悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【151話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は151をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

151話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【150話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は150話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 偶然の遭遇

「今からイクリスに会いに行くわ」

お金が入金されたと聞いて、私はベッドから⾶び降りた。

私の⼼にはかすかな希望がある。

彼の好感度を確認した後、すぐに「愛してる」と告⽩させなければ。

急いで外に出ようとした瞬間。

「お嬢様、少しお待ちください」

執事長が困った表情で私の道を塞ぐ。

「彼らをお嬢様に紹介させてください」

「え?誰のこと?」

執事長はゆっくりと動いた。

「⼊ってきてください」

そして、まだ開いていた部屋に、鎧を着た⼀流の騎⼠が2⼈⼊ってくる。

「彼らはあなたに割り当てられた新しい護衛です、お嬢様。フィリップ卿とエド卿です」

「こんにちは、お嬢様。はじめまして」

「お嬢様、よろしくお願いします」

「フィリップ卿とエド卿は旦那様専属の護衛騎士でもあり、彼らの剣術は最も熟練しています。そして___」

「執事長」

二人の騎士の丁寧な挨拶を無視して、冷静な声で執事に話しかける。

「どういうことかしら?」

「旦那様が・・・」

執事長は一瞬躊躇したあと、なんとか口を開く。

「現在、イクリスを含む部外者と連絡をとらないように命じられています」

「え?」

突然私の視界はぼやけて、暗闇が私を満たしていくような思いになる。

かろうじて落ち着いていた怒りの炎が喉元まで上がった。

⻭を⾷いしばって、返事をする。

「どうして私を?」

「イクリスの尋問が完了するまで、お嬢様の安全を保ちたいからです」

「安全?」

「はい」

「これは投獄や監視と言うのでは?」

意図していないが、私の口は捻れるように笑みを浮かべている。

本物の悪女のような笑顔を浮かべる私と、彼らは目を合わせることができなかった。

「・・・それは絶対に違います、お嬢様。そんなことはあり得ません」

「それなら、なぜ私は自分の護衛にさえ会えないの?」

「・・・小公爵様が個人的に・・・、プリボーに向かいました」

執事長の⾔葉に⽬を⼤きく開いた。

プリボーは、イクリスの教師が住んでいる村の名前。

「どうして?」

「今⽇来たゲスト、つまりイヴォン様は数日前に怪物に襲われたと聞いたそうで」

「それは___」

怪物のせいではないと言いかけるが、なんとか言葉を飲み込む。

イヴォンが邪悪な宗教団のリーダーかどうか、今は問題ではないから。

「そう」

私は冷静さを保とうとし、執事長に続けるように促した。

「そして、プリボーにいた奴隷が負傷したゲストのお世話をしたそうです。しかし、その奴隷たちは全員がデルマン出身で」

(執事長はすでに知っていたはずでは?)

奴隷が働く農場は、村からかなり離れた遠隔地にある。

そして、私は執事長に秘密裏に彼らにハーブを届けるように頼んだのだ。

それは執事長と私の間の暗黙の秘密。

「そして、彼らが出会ったのはその時です」

彼らとは、イクリスとイヴォンのことだろう。

(最悪・・・)

呪いの言葉を飲み込み、⾎が染み出るところまで下唇を噛んだ。

(怪物が現れたと聞いたとき、どうしてもっと真剣に考えなかったの?)

ひどい後悔を感じたが、すでに起きた出来事。

当時、私は96%近くの好感度に⽬が眩んでいたのでしょう。

(もしかして、ハードモードはヴィンター以外の男性がイヴォンを連れてくる可能性があるということ?)

突然頭に浮かんだ質問に頭を傾ける。

「あなたたちはここから離れてください」

執事長が二人の騎士を部屋から追い出す。

彼らが去った後、執事長は真剣な表情を浮かべた。

「デルマンの奴隷たちが集まって逃げようとしているという情報を受け取りました、お嬢様」

⽬を⼤きく開く。

それは私がしばらく前にイクリスから聞いたもの。

「ですから、小公爵様は捕らえに向かったのです」

「待って。それはあの娘が話したこと?」

「いいえ、これらはすべて、尋問中にイクリスの⼝から出てきた話です、お嬢様」

「え?」

「イクリスに与えるためにお嬢様が私に打ち明けたハーブは、彼らの脱出源であると話したそうです」

「・・・」

「彼は、怪物の突然の出現によって仲間が傷つけられたのを⾒て、彼は彼らに寛⼤な⼿を差し伸べることに決めたらしいです」

「それで?」

「お嬢様の好意が歪められていることを知った後、イクリスは彼らを思いとどまらせようとしていて、⻑い間⼀⼈で彼らを抑えようと苦しんでいました。その間に、彼は宣⾔された「王⼥」に出会い___」

