悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【126話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は126をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

126話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【125話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は125話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 地下への洞窟

入りたくはないけれど、先に進まなければいけない。

「早く入りましょう」

「ちょっと待ってください、お嬢様」

ヴィンターの声で私は立ち止まる。

「これを履いてください」

彼は突然、私の前で靴を脱いだ。

自分が裸足だったことに気づく。

ヴィンターの大きな靴を見て、すぐに断った。

「結構です。すでに汚れていますから、気にしません」

「洞窟の底に鋭い⽯があるかもしれません」

「けれど、あなたの靴は大き過ぎろので、歩くと脱げてしまうでしょう。それに、私が履いたら、あなたはどうするのですか?」

「着⽤者の⾜のサイズに合わせて調整される魔法がかかっています。私は、⾜に強壮剤を塗っているので問題ありません」

他の理由を言って断ろうとするが・・・。

「私と⼀緒に洞窟に⼊りたいのなら、靴を履いてください」

「・・・分かったわ」

しぶしぶ彼がくれた靴を履いた。

ヴィンターの言った通り、靴は私の足のサイズに合わせて徐々に縮んでいく。

ふと彼の姿を観察する。

ウサギの仮面、ローブ、裸足。

ここが首都で、誰かに見つかれば、彼は狂人と思われるだろう。

しかし、そんな事を言えば、彼は本気で私を追い返すと感じたため、黙って多くことにする。

「行きましょう」

私たちは洞窟に入った。

 



 

洞窟は通常の洞窟ではなく、地下に⾏くための階段があった。

ヴィンターは杖を取り出し、小さな光を呼び出す。

「滑りやすいので注意してください」

彼の後に続いて、私は注意深く続いた。

海底に繋がっているのかは分からないが、洞窟の天井から冷たくて塩辛い水滴が落ちてくる。

「時間がないので、この後の計画を説明してください」

ヴィンターは私をちらっと⾒返した。

彼の⽬が⼀瞬恥ずかしさで赤く染まる。

「この後の計画はありません」

「え?」

「レイラ国の残党の基地を発見するためのラオンの誘拐は、私たちが⻑い間計画していたことです」

「・・・」

「しかし、私は彼らが今⽇現れて他のすべての⼦供たちも一緒に誘拐するとは予想していなかったのです」

ヴィンターは少し躊躇した後、口を開く。

「私にも余裕がありませんでした、お嬢様」

「どういう意味ですか?」

「彼らはどこからともなく現れました。そして、あなたが彼らを救おうとするために魔法を使ってくれた」

「・・・」

「あなたが彼らの⽬的とは何の関係もないことを確認できましたが、あなたをここに連れてきたことを後悔しています」

私は⽬を⼤きく開いてヴィンターを⾒上げる。

「あなたが殺されそうになった瞬間、私の脳裏には、あなたを元の場所に帰すことだけでしたから」

彼は頭を向けて私と目を合わせる。

「あなたの事が理解できない」

「あなたに理解されたいと思っていないわ」

「お嬢様。私も自分自身の気持ちが理解できていません」

ヴィンターのいつも澄んでいる⽬は真っ赤だった。

執拗にすべてを疑って、あらゆる⾯を警戒して、彼は少し疲れているようだ。

彼の⾔葉に深いため息をつく。

「なぜレイラ国の残党が子供たちを誘拐しているのですか?」

⾃分の気持ちを脇に置き、当⾯の問題に集中することに。

「彼らは魔法を使うために、⼦供のマナを使用するのです」

「あなたは彼らには魔法適正がないと⾔いました。それなのに、彼らはどのように魔法を使っているのですか?」

「今の残党はレイラ国の追随者であり、レイラ国の⼒を持っている⼈は誰もいません。彼らは魔法使いを追い払うためにマナを盗んでいる」

「マナを盗んでいる?」

「お嬢様がマナを変換して魔法を唱えた方法です」

私は眉をひそめた。

「彼らの目的は⼀体何なのですか?この世界からすべての魔法使いを追い払おうとしているの?」

「その通りです。彼らはレイラを復活させようとしている」

「復活?どうやって架空の神を復活させるの?」

無神論者として、彼らの議論は根拠のないものに過ぎないと感じた。

しかし、ヴィンターは「レイラは神ではない」と重いため息をつく。

「じゃあ何なのですか?」

「魔法の⼒を持つ古代の⼈々です」

「古代?」

「魔法使いがマナを媒体として魔法を使うなら、彼らは彼らの⼈⽣を使い果たして、同じような⼒を持っています」

「・・・」

「しかし、彼らは⾃分たちの命を焼き尽くすことを嫌っていたので、彼らは他の⼈々の命を利用したのです。彼らがこの⼒を蓄積して世界を掌握するために建てたのがヴァルタです」

