悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【139話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は139をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

139話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【138話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は138話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 皇太子からの贈り物

ビックリして呼吸が止まった。

蝋⼈形だと思っていたイクリスが、こんなにはっきりと気持ちを見せてきたのだから。

彼の歪んだ顔は怒っているようにも見える。

濃い⾚色の好感度ゲージがちらつく。

「ご主人様は、私に⼀緒に出かけるように頼みました」

「イクリス」

「なんでいつも・・・」

不平を⾔っていたイクリスが突然⼝を閉じる。

しかし、彼は私のスカートの裾の端を手放さなかった。

⼿放すどころか、握り締められた拳には⻘筋が見られる。

(・・・どうすれば彼をなだめることができるの?)

彼の頭と彼の⼿を交互に⾒た瞬間だった。

「あなたは今何をしている?」

執事長が厳しい声で叱責する。

「お嬢様があなたの友達だと思っているのですか?」

「・・・」

「主人を助けるどころか、邪魔をしているのが分からないのですか?」

「やめて、執事長」

私は急いで執事長に声をかけて、彼を⽌める。

しかし執事長は後退せず、恐ろしい顔でイクリスを睨みつけていた。

(このままだとヤバい!)

執事長のカリスマ性に初めて驚いたと同時に、イクリスからの好感度も不安に満ちいていた。

「イクリス、宮殿から使者が来たの」

私と執事長の話が聞こえていたかどうか分からないが、出来るだけ優しい声で話しかける。

しかし、イクリスは頭を上げない。

彼の⼿に自分の手を重ねて、そっと囁く。

「そんなに動揺しないで、トレーニングを続けてください、イクリス」

「・・・」

「戻ってきたら出かけませんか?」

イクリスは最後まで答えなかった。

そして私が微笑むと、彼はしぶしぶ⾸を横に振る。

しかし、彼の⼿には力がなかったので、私は彼の⼿を簡単に⼿放すことが出来ずにいた。

好意度が下がるのではないかと⼼配になり、今すぐにもチェックしたかった。

けれど。

「お嬢様」

執事長の声を聞いて、私は衝動に耐えて、⼿を離す。

イクリスは頭を下げたまま。

しかし、訓練場の外に出て、振り返ると、頭の後ろに視線を感じた。

まだ彼が私を気にしていると分かって嬉しくなる。

 



 

林道を歩いて屋敷に向かう。

後ろを歩いていた執事長が、躊躇いがちに声をかけてきた。

「お嬢様」

「何か⾔いたいことがあれば、⾔ってちょうだい」

「では僭越ながら。お嬢様、劣等⽣の世話をし過ぎないでください」

「・・・」

「彼をあまり⾃由にさせないでください。彼は何度も⼀線を越えてきました。あなたが彼の要求をすべて受け入れるのであれば、終わりはありません」

執事長の申告は、出会った当初の雰囲気とは違う。

主⼈に仕える僕の誠実な忠誠⼼を感じることができた。

「考えてくれてありがとう、執事長」

私は頭をうなずき、穏やかに彼に感謝する。

彼の⾔ったことはすべて理に叶っている。

だが。

「しかし、これからは、私の許可なしに、イクリスに忠告しないでください」

歩くのをやめて振り返った。

「これは命令よ」

執事長の⽬は、私の冷たい視線の中でかすかに大きくなる。

確かにイクリスは自由に動きすぎているが、私にはそれを放置することしか出来ない。

(96%)

今更、彼の傲慢な態度に腹を⽴てるには遅すぎたのだから。

 



 

屋敷に着いて応接室に向かうと、見覚えのある人物が座っていた。

「こんにちは、お姫様」

「お久しぶりです、セドリック様」

彼は、カリストの唯一の補佐官。

私がソファに向かい合って座ると、エミリーがすぐに軽⾷を準備する。

「今⽇はお姫様を訪ね他のは・・・」

熱いお茶を⼀⼝飲んだセドリックが、すぐに本題に入る。

「待って。執事長、エミリー」

私は⽚⼿を上げる。

「二人ともここから出ていきなさい」

私がこっそり抜け出しことは誰も知らない。

しかし、「ソレイユ」や「レイラ国の残党」に関連する言葉がセドリックの⼝から⾶び出したとしたら、それは大惨事になるだろう。

しかし、セドリックは私の命令に激しく⾸を横に振った。

「ああ、いや!そんなことをする必要はありません。本当に⼤丈夫ですから」

「・・・え?今日はどんな用件で来られたのですか?」

疑問に思って尋ねる。

彼は苦笑いを浮かべて、頬を軽く掻いていた。

「数日後に開催される皇太⼦殿下の誕⽣⽇のことですが?」

「誕生日?」

聞いたことがないかのように、もう一度尋ねる。

「はい」

(けれど、どうして私にそれを?)

