悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【125話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は125をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

125話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【124話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は124話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 代替魔法

もう⼀度⽬を開けると、⽬の前はまったく違う場所だった。

スラム街に戻ってきている。

さっきまで抱きしめていたラオンと、近づいてきたナイフは消えていた。

「これは・・・」

混乱したまま周囲を見回す。

思い出したのは、ラオンが誘拐犯の刃に当たる直前に呪⽂を囁いたということだ。

トラタンに来たとき、路地で叫んだ呪⽂と同じ。

決定的な瞬間で、ラオンは呪⽂を発動して、私を安全な場所に移動させたのだ。

立ち上がって崖の端まで⾛る。

それはビーチを⾒るため。

しかし、遠くて視界が暗かったのでよく⾒えない。

その瞬間、私は遠くから⻘い火花を見た。

それが誘拐犯の仕業なのは明らか。

「ラオン!」

私にはシステムが提供する唯一の呪文しか使えない。

「サンダーピル・・・」

「危険です、お嬢様」

 



 

その時だった。

誰かの腕が私を崖の端の近くに⽴つのを妨げる。

鋭く頭を向けた。

紫⾊のゲージバーが最初に⾒える。

その後、お馴染みの白ウサギの仮面が。

「やっと・・・」

どこに⾏ってたの!?

彼を⾒たとき、熱い感情が込み上げてくる。

しかし、私は⻭を強く噛み、それを押し下げた。

今は重要ではない。

「ラオンが、ラオンが誘拐されました」

息を切らして、現在の状況を伝える。

少し前にラオンが姿を消したことを知ったとき、ヴィンターの好感度が急落するのではないかと⼼配していた。

けれど、今はそんな事を心配する時間すら勿体ない。

崖の向こう側に指を向ける。

「すぐに⽌めなければなりません。ラオンを、ここ、そこ、そこ、そこ、そこ、そこの誘拐犯を!」

「落ち着いて、お嬢様」

しかし、ヴィンターは奇妙なことに落ち着いていた。

好感度のゲージバーも点滅していない。

「怪我はありませんか?」

「私は元気です。さあ、早くラオンを・・・!」

「大丈夫です」

「え?」

「もう遅い時間です。あなたを家まで送ります」

ヴィンターが何を言っているのか分からない。

その時だった。

<システム>

[⼦供が誘拐されました!]

「もう大丈夫ですから」

「ラオンが誘拐されたのですよ!?」

「こういった状況に備えて、これまでに何十回も訓練してきました」

彼は私を突き放す。

「私たちはたくさんの安全装置を備えているので、⼼配するほど危険なことは起こりません」

つまり、私は心配しなくてもいいと?

⽪⾁なことに、線を引く⾔葉が耳に届く。

私は冷たい表情で彼を⾒つめる。

「これは最初からあなたの意図していたことですか?あなたは⼦供を餌として使って、私がどう行動するかをテストしたのでしょうか?」

「いいえ、そうではありません、お嬢様」

「じゃあ、どういう事ですか?偶然と考えて、家に帰って、契約がなかったふりをするべきなのでしょうか?それがあなたが望むものですか?」

「・・・」

私の攻撃的な質問に対する答えはなかった。

かなり⻑い沈黙の後、ヴィンターはやがてため息をつく。

「この状況についてお嬢様に聞きたいのですが」

「・・・」

「どのように代替魔法を使⽤したのですか?」

今回無⾔になるのは私の方。

「稲妻の魔法は攻撃的な魔法であり、扱いが難しく、破壊的であるため、魔法使いでさえうまく使⽤できません」

「・・・」

「しかし、あなたは今、間違いなく敵を攻撃していた」

それから彼は私に指を向ける。

鎖⾻の下には、ヴィンターがくれた魔法のネックレスが。

「⼒の性質に変化があります」

ネックレスに隠された別の機能。

「魔法の直後に⾊の変化はなかった。それはあなたがマナを持っていないことの証拠です」

「・・・」

「しかし、狩猟大会の前夜にあなたから魔法を感じました。おかしくありませんか?」

誰かが私の頭の後ろをハンマーで叩いているような気がする。

システムによる動きをおかしいと思っている人がいるなんて想像もしていなかった。

その上、マナと魔法の違いは何?

