悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【142話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は142をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

142話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【141話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は141話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ダンスのお相手は?

(いいえよ!いいえ!)

もう⼀度[いいえ]を何度も連打する。

カリストに見つかりたくないから、控えめな服を着ているのだ。

有名人の彼らと踊れば、私の努力は無駄になるだろう。

(それに、どうして私の方から誘う必要が?)

ノーマルモードだと、好感度の最も高い男性キャラからダンスの誘いが来るのに。

公爵とデリックは、すでに彼らの知り合いの元に向かっている。

レナルドも同じだと思っていたのだが・・・。

「なあ!どこへ⾏くんだ!?」

「あなたが知る必要はないわ」

冷たい態度でそう答え、人のいない角に移動する。

陛下が来てお祝いのスピーチをするまで、私はこの場所をキープするつもりだった。

それまで私を追いかけていたレナルドは、腕を組みながら、私から数歩離れたところに⽴っていた。

「どうして私についてくるの?」

唖然とした表情で彼に尋ねる。

「別に後をつけてない。俺が来た場所に、お前がいるだけだ」

幼稚な答えに呆れて、私は背を向けた。

「おい、どこへ行くんだよ!」

「私の勝手でしょ。あなたのいない場所に行くわ」

いつシステムが再び表示されるか分からない。

何度も[いいえ]を押すのも面倒なので、攻略キャラから離れるのが最善策だろう。

「俺がどこかに行ってもいいのかよ?」

その言葉に引っかかり、私はレナルドの方を向く。

光のせいだろうか、彼の顔は赤く見えた。

「勝手な女だな。この前は行くなって言ったくせに」

そう言って、レナルドは去っていく。

⼾惑いながら彼の背中を⾒ていると、頭の中で⼀瞬の光景が浮かび上がった。

『あなたは行かなければいけないの?私と一緒にいて___』

『馬鹿じゃないのか!?』

狩猟大会の前夜の会話。

カリストがいつ登場するのか分からなかったので、盾が一つずつ消えていくのが怖くて吐いた言葉。

レナルドがその時のことを覚えていたことに、私は驚いた。

考えてみれば、彼の好感度も確認しておきたい。

「レナルドが戻ってきたら踊ってもらおうかな・・・。彼の好感度も気になるし・・・」

自分自身に言い訳するかのように、そう呟いた。

 



 

無意識のうちに頭を向けると、再び⻘い瞳と⽬が合った。

(どうして?隠れやすい場所に移動したのに、どうやって見つけたの?)

視界に入らないような場所を選んだはず。

(おかしくなりそう・・・)

ヴィンターが私の方に歩き始めたとき。

「ここで何をしている?」

⿊いスーツを着た誰かによって、彼の進行通路は防がれた。

それはデリックの仕業。

<システム>

[予期しないクエストが発⽣しました!]

[この燃える夜に、あなたと踊りましょう!]

[[ダンス行動]を[デリック]に適⽤しますか?]

(報酬:デリックの5%の好感度、50の名声)

[はい/いいえ]

(はぁ・・・。もう見慣れたわ)

⽬が合うとすぐに、頭に浮かぶクエストウィンドウにため息を出そうになる。

「私はただ⽴っているだけです」

同時に、なぜデリックが⽬の前にいるのか⼾惑った。

私のような冷⾎貴族とは異なり、彼は常に⼈々に囲まれているのに。

困惑の表情で彼を見つめていると、⾳楽がゆっくりとしたロマンチックなテンポに変化する。

「ペネロペ、私と踊ってくれませんか?」

デリックの⼝から信じられない言葉が飛び出す。

「私と⼀緒にですか?」

「ええ」

なぜ・・・?

反射的に「なぜ?」と尋ねそうになる。

けれど、このまま断り続けるよりもクエストを受けた方が良いと考えたのだ。

私はそう決⼼し、ゆっくりと⼿を差し伸べる。

 



 

[はい]を押す直前。

「申し訳ありません」

突然、腰が強く引っ張られた。

無防備に⽴っていた私は、無⼒なまま誰かの腕に引きずり込まれる。

「お姫様と踊るのは私ですので」

そして、シャンデリアの光に映る⾦⾊の髪が⽬の前でキラキラと⽻ばたいた。

<システム>

[[カリスト]の好感度を確認しますか?]

[200万ゴールド/ 200名声]

しばらくの間、私は目の前の光景に目を奪われていた。

横から氷のような声がして我に返る。

「皇太⼦殿下、何をしているのですか?」

デリックの冷たい瞳は、私の腰周りのカリストの腕に。

「仕事の関係で少し遅れて到着しましたが、中々あなたを見つけることが出来ませんでした」

「・・・」

「ここに隠れていてくれたのですね、私のために」

「皇太子殿下、私はあなたが何をしているのか尋ねました」

周囲の温度が⼀瞬で冷たくなる。

「その⼿を放してください」

「放す?どうして?」

カリストは、デリックの警告にもかかわらず、不思議そうに頭を傾けた。

「あなた方は兄妹なのですから、いつでも踊ることができます。今⽇は私に譲ってください」

「申し訳ありませんが、それは出来ません」

デリックは、命令のように話すカリストの言葉を拒否した。

「私は最近の仕事で忙しくて、妹と交流出来ていませんので。ペネロペは、これ以上殿下に失礼なことを出来ません」

「公女は私のパートナーです、小公爵」

「パートナーの腕を外そうとしている女性を見たことがありませんが?」

「私は補佐官を通して丁寧に尋ねました、そして公女はそれを受け⼊れました」

「・・・」

デリックははしばらく黙っていた後、私を⾒て尋ねた。

「本当ですか?」

「お姫様・・・。あなたが拒否した場合、私はソレイユを⼀掃した帝国の英雄について⼤声で叫びますよ」

カリストが私の耳元に囁く。

それは私にだけ聞こえる声で。

(脅迫のつもり?)

もうウンザリだった。

「お兄様」

心の中で涙を浮かべて、デリックに声をかける。

「殿下からのダンスのお誘いを光栄に思います」

パートナーを認めるようなことは何も⾔いたくない。

「ペネロペ・エカルト」

デリックはこれまでと同じように表情を固くし、すぐに振り返った。

ホッとしたのと同時に、デリックに対して「ごめんなさい」と感じる。

「小公爵があのような表情を見せるのは初めてなのでは?」

卑劣な声に頭を向けると、カリストが笑っていた。

「私がいつ殿下のパートナーになると言ったのですか?」

「・・・違うのですか?」

「私はもう行きます。誰か他の人を誘ってください」

イライラして向きを変えた瞬間。

「公女」

カリストは珍しく焦った表情で、私を抱きしめた。

「あなたは怒っているのですか?」

 



 

レナルドのツンデレが最高です!

彼にもっと活躍の場面を!

デリックからダンスを申し込んでくるのは嬉しいですね♪

結局カリストに奪われましたが(汗)

珍しく焦っているカリストですが、ペネロペに嫌われたと思っているのでしょうか?

悪役のエンディングは死のみ【143話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は143話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...