然のクエストが発生しました!]

[あなたは魔法の呪⽂を唱えることによって[⼦供たち]を誘拐しようとする邪悪な⼒を⽌めることができます]

(報酬:ヴィンターの好感度+3%と+50の名誉)

「受け入れる!受け入れて!」

私は狂ったように[受け⼊れる]を押し続けた。

<システム>

[邪悪な⼒に対してあなたの魔法を使ってください!]

(魔法の言葉:サンダーピルム)

「サンダーピルム!」

呪⽂を素早く叫んだ。

その瞬間。

空から閃光が発射された。

そして、途⽅もない轟⾳とともに、いくつかの光が彼らの頭上に落ちる。

「ぐああああ!」

「ぎゃあ!」

急速に広がる⻘い光が消え、彼らは呻き声を上げて床を這う。

「こ、こんなに強力なの?」

ぼんやりとその光景をじっと⾒つめ、⼀瞬⾛るのを⽌めた。

このままなら、6⼈に対応できると思ったから。

すると、床に横になっていた男の⼀⼈がうごめいて私を指さす。

「あの娘だ!最初に彼⼥を始末しろ!」

「サンダーピルム」

閃光が再び彼を襲う。

叫ぶことさえせずに、彼は砂浜に顔をぶつけた。

その上に刺激的な煙が出ている。

ひどい光景に震えが止まらない。

(それでも私がやらなくちゃ!)

「サンダーピルム!」

「サンダーピルム!」

「サンダーピルム!」

「「「ぎゃあああああああ!!」」」

雷が3⼈のうごめく敵を襲った。

⼀瞬にして、彼らは気絶する。

私は子供達の元に駆け寄った。

「ラオン!」

彼の⼩さな体を抱きしめる。

彼のマスクを外して状態をチェックするべきか、それとも彼と⼀緒に去るべきかどうかを少し考えていると。

「うう・・・」

ラオンは微かな呻き声を出して⽬を開けた。

「ラ、ラオン!気がついた?」

「ペネロペ・・・」

他の⼦供たちには本当に申し訳ないが、私はラオンだけを連れて行こうと考えている。

そう考えて立ち上がった瞬間。

「後ろ!」

ラオンの声を聞いて、突然不気味な感覚が私を襲う。

背を向けたときは⼿遅れだと感じた。

気が付く前に、後ろから⿊いローブが近づいてくる。

鋭い輝きのあるものが私に振り下ろされたとき、私は永遠の時間が訪れたように感じた。

呪⽂を叫んだとしても避けるには遅すぎることはわかっていた。

「ピラティオ」

⼩さな囁きが私の腕の中から聞こえる。

私の⽬は⽩く点滅した。

 



 

ゲームの設定上とはいえ、ヴィンターもこんな危険な街に二人を置き去りにしてはダメでしょ・・・。

ペネロペに魔力がないとはいえ、システムを利用すれば魔法を使えるのですね。

ラオンもとりあえず無事ですが、彼の最後に放った呪文はテレポート。

行き先はどこに繋がっているのでしょうか?

悪役のエンディングは死のみ【125話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は125話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...