「はっ!」

執事長は私の冷たい笑いで⼝を閉じた。

なぜか漠然とした考えがある。

(私が⾏きたくないと⾔ったから)

イクリスの本当の姿。

彼はこれまで本当の⾃⼰を隠し、忠実な⽝を模倣していた。

好感度が急激に⾼まったので、私に対する彼の賞賛に変化があると思っていたが、それは私の勘違い。

彼は自分自身の安全を選んだだけ。

公国に留まるか、仲間の同胞が帝国から抜け出すのを⼿伝うか。

そして彼は選んだ。

彼は村の⼈々を犠牲にして、イヴォンを引きずり、この場所に固執することを。

そして、彼は私ができなかった彼自身の地位を上げるチャンスを掴み取ったのだ。

彼の傑作に最後の輝きを加えるために、彼は敗北した国の奴隷と⼀緒に逃げるのではないかという疑いを避けなければならなかった。

そのために、彼は巧みに私を絡み合わせたのだろう。

強烈な気持ちを抑えて聞いてみた。

「お父様は?」

「旦那様は真実を確認するために、小公爵様を村へ送りました」

「尋問は?」

「まだ進⾏中です」

「それで、お兄様が戻って尋問が終わるまで、私はお父様にもイクリスにも会えないということ?」

執事長は何も答えなかった。

それは暗黙の断言。

私は深くため息をつき、⼿を振る。

「出ていって」

「その・・・、何か必要なことがあれば、遠慮なく私に連絡してください」

執事長は私を⾒て、部屋を出る前に丁寧にお辞儀をした。

そんな対応も、イヴォンが公爵のテストに合格すれば消えるだろう。

 



 

⼀⽇考えた後、翌朝早く部屋を出る。

じっとしていると、憎悪の⽕が全⾝を燃やしてしまうから。

「どちらへ?」

しかし、ドアを開けるとすぐに護衛騎士に止められた。

「そこをどいて」

「お嬢様の安全を保つために、どこへ行くのかを聞く必要があります」

「自分の家を移動することもできないの?」

神経質に答えた後、私は敏感になりすぎて⽬的地を明らかにするのに苦労したことを認めた。

「温室の中を散歩するだけよ」

「でしたら、私たちはあなたについていきます」

「いいえ、私について来ないでください」

「ですが、公爵様が・・・」

「あなたがここから⼀歩でも進んだら、あなたが私を侮辱し、虐待したと叫ぶつもりよ」

「お、お嬢様!?」

彼らの表情が凍りつく。

「あなた達はただの護衛です。私を追いかけたり、私を⾒守ったりする必要はありません」

「ですが・・・」

「⼤騒ぎしないで。すぐに戻ってくるから!」

彼らは私が幽霊のように部屋から出て⾏くのを見ることしかできない。

廊下を歩いていると、すれ違う人々がみんな変な⽬で私を⾒ているような感覚に。

⽬的地に着く前から疲れ果ててしまう。

突然、恐ろしい考えが頭に浮かんだ。

(もし私がこのクソゲームから抜け出せなかったら?)

死ぬまでこの退屈な仕事をしなければならないのではないかと考えた。

目の前が暗くなる。

 



 

⾃分の部屋で⽴ち往⽣したときよりもずっと気分が良くなる。

歩き続けるうちに、昨夜の思いや計画をゆったりと考えることができた。

「しかし、地下と言うと、それは邸宅の地下にあるのかしら?」

突然、私はイクリスがどこに閉じ込められているのか疑問に思う。

屋敷の地下室は、重罪を犯した犯罪者を拷問するために使われているそうだ。

しかし、邸宅の近くにもう1つの場所がある。

「イクリスは⾒習いなので、彼はそこにいるでしょう」

決⼼した後、迷路への林道に向かった。

そこに⾏ったからといって、すぐに彼に会えるとは思っていない。

しかし、じっと⽴っていると頭がおかしくなるので、⾜が先導して信号を脳に送っていた。

森の⼩道をどれくらい歩いただろうか?

向こう側から歩いている⼈は誰もいない。

その瞬間。

「ああ!こんにちは、お姫様」

それは厄介だったが、それでも彼⼥は私を「お姫様」と呼んで、無害で無垢で純粋で友好的な笑顔で私に挨拶した。

同時に、ノーマルモードでペネロペに最初に挨拶した時のことを思い出す。

彼女はイヴォンだった。

 



 

イクリスの真意がどこまで本気か分かりませんね・・・。

ペネロペの考えだと、イクリスはデルマンの奴隷を売って、イヴォンを公爵家に戻して自身の地位を向上させようと考えているそうですが。

イクリスの本心が知りたいですね。

しかし、その前にイヴォンとの接触が。

彼女はどうして森の中に?

もうテストは終わったのでしょうか?

悪役のエンディングは死のみ【152話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は152話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...