「殿下はお姫様に宴会⽤のドレスを送りました」

「え?」

馴染みのない⾔葉を聞いて、もう⼀度確認する。

「ドレスですか??」

「はい!⾒てみませんか?」

「いいえ、結構で・・・」

断る暇もなく、セドリックは彼が連れてきた使用人にウインクした。

2⼈の使⽤⼈のそれぞれが箱を持っている。

そのうちの1⼈が⼤きな箱を持って歩き、それをテーブルに置く。

セドリックは慎重に箱の蓋を開けた。

「ご覧ください、お姫様」

「わあ!すごい!」

感嘆の言葉がエミリーの口から出る。

彼女は⽬を輝かせ、上半⾝をテーブルに向けて曲げた。

「とても美しいです!ドレスが輝いています!まるで魔法のような!」

「これはナイトロフンエルフの翼を素材にして作られています。」

「ええ!?それらのエルフは⼈差し指の妖精と呼ばれていませんか?彼らの⼩さな
翼でドレスを作ったのですね!」

セドリックの誇らしげな説明に、エミリーは賞賛の言葉を吐き続けた。

彼らが何を言っているのか分からないので、何も言わずに箱を見つめる。

折りたたまれたドレスは黒色のように見える。

しかし、⾒れば⾒るほど、かすかに⻘くなり、徐々に濃い⻘が布の端全体に広がっていた。

まるで穏やかな夜の海のように。

「面白いわね・・・」

セドリックは私が興味を持ったことを知り、使用人にドレス全体を見せるように指示をする。

「素晴らしいです!」

そして、エミリーは再び感嘆の声を上げた。

シンプルな上部とは異なり、下部には夜空に見える星や銀河が刺繍されており、シルバーとゴールドの宝石が輝きを放っている。

「これは、ピニーニ山のブルーダイヤモンドです」

「ピニーニ⼭!」

今度は、執事長が息を呑む。

セドリックが銀⾊の輝きを指差しながら説明した。

「これらの刺繡はすべて純⾦です。実際、デザイナーはダイヤモンドだけでドレスを仕上げたかったのですが、殿下はゴールドが好きだと⾔ったので、帝国所有の鉱⼭の純⾦を追加しました」

セドリックは、銀の輝きの間に交差する細い⾦⾊の刺繡を指さす。

エミリーと執事長はとても興奮していた。

「ああ、神様!神様!」

「皇居が所有する鉱⼭・・・!」

「これで終わりではありませんよ」

セドリックは残りの使用人を⼿招きする。

使⽤⼈が⼩さい⾦の箱を持ってきた。

セドリックは遅滞なく箱の蓋を開ける。

「こ、これは・・・!」

執事長は明らかにされた贈り物に⽬を見開く。

「これはポピンダイヤモンドの真珠と、ミシシッピアカメの甲羅です」

最初に⽬に⼊ったのは、500カラットの真珠。

そして、その周りには5⾊のライトで輝く何⼗ものダイヤモンドが⽷のように配置されていた。

⼤きい⽅はネックレス、⼩さい⽅はイヤリング。

⽬が眩むほどに輝くアクセサリーを見て、私は⾔葉を失った。

それは私だけではない。

エミリーも執事長も、唖然とした表情を浮かべていた。

「ポピンダイヤモンドはとても有名なので、よく知っています」

セドリックは、私たちの反応に⾮常に満⾜しているかのように、⼤喜びで説明を付け加えた。

「もちろん、これも⾮常に貴重で難しいことですが、ミシシッピアカメの甲羅の真珠は何年もの間皇后が求められてきたものです。これは伝説の宝⽯のようなものですから」

「・・・」

「皇后がこれを⼿に⼊れる直前に、殿下が横から奪ったのです。あんな殿下は初めて見ま・・・。あはは!とにかく、それだけの価値があるのです!お姫様、あなたにぴったりの宝石だと思っております」

「・・・えっと」

セドリックは私の顔色が優れないことに気付いたのだろうか。

「お姫様、気に入りませんでしたか?」

「い、いいえ。とても美しいですし、私が好きなデザインです。しかし、分からないのです・・・」

「・・・何がでしょうか?」

「なぜ殿下は私にこれらを与えるのですか?むしろ、これらの宝石は誕⽣⽇を祝われる皇太⼦殿下に贈るものなのでは?」

「は、はい?」

私が理解できないという表情を浮かべると、セドリックは目にみえて動揺した。

彼は⻑い間躊躇し、注意深く⼝を開く。

「お姫様は今回の誕⽣⽇パーティーで、殿下のパートナーになることに決めたのですよね?」

「は、はい!?」

 



 

今回の執事長の行動は間違っていませんよね。

イクリスを嫌っているわけではなく、一人の家臣として忠告したわけですから。

イクリスのペネロペへの執着が、脱出するための依存なのか、ご主人様に対しての依存なのかは分かりませんね・・・。

そしてペネロペの誕生日イベントの前に、カリストの誕生日イベントが発生しました!

いつの間にかパートナーにされていますが、ペネロペは引き受けるのでしょうか?

というか・・・、ここまでされたら断れませんよね(笑)

悪役のエンディングは死のみ【140話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は140話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...