悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【168話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は168をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

168話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【167話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は167話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 成人式の会場へ

「お嬢様、時間です」

エミリーは、公爵が去った直後に私を迎えに来る。

「分かったわ」

思ったよりも自分が落ち着いていることに気づく。

成⼈式の会場は、前庭ではなく裏庭にある邸宅内の宴会場で飾られていた。

それは公爵の意志。

痛むお腹をもう⼀度押し下げた後、⼤きく開いた裏⼝を通り過ぎる。

式典の準備のために2⽇間⽴ち⼊り禁⽌だった場所は、煌めく会場に変化していた。

新しい⽩のカーテン、テント、花、クリスタル、そして豪華に装飾された表彰台とカラフルな⾦貨で刺繍された多数のテーブルを備えたさまざまな宝⽯。

どうやら、数⽇前までそこになかった巨⼤な噴⽔が真ん中で⽔を注いでいたようだ。

まるでそれを飾るように、珍しい華やかで⾊とりどりの花の⾬が空から降っている。

「あれは幻想ではありません。現実の魔法です、お嬢様」

エミリーが嬉しそうに囁く。

「今⽇のために、旦那様はたくさんの魔法使いを雇いました」

それを聞いたとき、公爵が成人式をキャンセルできないと強く主張した理由が少し分かった。

⼿を伸ばすと、ちょうど間に合うように、落ちてくる花びらが私の⼿のひらに落ち着く。

その瞬間、視界がぼやけるのを⽌めることができなかった。

切望された肌⾊の花びらは、エレンウィックローズ。

それを⾒つめていたとき。

突然、誰かが私の⼿を掴んだ。

「馬鹿みたいに突っ立って何してるんだ?」

⾒上げると、薄ピンクの髪が⾒えた。

「何か用?」

「お前を式典に連れて⾏くと⾔っている騎⼠は誰もいないんだろ?だから、お前は俺がいないと恥をかくことになる」

「あなたを必要としないわ。私は⼀⼈で⾏くことができる。そして、私はあなたにしばらく私と話をしないように⾔ったはず」

冷たく告げて、彼の手を弾く。

「お、おい!」

レナルドは慌てて私の⼿を取り戻した。

「⾏かせてよ、聞こえなかったの?」

「お前が⼀⼈で⾏くと、エカルト家がどう思われるか分からないのか?お前には2⼈の兄がいて、俺たちのどちらかがお前を護衛し___」

「何が言いたいのか分からないわよ」

気にせず腕を捻ると、レナルドが急いで叫んだ。

「⽗さんが!お前が困らないように⾯倒を⾒るように⾔ったんだ!おい、そこのメイド!そうだよな?」

怯えて、エミリーは激しくうなずいた。

「は、はい、お嬢様!私も聞いております!小公爵様ががあなたを式典に連れて⾏くと・・・」

「ほら!メイドもそう言っている!」

それは誰が聞いても明らかな嘘。

レナルドと話したくはないが、このまま言い争っていると皆の注⽬を集めるでしょう。

私が何も⾔わずにいると、私には護衛がいないと考えて、彼はすぐに私についてきた。

紳⼠のようなレナルドの⼿を握ってレッドカーペットを踏むと、馴染みのある囁きが聞こえてくる。

「彼女が公爵の最愛の娘であり、彼が諦めた⼦供ではないことは事実であるに違いありません。彼⼥は本当に家の名前を象徴しています」

「まあ、彼⼥はずっと悪女だったのに・・・」

「この飾りは何だ・・・?こんな豪華な会場は見たことがない」

⽬の前で光が点滅した。

<システム>

[あなたは周りの⼈々との関係が改善されたことで+100の評判があります]

(合計:460)

ハードモードの最終⽇、評判が上がるという知らせを冷静に⾒つめる。

レナルドは私たちの⼿を⾼く上げて、私たちの良好な関係を疑う余分な⼈々がいるかどうかを確認した。

何度も紆余曲折を経て、ようやく今⽇の⾃分の場所にたどり着く。

彼は任務を完了したはずなのに、私の側を離れない。

 



 

