悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【167話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は167をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

167話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【166話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は166話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 出口のない迷宮

私はこの家族にとても慣れていたので、それについて考えさえしなかった。

(私が現実に戻ったらペネロペはどうなるの?)

ゲームがどれほど魔法のようであっても、死者は決して生き返らない。

それは家族の問題だったが、⾸の後ろに伝わった悪寒を振り払うのは難しい。

(ゲームの内容は?イヴォンはペネロペなしで彼らを攻略できるの?)

脳がうまく機能しない。

ここで最も重要なことは私の脱出のはず。

(私はどうなの?私は本当にこのゲームから抜け出すことができるの?)

出⼝のない迷宮の中にいるような気がした。

息が重くなる。

公爵は私が浅く喘ぐのに驚いたように⾒えた。

「口が滑ったな。ペネロペ、あまり気にしないでください」

しかし、激しく怒り狂った⼼は落ち着かない。

私が⻘ざめているのを⾒て、公爵は焦って尋ねる。

「ペネロペ、あなたは体調が悪いのか?医者に連絡しましょうか?」

「い、いいえ・・・。大丈夫です、お父様」

⾸を横に振った。

そして、いつものように息を⽌めて⼼を落ち着かせようと⼝を開く。

「お父様が知っていたことに少し驚いただけですので」

公爵は私の⾔い訳をしっかりとした表情で受け⼊れた。

彼は唇を苦労しながら開く。

「ペネロペ、私は・・・」

「・・・」

「私はとても未熟で醜い⽗親なので、お前との付き合い⽅がまだ分かりません」

息を⽌めて、黙ったまま彼を⾒つめた。

「お前が求めていたものをすべて与えて、以前のように接していれば⼤丈夫だと思っていた」

「・・・」

「それで上手くいくと思っていたのだ」

しかしそうではない、今彼はそれを理解した。

それは悲しい認識。

 



 

何も答えないままでいる私を見て、公爵が口を開く。

「イクリス・・・、彼がそんなにいいのか?」

突然の騒⾳に⽬を奪われる。

「お父様、何を言っているのですか?」

「彼はお前が心を開いた相手だろう?」

「・・・」

「しかし、彼はイヴォンを連れてきた。お前が傷つくのではないかと⼼配していた。だ
から私はお前と彼を会わせなかったのだ」

「・・・」

「でも、本当に彼を欲しいのであれば・・・。式典が終わったら、彼を護衛に戻そう。だから・・・、何でもいいから食事を取って欲しい」

暗い⽬で公爵を⾒つめる。

その⾔葉は3⽇前に⾔われるべきだった。

いいえ、実際、私がイクリスに会うことを許可されていたとしたら、何も変わっていなかったでしょう。

ゲージバーの⾊が濃い⾚だったので、私はすでにイクリスのルートに失敗したのだから。

「そうではありません、お父様」

ゆっくりと⾸を横に振った。

「あの⽇はとても驚きました。彼は私の危険を助けてくれただけの恩⼈であり、彼はそう言った意味のある⼈ではありません」

「分かっている。お前の言葉が真実とは思っていない」

公爵はそれをすぐには信じてくれない。

「お父様、イヴォンがイクリスを欲しいと言いました」

公爵は私の⾔葉に落ち着いて答える。

「彼⼥は当分の間同じ家に住まなければなりません、そしてお前たちは姉妹になる」

「私と彼⼥が姉妹であるという事実がすでに決まっているとは知りませんでした」

「ペネロペ」

3⽇前から公爵の態度が微妙に変わっていることには気づいていた。

(当時、あなたはイクリスをイヴォンに取り付ける途中だったはず)

私は公爵が実際にどちら側にいるのかを理解しようとしていた。

しかし突然、すべてが無意味に感じてしまう。

(今さら彼の信頼を手に入れる意味があるの?)

