悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【154話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は154をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

154話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【153話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は153話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 自分を気にかけてくれる人

「ベッキーというメイドがいるのですが、彼女は私の故郷から来ました」

「・・・」

「幼い頃、⽕災事故で両親を亡くし、我が家に1年間住んでいました」

「それで?」

「親戚がいなかった孤児は、彼⼥の⾝元を保証できる⼈がいないので、本来であればメイドになることは出来ません」

「・・・」

「当時、私たちはあまり仲良くしていませんでしたが、両親は彼⼥が気に入っていて、公爵夫⼈に私と⼀緒にメイドになることを申し込んだときに彼⼥に「保証」を書きました」

躊躇しながら、エミリーは私に囁く。

「お嬢様が争うつもりであるならば、彼女を利用してください」

「本気?」

「もちろんです!」

「彼⼥があなたの代わりに私に取り入ろうとしたら?」

「そうならない様に、事前に準備をします」

エミリーの誠実な言葉に、私は思わず笑ってしまう。

「その言葉は悪役の典型的すぎるわよ、エミリー」

「私は本気なのです。そうでなければ、私は故郷の友⼈を売らないでしょう」

エミリーが深く悩んでいたのは本当のようだ。

私のためなのか、彼⼥の将来のためなのかは分からないけれど・・・。

それでも、エミリーの⾔葉は私を温めてくれた。

「分かったわ。⼼配してくれてありがとう」

 



 

「それで?あなたは私の計画に進んで従ってくれるの?」

「もちろんです」

結局のところ、私はノーマルモードで何が起こるかを知っている・・・。

(いいえ)

これまでのことを考えてみると、まずは、この⾃信過剰を取り除く必要があった。

イヴォンがノーマルモードと同じになるとはもう信じられないのだ。

(彼⼥のすべての動きを知る必要はないわ。尻尾が⻑すぎると、踏みにじられるだけなのだから)

「ベッキーに疑わしいことをしているときにだけ報告するように伝えてちょうだい」

「疑わしい?」

「ええ、例えば・・・」

ソレイユ島で⾒た⽩い服を着た⼥性を本能的に思い出す。

「彼⼥が何かに夢中になっているように⾒えたり、奇妙な振る舞いをしたりした場合よ」

私の言葉に、エミリーは決⼼した表情を浮かべる。

「私に任せてください」

率直に⾔って、⼤きな期待はしていない。

イヴォンが本当にレイラ⼀族のメンバーである場合、彼⼥はメイドが疑わしいと判明する前に愚かな⾏動をとることはないだろうから。

「では、⼣⾷を⾷べますか?」

エミリーは私の反応を⾒ながら注意深く尋ねた。

(今は、私が飢えたら私を世話してくれる⼈がいる)

未知の感情で渦巻くお腹を押し下げながら、軽く声を出す。

「エミリー」

「はい?」

「あなたは私のお世話をよくしてくれているわね」

私の言葉に、エミリーは驚いて、優しい笑顔で答えた。

「もちろんです、お嬢様。私はあなたのメイドなのですから」

「じゃあ、⼣⾷を持ってきてちょうだい」

「はい、お嬢様!すぐに戻ってきます!」

エミリーは部屋から急いで出る。

幸いなことに、この邸宅には、イヴォンの喧騒の後でも、ペネロペを気にかけている⼈がまだいるようだ。

 



 

朝⾷後の翌朝、執事長が公爵からのメッセージを持って私の部屋を訪れる。

「すぐに準備するので、外で待っていてちょうだい」

すぐに執事長を追って公爵の事務所に向かう。

「入ってくれ」

入室の許可を得て、執事長がドアを開けた。

公爵は葉巻を吸いながら、彼に関しては、彼の⼝の中に厚い葉巻を持って机に座っていた。

「お父様」

「来たな、ペネロペ」

彼は⼀晩中起きていて、疲れた顔と腫れぼったい⽬から物事を整理していることが⼀⽬で分かった。

公爵は⽴ち上がってソファに腰を下ろし、それから私を⾒つめ続ける。

メイドが⼊ってきて軽⾷を準備した後も、彼は相変わらず別の葉巻を取り出して⼀⾔も⾔わずにそれを燃やしていた。

雰囲気がどんどん息苦しくなる。

ようやく公爵は⼝を⼤きく開けて、葉巻を灰にした。

「ペネロペ」

「はい、お父様」

「あなたは私が知らない間に、彼に先⽣を与えるようにデリックに頼んだそうだな?」

「・・・」

「どうして事前に教えてくれなかった?」

実際、これはイヴォンがテストに合格することよりも私には⼤きな問題だ。

「お父様が反対するだろうと思って・・・」

「はぁ」

公爵は深いため息をつく。

「昨朝、あなたの兄弟はプリブーの港から逃げようとしていたデルマンの奴隷を逮捕し、彼らを皇居に引き渡した。間接的ではあるが、その事件にはお前も関与している」

(私がイクリスの言葉に同意したから)

「デルマンの奴隷は、あなたが彼らに与えたハーブを売ることによって逃げました。資⾦はまだ無傷ですが」

「・・・」

「皇居が最初に気づいて調査を進めていたら、あなただけでなく、エカルト家全体が運命づけられていたでしょう」

衝動的な⾏動に本気で後悔する。

当時、私の行動が悪夢に変わるとは想像もしていなかったのだから。

(でも、イクリスに⾦貨を渡さなくて良かった)

薬草の代わりにお⾦を渡していたらどうなっていたことか・・・。

「申し訳ありません、私は焦って⾏動しました。それは私の責任です」

「・・・」

「私はどんな罰も喜んで受け⼊れま___」

「執事長からすべてを聞いた」

公爵は突然私が話すのを⽌めた。

「お前は悪い⼼を持っていない。お前が彼に先⽣をどうして与えたか、ハーブをどうして与えたのか知っている」

「・・・」

「それらは全て、お前が優しいからだ」

ゆっくりと頭を上げて、困惑した⽬でぼんやりと公爵を⾒つめる。

公爵は私に腹を⽴てると思っていたのに。

「昨⽇、今⽇、驚かされ続けたのではないか?私はお前を⼼配していたので連絡をしただけだ。私はお前を問い詰めるつもりはない」

彼はとても疲れていたが、私の気分の僅かな変化を注意深く⾒守っている。

「ペネロペ」

「・・・はい」

「彼女・・・、イヴォンを、私はしばらくの間邸宅に⼊れることに決めた」

「彼⼥はすべてのテストに合格したのですか?」

「彼⼥は記憶を失っていたから全てではありませんが・・・」

公爵は躊躇して付け加えた。

「⺟親についてのすべての答えは正しかった」

「・・・なるほど」

既に全てを知っていたから、それほど驚きはしない。

唇を無理やり開けて答える。

「おめでとうございます、お父様」

「何?」

公爵の顔は荒廃したように⾒えた。

 



 

最初の出会いは最悪でしたが、エミリーの存在はペネロペにとって大切なものになりましたね♪

イヴォンは何か尻尾を見せるような行動をするのでしょうか?

そして、公爵がペネロペを気にかけてくれていることが嬉しいです!

けれど、最後のペネロペの発言で、公爵はどんな反応をするのでしょうか?

悪役のエンディングは死のみ【155話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は155話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...