悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【157話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は157をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

157話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【156話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は156話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • イクリスの真意

(もしかしてバレた!?)

心臓が呼び出しそうだった。

「・・・申し訳ありません、私のことでしょうか?」

ハスキーな少年の声を持っていたので、動揺する必要はない。

「あなたは邸宅の使用人のように⾒えますね。ここには何の用件で?」

「ええと・・・、私は投獄された奴隷の洗濯物を回収するために来ました」

事前に⽤意していた答えを冷静に答える。

「奴隷?誰の命令で?」

「公女様です」

「公女?」

その瞬間、デリックの⻘い瞳が拡張した。

「・・・ペネロペが。彼⼥があなたにそう言ったのですか?」

「い、いいえ。イヴォン・・・お嬢様がそう仰いました」

わざとイヴォンの名前を出して、私はデリックの反応を伺う。

「発言には注意してください」

⼀瞬考えがまとまらなくなったように見えたデリックが、突然激しく反論した。

「まだ確認されていないものを吐き出すのは簡単です。注意するように⾔われたはずです」

(先に尋ねたのはあなたの方なのに、どうしてあなたが怒っているのよ?)

反論したいけれど、私はすぐに頭を下げた。

「も・・・、申し訳ありません、小公爵様!訂正します!申し訳ありません!」

デリックは、傲慢に⽬を下に向けて、「あなたは新人ですか?」と尋ねる。

「は、はい!」

「・・・行きなさい」

デリックは舌打ちをしてから、私に許可を与える。

(もう最悪・・・)

 



 

「先ほど説明した通り、私は奴隷の世話をするために来ました」

「どうぞ」

警備兵は私とデリックの会話を聞いていたので、すんなりと道を開けてくれる。

建物に⼊るとすぐに、階段は廊下に通じていた。

まばらに点灯しているランプのある退屈な階段の終わりは独房に繋がっている。

地下には警備兵すらいなかった。

「⾒習いのはずなのに、扱いが酷いわね・・・」

確かに尋問は終わっておらず、イクリスを開放することはまだ難しいでしょう。

けれど、彼は「本物の公女」を連れてきた重要人物。

「まぁ、私には関係のない話だけれど」

周囲を⾒回しながら、袖をまくり上げてブレスレットを外す。

魔法が消えるのと同じくらい、燃えるような⾚い髪が私の肩に流れる。

ブレスレットをポケットに⼊れると、左⼿に残っていたのは大きなルビーの指輪だけ。

 



 

誰かが近づいてくる⾳にもかかわらず、隅で座り込んでいるイクリスは動かなかった。

⽬的地の前に⽴って、壁からランプを引き出す。

「こんにちは」

私の声が沈黙を破る。

微動だにしなかった体がビクッと跳ねて、イクリスの頭がゆっくりと上がる。

ランプの光に照らされた私の姿を見て、彼の目が大きく広がった。

「・・・ご主人様?」

そして、イクリスがその場から立ち上がり、一歩一歩私に向かって歩き始めた。

とても暗い地下室に閉じ込められていて、私は彼が不当に扱われていると思っていたが、⼿錠は付けられていなかった。

気が付く前に、彼は鉄格子から⼿を差し伸べ、私の頬に触れる。

「夢を見ているのでしょうか?」

その瞬間。

<システム>

[[イクリス]の好感度を確認しますか?]

[1,800万ゴールド/名声400]

このクソな状況が誰よりも夢だったらいいのにと思っている。

「・・・夢じゃないわ、イクリス」

ようやく目の前の状況が現実であることに気づき、デリックの瞳が激しく揺れる。

「ご主人様、どうやってここに入ったのですか?」

彼はまだ目の前の状況を信じられていないようだ。

「元気でしたか?」

「・・・ご主人様は?」

「私は平気よ」

かつては情熱的だった彼の⽬は沈黙していた。

「ニュースを聞きましたか?逃げようとしていたあなたの同胞はすべて捕らえられ、処刑されました」

「・・・」

「そのおかげで、農場に残っているデルマンは各地に散らばったそうよ」

イクリスは静かに頷いた。

「・・・私は3⽇間数え切れないほど考えたわ」

「・・・」

「なぜあなたは私にこんな行動をしたの?私があなたのためにやらなかったことはありましたか?それとも、私たちの地位がとても異なっていたから?」

視線がゆっくりと下がり、イクリスの⾸に触れる。

「・・・それとも、ある種のばかげた誤解があったのかしら?」

「ご主人様・・・」

チョーカーから視線を外して、頭を上げた。

「あなたはお⾦や称号が欲しくないと⾔いました。もしかして、それ以に・・・、私を憎んでいたの?」

「ご主人様」

「私みたいな小娘があなたを買ったから?あなたは公爵の本当の娘を連れ出すほどに、私を憎んでいたのですか?」

「そ、それは・・・」

イクリスはゆっくりと息を吸い込む。

「そうではありませんご主人様」

「・・・」

「信じてください」

「じゃあ、どうして私にこんなことをしたの、イクリス?」

なるべく優しく話そうと努めるが、無意識にトゲのある言葉に。

この強烈な感情を抑えるのは難しかった。

「あなたが私の家族との困難な状況に私を置いたので、私はもうあなたを助けることができません」

「・・・」

「あなたの新しい所有者は誰になるのかしら?」

「そんな事は起こりません」

イクリスが珍しく強調した声で答える。

「帝国は、告発者が同じデルマンの奴隷であることを知ったので、告発者を庶民と伝えるそうです」

「じゃあ、なぜ最初のお兄様の推薦を拒否したのですか?」

「そうすれば、間違いなくここに滞在できますから」

「・・・え?」

「もし私が称号のために⼩さな農⺠になるように頼んだとしたら、彼はその⾔い訳の下で私を邸宅から追い出していたでしょう。公爵家に報いる忠実な僕として働くのは嫌ですが、私があなたのそばにいることができるようにしました。私の主⼈、エカルト公爵夫⼈のそばに」

「・・・私のそばに」

イクリスの⾔葉を呟く。

「はい。私のご主⼈様の側に」

彼は答えを繰り返した。

同時に、私は爆笑する。

彼が何を⾔っているのか理解できなくて。

「あなたはずっと私のそばにいたわ。けれど、本当の公女の登場のおかげで、私は公爵に追いやられるでしょう」

「・・・」

「それでも、私のそばにいると?」

「それならば、公爵がご主人様に出ていくように⾔ったとき、私はご主人様に従い、ご主人様をサポートし___」

「ふざけないで!」

その瞬間、⾃分がやってきたことがすべて役に⽴たないことに気づいた。

「いつ私が頼みましたか?」

止めないといけないと分かっているのに、怒りの爆発に耐えられなかった。

「あなたは勝手に私のことを推測したわ!私が頼んでもいないのに!あなたは狂ったろくでなしよ!」

「今回は違います、ご主人様」

「・・・え?」

「それはあなたのためではありませんでした。これは私のためでした」

 



 

今回はちょっと分かりづらいかも・・・。

デリックはペネロペの正体に気づいていないようですが、イヴォンの名前を出すと過剰に反応しましたね。

イクリスの考えが読めない。

「自分のため」とはどういう事でしょうか?

悪役のエンディングは死のみ【158話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は158話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...