多くのチャンスを逃し、私は今、ハードモードの終わりに近づいている。

 



 

「公爵様」

久しぶりに彼を爵位で呼ぶ。

公爵の⻘い瞳孔が、久しぶりの奇妙な呼びかけで⼤きく拡張した。

「もうそんなに私を気にしないでください」

「ペネロペ」

「イヴォンの代わりに令嬢として公国に6年間滞在させてくれたことに、⼼からお礼を申し上げます。私は⾒て学びましたので、自分から出ていくことが美徳であることを知っています」

「お前は何について話している?「代わりに」とはどういう意味だ?」

「私のために公国全体が嘲笑の対象になることを望みません。私は静かに去りたいだけです」

「ふざけるな!」

動揺していた公爵が、一瞬で激怒する。

「なぜそんな結論になる?家のない未婚の⼥性でありながら、いったいどこへ⾏くつもりだ!」

「あなたの娘が帰ってきました」

「何を言って・・・」

公爵は深いため息をつき、額に触れる。

「何を⾔ってるんだ、ペネロペ。お前は私の娘でもある」

「まだ⼿遅れではありません、公爵様。成⼈式をキャンセルしてください」

「ペネロペ・エカルト!」

彼は再び叫んだ。

これは成⼈式を避けるための単なる言い訳ではない。

もう⼿遅れなのだ。

これは、帝国のすべての貴族、さらには他国の⼈々を呼んだ公爵へのアドバイス。

「他⼈の顔を失うことを⼼配しているなら、成人式をしばらく延期して、イヴォンの成⼈式を⼤々的に開催しましょう」

「外聞だけで成⼈式を推し進めているわけではない!」

激怒した公爵は黙った。

激しく私を⾒つめていた彼は、すぐに⽬をリラックスさせ、私の視線を避ける。

「・・・私はお前の⼀度限りの成⼈式を最⾼にしたかったのです」

その後すぐに、彼はそれをキャンセルできない理由を話した。

「お前の幸せのために、遅くなってしまったが許してほしい」

顔が再び歪むのを⽌めることができない。

「イヴォンのこともそうだ」

「・・・」

「死んだと思っていた娘が戻ってきて嬉しかったのは事実だ。彼女に構ってしまい、お前を放っておいたことは謝る」

「・・・」

「しかし、お前は私の娘、ペネロペでもあります。私がお前を公国に連れて来て以来、私は決してお前が自分の娘ではないと思ったことはない」

視界がぼやける。

「ペネロペ、私はまた何か間違ったことをしてしまったのか?」

公爵が疲れた声で話し続ける。

「イヴォンの存在を隠し、お前の成⼈式を他の誰よりも壮観にしたいのか?」

「公爵様」

「しかし、すでに到着しているゲストがいるのに、どうすればキャンセルができる?」

公爵は穏やかな声をしていたが、私の要求を断固として拒否していることは理解できる。

「それならば、成⼈式が終わってからイヴォンのことを発表しよう。だから、成人式を楽しんでほし___」

公爵の言葉が途中で止まる。

「・・・ペネロペ?」

⻘い⽬が徐々に⼤きくなった。

公爵は椅⼦から荒く⽴ち上がる。

「ど、どうした?何か気に障ったのか?」

落ち着きのない男が私に⼿を差し伸べた。

⽬の下に温かみが感じられる。

その時ようやく、私は⾃分の⽬が濡れていることに気づいた。

「⼈⽣で⼀度だけの幸せな⽇に、なぜ泣いているのですか?」

「・・・」

「すまない、それはすべて私のせいだ。だから泣かないでくれ」

涙の流れをどうするか分からなかった公爵は、ついに私を抱きしめ、慰めてくれた。

それほど悲しいことはないはずなのに、なぜ涙が流れているのか分からない。

彼はゲームの単なるキャラクター。

それにもかかわらず、ペネロペを無視し、所有直後に私を惨めなものにしたにもかかわらず。

この瞬間、彼が本当に⽗親のように感じた。

「お父様」

「ええ、何でも話してください」

さようなら。

私はついに公爵に自分が⾔うことができなかった挨拶を呟く。

『早朝、来て挨拶してもらえますか』

『挨拶?』

『ええ、あなたの未熟な⼩さな娘に別れを告げます』

これで公爵への別れが終わる。

 



 

クリアしたとしてもゲームから抜け出せる保証はありません。

ペネロペと公爵のやりとりは泣いてしまいます・・・。

別れを決意した直後に、公爵を本当の父親だと思ってしまうなんて。

悪役のエンディングは死のみ【168話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は168話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...