「・・・まだ怒っているのか?」

「いいえ」

⾔葉が終わる前に私はすぐに答えた。

「聞いているふりをして答えているだけだろ?」

「聞いているわよ」

「お前は間違いなく動揺してる。はあ・・・」

それを無視しようとしたが、嫌な⾔葉や⾏為が私の⽬に留まり続けている。

「なぜ私が動揺していると思うの?私はまったく気にしていないわ」

「お前の話し⽅が、叫び始める前のと同じだから」

「ご期待に添えられず申し訳ございませんが、そのような感情を込めて時間を無駄にしたくありません」

「子供みたいに拗ねるなよ。頬が膨らんでんぞ」

レナルドが突然私の頬をつまんでくる。

私はその⼿を叩き、驚いて叫んだ。

「馬鹿じゃないの!?」

「ほら!やっぱり怒ってるじゃないか」

「はあ・・・」

セレモニーは始まらなかったが、もう⼀⽇が終わったような気がする。

メンタルヘルスのため、これからも彼を徹底的に無視しようと決⼼した瞬間。

「・・・悪かった、お前を誤解していた」

馴染みのない言葉を聞いたかのように振り返った。

しかし、今回は、レナルドが私の方を向いていない。

「わざとじゃないんだ。お前も知ってるだろ?俺が時々、口が悪いことを」

彼がそれを知っていたのは本当に驚きだった。

レナルドは⽂字通り怒り狂って私を苦しめていた。

彼はすぐに眉をひそめ、呟く。

「実は、あの時のことを考えると、なぜやったのか分からないんだ。直前に変な夢を⾒たからかもしれない」

「夢?どんな夢?」

「前の晩に同じ夢を⾒た。お前が彼女を虐めている夢を・・・」

レナルドは頭を傾け、すぐに元の話題に戻る。

「とにかく、いつものように振る舞えよ?そうじゃないと、また変な夢を見てしまう」

イヴォンが公爵だけでなくレナルドも洗脳しようとしたことが明らかになる。

震える⼿を抑えて⼝を開けた。

「あなたは彼⼥を気の毒に思わないの?」

「はあ?」

「彼⼥は私の成⼈式のために隠され続けることになっています」

レナルドは肩をすくめて私に答えた。

「何を言ってんだよ?まだはっきりしていない。父さんが彼⼥が本物であるかどうか分かっていないのだから、お前が悲しむ必要はない」

洗脳の影響から解放されたレナルドの姿は、イヴォンのことをあまり気にしていないようだった。

私の思考は、レナルドによる奇妙な⾏為で終わりを告げる。

突然、彼はかがんで私を引っ張った。

表彰台に引き伸ばされた布から何かが見える。

「ここで受け取れ」

彼がくれたのはかなり⼤きな⽊箱。

「何これ?」

レナルドは私に箱を押し付けてきて、迷うことなく蓋を開ける。

箱の中を⾒て、私はゆっくりと⽬を⼤きく開く。

藁の⼭の上に4つの⽑⽪のようなボールの塊が集まって横たわっていたのだ。

そして睡眠中なのか、寝息が聞こえる。

「これは・・・」

彼らはうさぎの⾚ちゃんだった。

⽩、灰⾊、⿊、そして最後のうさぎは、スカイブルーの⽑⽪に緑の点がある。

「お前が俺に⼿放すように⾔ったウサギで、彼らの⾚ちゃんを詰め込んでもらった。すでに3歳だ」

「ああ・・・」

完全に忘れていた。

大会が終わった後、レナルドはしつこく聞いてきたんだった。

「お前が望む種類の獲物はいるか?」と。

愚かな⾳を⽴てたとき、レナルドは激しく眉をひそめる。

「・・・まさか忘れていたのか?」

忘れていただけでなく、彼がうさぎの世話をしていたことすら知らなかった。

欲求不満の表情で、レナルドは箱の中にいたうさぎの一匹を指さす。

「これは俺からの贈り物だ」

スカイブルーの⽑⽪に緑⾊の点が付いたユニークなウサギ。

「南部で緑のウサギを⾼額で購⼊し、スカイブルーのウサギと付き合わせたが、⽬のような⾊の⼩さなウサギが出てこなかった」

(絵の具なの?混ぜると⾊が濃くなるとか?)

「えっと・・・、これを渡したくて一緒にいたの?」

私は唖然とし、もう⼀度尋ねた。

すると、レナルドは怒り狂って叫んだ。

まるで⼼臓を刺されたかのように、彼の顔は真っ赤になっている。

「目の色は似てないけど、ターコイズのように見えるだろ!何か不満でもあるのか!?」

それから、ウサギが⽬を覚ます場合に備えて箱の中を⾒て、レナルドは慎重に蓋を閉めた。

「彼らの世話をしてください。お前が今から彼らの母親だ」

「⺟親は?どこにいるの?」

「彼らは弱いか両親が亡くなったために⾒捨てられた。俺が彼らを⼿放すと、彼らは餓死するでしょう」

待機していたエミリーに連絡して、箱を差し出した。

悲しいことに、私は彼らの世話をすることについてのレナルドの言葉を守ることができない。

しかし、デリックが贈り物としてくれた珍しい濃いピンクの⿃のように、私は冷たく断ることができなかった。

遅ればせながら⼩さな声で囁く。

「贈り物をありがとう、お兄様」

私の⾔葉で、レナルドは明るく笑い、彼の安堵を明らかにした。

「お誕⽣⽇おめでとう、ペネロペ」

淡いピンクの好感度のゲージバーが彼の頭上で輝いている。

「俺は⽗さんを連れてくるので、しばらく⼀⼈でいてください」

家族の⼀員として、レナルドはこのイベントで忙しかった。

 



 

突然頬が痛くなる。

無意識のうちに、私は誰かと顔を合わせた。

ヴィンター・ヴェルダンディ。

久しぶりの素顔のかっこよさが気になった。

守られた⻘い瞳は、私が彼の秘密の空間に潜⼊していた初期の頃に私を戻らせたように錯覚させる。

これで⼗分ですか?

私は彼の冷たい視線に静かに耐えた。

それは良い情報なので、彼はすでに知っているのでしょう。

イヴォンが公国に戻り、邸宅のどこかにいることを。

ヴィンターはもともと彼⼥に熱⼼だったので、成⼈式の⽇にイヴォンを連れてきたのだ。

私に釘付けにされていた彼の冷たい視線が滑り落ちる。

彼は私の顔ではなく、ドレスを⾒つめていた。

(失敗した)

公爵との会話でネックレスを外すのを忘れていたのだ。

それは私には似合わなかった完全に昔ながらのアクセサリー。

(私にどうして欲しいの?今すぐ外して欲しいの?)

もちろん、何も起こりません。

私は⾃分のボトルを部屋に置いてきたのだから。

突然、⽚⽅が暗くなる。

「公女」

 



 

レナルドの贈り物が最高です!

彼はペネロペの瞳に似せたウサギを贈りたかったのですね。

レナルドの現在の好感度も気になります。

ヴィンターの思惑は未だに不明のまま。

彼はイヴォンのことをどこまで把握しているのでしょうか?

そして、最後に現れたのは誰?

悪役のエンディングは死のみ【169話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は169話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...