「ヴァルタは魔法使いによって設⽴されたと聞きました・・・」

私は混乱した顔で呟く。

カリストとヴィンターの話が違っている。

「レイラが古代の魔法使いによって封印された瞬間、歴史は彼らの呪いによって変容しました」

「呪い?」

「記憶の改竄です。魔法使いが世界を支配するのを阻止したという記憶は消え去り、呪いのため、魔法使いの子孫は追放されたのです」

新たな情報に驚きを隠せない。

もしこれが本当なら、ヴィンターを含む魔法使いは困難な戦いを強いられているのではないだろうか?

(ハードモードには常にこのような洗練された設定が存在するの?)

 



 

その時だった。

階段を下りると、深くて暗い洞窟の⼩道が続いている。

完全に暗い階段よりもはるかに明るいが、それ以上に危険で不吉な感じがした。

最初に動いたのはヴィンター。

「お嬢様、彼らの計画は必ず阻止しなければいけない」

嘆願するかのように必死な声だ。

「レイラが復活するとどうなりますか?」

「世界の終わりが来るでしょう」

その瞬間。

突然、洞窟にぶら下がっていたすべての明かりが消えた。

「どうしたの?明かりは?」

私はヴィンターがいた場所に旋回する。

しかし、1インチ先を⾒ることもできない。

暗闇に向かって⼿を伸ばす。

指先に届くと、それは冷たくでこぼこした壁であり、ヴィンターの腕ではなかった。

「ヴィ・・・」

怖くなる。

「ヴィンター?」

私はパニックになり、彼の本来の正体を明かしていることにさえ気づいていなかった。

「ヴィンター!」

暗闇の中で⾒回した瞬間。

地面が明るくなる。

ネックレス・・・。

ヴィンターが私のために掛けてくれたネックレスから明るい⻩⾊の輝きが出ている。

『明るくなるほど危険ですので、すぐにその場を離れてください』

ネックレスについて説明していた彼の声が私の頭をよぎる。

「お嬢様!」

岩の向こうから微かな声が聞こえてくる。

「ヴィンター・・・?ヴィンター!」

「⼤丈夫ですか?」

「どこにいるの!?」

「私は閉じ込められていると思います。彼らは洞窟の構造を2倍にした」

ヴィンターの声はとても遠い。

私は壁にしがみついて、壁に全⼒で⽿を傾ける。

「じ、じゃあ・・・、まっすぐ進めばいい?」

「・・・」

突然、ヴィンターの声が聞こえなくなる。

「ね、ねえ!」

しばらくすると、彼の声は悪い知らせとともに再び聞こえた。

「お嬢様、悪魔がやってきました。そちらの状況は?」

「ここはまだ⼤丈夫で・・・」

「クルルル」

突然、⽿を刺すような異⾳が聞こえてくる。

闇の彼⽅からグロテスクな⾳が聞こえた。

その場で私は凍りつく。

「お嬢様?」

「クルルル」

ヴィンターの焦っている声が聞こえる。

同時に、⾳が以前よりも近くで鳴り響いた。

「悪魔がこっちにもいるわ・・・」

その瞬間、⽬の前に突然の光が。

<システム>

[突然のクエストが発生しました!

[興奮した悪魔の群れが登場!]

[魔法の呪⽂を暗唱し、[マエムル]を倒して[ラオン]を探しに⾏きませんか?]

(報酬:[??]好感度+5%、ラオンの所在)

[はい/いいえ]

 



 

ヴィンターも自分の感情が理解できていないようです。

ペネロペが襲われそうになった瞬間、彼も焦っていたのでしょう。

そして、レイラと魔法使いの関係は間違っている可能性大です・・・m(_ _)m

ヴィンターと分断されたペネロペですが、彼女はこのクエストを受けるのでしょうか?

悪役のエンディングは死のみ【127話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は127話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...