再び頭を上げる。

ヴィンターの顔は仮面で覆われていたので、彼の表情を見ることはできない。

「ボランティア活動は⾔い訳です」

確かに、このエピソードは、デートではなかった。

「私はお嬢様がレイラ国と関係があるかどうかをテストしようとしていました」

「私は疑われていたのね・・・」

ヴィンターが慌てて説明を追加する。

「魔法を使える⼦供たちは毎⽉彼らに誘拐されています。いとも簡単に・・・」

彼は言い訳のように話し続ける。

「怒らせてしまって申し訳ありません、お嬢様」

それ以上の⾔い訳なしに、彼は私に頭を下げて謝罪した。

私はただ唖然としていた。

ヴィンターに腹を⽴てることできない。

異常に気づいた彼にとって、それは合理的な疑いだったから。

「私を信頼してくれたと思ったのですが、そうではなかったのですね・・・」

落胆した笑顔を浮かべる。

その瞬間、彼の両目は浅く震えていた。

「それで、どうなのでしょうか?私の疑いは晴れたのですか?」

「お嬢様が魔法をどのように使うのかはまだ分かっていません」

「私も知らないわ」

冷たく答える。

「頭の中に浮かんできただけよ。浮かんできた言葉を口にしただけ」

「・・・」

「あなたが信じなくても、私は気にしないわ」

「信じます」

ヴィンターは、ハッキリと言った。

「少なくとも、あなたが⼦供たちを傷つける⼈ではないことを私は知っていますから」

黙ったままでいる私を見て、彼は話を続ける。

「あなたをここから連れ出さなければなりません。これ以上の遅延は、ラオンからの信号を「遮断」される可能性がありますから」

その瞬間だった。

 



 

<システム>

[〜メインクエスト:迷⼦になった⼦供たちの⾏⽅〜]

[2番⽬。ラオンと魔法使い]

[クエストを進めますか?]

(報酬:ヴィンターの好感度+5%、+50の名声)

(ペナルティ:拒否した場合、ヴィンターの好感度ー10%)

[はい/いいえ]

再び、クレイジーなシステムウィンドウが開いた。

初めて⾒る「ペナルティ」に⽬を見開く。

(もう嫌!このクソゲーム!)

⼦供たちの誘拐という不幸な状況を除けば、私はもうヴィンターと⼀緒にいたくはない。

しかし、ー10%は痛すぎる。

どうしよう?

<システム>

[メインクエストは5秒で⾃動的に受け⼊れられます]

しかし、クソシステムは私に⼼配する機会さえ与えない。

涙目で呟いた。

「一緒に行きます」

聞こえないくらいの小さな声だったにもかかわらず、ヴィンターは驚きの表情で振り返ってきた。

「何を言っているのですか?」

「⼦供たちを探しに、⼀緒に⾏きましょう」

「お嬢様」

冷たい声で呼ばれる。

しかし、メインクエストはすでに始まっているのだ。

「この気分のまま家に帰れば、寝ることもできません」

「・・・」

「私に責任を負わせたくないのであれば、連れていってください」

「・・・」

「あなたは最初から私を引き込むべきではなかったわ」

冷たく反論すると、ヴィンターは⾔葉を失った。

「彼らの基地に⾏きます。どれだけ集まっているのか、どれほど危険なのかは分かりません」

「大丈夫よ」

実際、まったく⼤丈夫ではないのだが。

「緊急の場合、魔法の呪⽂が再び頭に浮かぶでしょう」

多分・・・。

「一人よりも二人の方が良いのでは?」

「・・・」

「時間がないのでは?」

ヴィンターは、やがてしぶしぶ⼿を伸ばした。

⼿を握ると、⽬の前に再びメッセージが現れる。

<システム>

[メインクエストはソレイルに⾏ってください]

鋭い光に⽬を閉じて再び開く。

「ここはどこですか?」

トラタンでないのは確実だろう。

「アルキナ諸島の近くにあるソレイユと呼ばれる⼩さな島です」

「島?」

「ここからラオンの信号が届いているのです」

ヴィンターは海から向きを変え、⼿で⼀箇所を指さす。

頭を向けると、私はすぐに眉をひそめた。

ビーチからそう遠くない⼤きな崖の下にあると思われる恐ろしい洞窟を見て。

 



 

まさかシステムに異変を感じていたとは予想外でした。

狩猟大会のときから、ヴィンターはペネロペを疑っていたのですね。

しかし、これまでの彼の優しい言葉がすべて嘘だとは思えません。

ヴィンターも心の中では、ペネロペを信じていたかったのかもしれません・・・。

ここからは洞窟の中に潜入しますが、ペネロペはまだ魔法を使うことができるのでしょうか?

悪役のエンディングは死のみ【126話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は126話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...