悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【148話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は148をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

148話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【147話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は147話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 好感度ゲージの色

⼿のひらに伝わるくすぐったい感覚で、私は少しの間、呼吸の仕⽅を忘れてしまう。

これまで何度もイクリスと連絡を取り合ってきた。

しかし、彼が私への感情をこれほど公然と示したことはあっただろうか?

(いいえ、なかったわ)

会いにきて欲しいと言われたことはあるけれど、ただそれだけ。

驚いた⽬で彼を⾒つめながら、私はゆっくりとため息をつく。

突然の出来事だが、驚くようなことじゃない。

(今の彼の好感度は96%なのだから)

頬に視線が突き刺さる。

視線を上げると、盲目の表情で私を見ているイクリスと目が合った。

背筋にゾッとするような感覚が流れる。

感情を表に出さないようにして、ぎこちなく笑みを浮かべる。

「あなたは今私を責めているの?そうだとしたら、それは失礼な行為よ、イクリス」

「・・・」

「あなたにとって重要なのは、私の不幸や気分ではないわ」

「じゃあ?」

「あなたが今しなければならないことに焦点を合わせなさい」

「私は何をしなければならないのですか?」

「あなたが⾔うように、あなたは私の唯⼀の騎⼠です。あなたは誰よりも強く、私を守らなければなりません」

「・・・」

「私にとってはあなただけよ、イクリス」

その瞬間、彼の盲目の表情が姿を消したような錯覚に陥った。

イクリスはゆっくりと腕を上げ、私の⼿を頬にかぶせる。

⼿の甲に彼の熱が感じられた。

私は彼に全⼒で命令を下す。

無意識に必死な声で。

「私のそばにいて」

私がこの世界を脱出するまで。

「亡命については考えないで、ただじっとしなさい。あなたは私のために出来ますよね?」

「・・・」

「ね?」

イクリスは私の促しに囁く。

「ご主人様が何を考えているのか分かりません」

「・・・」

「しかし、私はあなたがもうあなたを悩ませている⼈々について悲しんでほしくない」

「大丈夫よ」

「私はあなたが本当に⼤丈夫であることを何度も確認します」

彼が私への関心をまだ失っていないことに安心する。

<システム>

[[1,400万ゴールド]を引いて[イクリス]の好感度を確認します]

(残りの資⾦:28,000,000ゴールド)

「残りの資⾦」が減少しているのが怖かった。

【好感度98%】

「イクリス」

2%。

(ようやく)

「他に何か⾔いたいことはある?」

イクリスは少し躊躇った後、馴染みのある確かな声で⾔った。

「私はそれを実現させますご主人様」

それは私が望んでいた答えではない。

忍び寄る失望と緊張をなんとか封じ込めた。

(まだ100%じゃないからよね?)

成⼈式まで約⼀週間。

もう少し頑張れば、残りの2%と彼が私を愛しているという告⽩を勝ち取ることが出来るでしょう。

 



 

翌⽇、公爵は私が予期せず病気になったという私の⾔い訳を受け⼊れてくれた。

「ペネロペ」は頻繁に行っていたようだ。

とても心配はされたが・・・。

あの日からずっとイクリスを探している。

しかし、残りの2%の好意度を上げることが難しい。

贈り物を渡したり、舌に蜂蜜を置いて、楽しい言葉を囁いたりもした。

それにもかかわらず、彼は暗い目で私を見つめるだけ。

さらに、毎⽇の授業が私たちの会話を中断させる。

『今⽇は授業をスキップして⼀緒に遊びませんか?』

ある⽇、私は決⼼して、⽢い声でイクリスに懇願した。

しかし、今のイクリスの優先は剣術の方に向いているようだった。

そんな調子で彼を訪ねていると、ようやく【好感度99%】に。

残り6日間。

不安は止まらない。

「イクリスが100%の好意を持っているとしても、どうすれば彼に「私はあなたを愛している」と⾔わせることができるのだろうか?」

頭を抱えて、深い苦悩に陥る。

ノーマルモードだと、これについて⼼配する必要はなかった。

時が来たとき、自然と告⽩ルートに入るのだから。

100%に満たされていない場合でも、⽩いゲージバーが濃いピンクに変わると、告⽩する準備ができたことを⽰す。

「そうよ。考えてみると、そういうものがあったわ」

好感度を上げることに夢中だったので、その設定を忘れていた。

「好感度ゲージバーの⾊・・・」

告⽩ルートが進むにつれて、ノーマルモードの好意度ゲージバーの⾊が⼀時的に変化していた。

今経験しているハードモードのようではないが・・・。

しかし今、イクリスルートは終わろうとしている。

彼の頭に浮かぶ色は「暗い⾚」だ。

「もしかして、暗い⾚は帝国への復讐による死を意味するのではありませんよね?」

私は⾸を横に振って、「ない、ない!」と叫んだ。

もしそうなら、99%の好感度の説明が出来ない。

「残り1%はどうやって上げるの?あの狂⼈のように唇を押し込む必要が?」

知らず知らずのうちに唇を噛み、頭を唸らせていた時だった。

 



 

コンコン。

「お嬢様、ペンネルです」

執事長の訪問で私は我に返る。

夕食後のかなり遅い訪問に少し驚いた。

「入って」

私が彼を⼊れるとすぐにドアが開き、執事長が中に⼊る。

丁寧に挨拶した後、すぐに訪問の理由を明かした。

「お嬢様、旦那様が明⽇の朝⼀緒に朝⾷をとるように私に⾔いました」

「朝食?」

「はい。旦那様は、貴族の会合のために最近遅いので、⼣⾷は難しいのでしょう」

「なるほど。もちろん行くわ。早く起きて準備をするようにメイドに伝えておいてちょうだい」

「かしこまりました」

「じゃあ___」

「ああ、それと、皇居からの⼿紙が届きました」

不⽤意に本のページをめくろうとしていた⼿が止まる。

「宴会の招待状?」

「いいえ。今回、殿下は皇太⼦宮殿で働いている使⽤⼈を通して送られてきました」

「燃やしてちょうだい」

何も考えずに答える。

「そして、私は体調が悪いから療養していると返答してください」

「・・・分かりました、お嬢様」

執事長は躊躇した後、そう答える。

彼は深くお辞儀をし、私の苛立ちに気づいたかのように部屋を出た。

 



 

本当にイクリスを攻略できるのか不安です・・・。

100%に到達した瞬間、彼はどのような行動を起こすのでしょうか?

全く想像できませんね。

カリストの手紙の内容も気になるけれど、ペネロペはイクリスに集中していますし・・・。

悪役のエンディングは死のみ【149話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は149話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...