悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【169話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は169をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

169話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【168話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は168話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 最終確認

馴染みのある声にゆっくりと頭を上げる。

太陽のような⾦髪の男が私の⿐の前に冷たく⽴っていた。

「・・・殿下」

私は彼に来ないように⾔ったが、⾚いマントを身にまとい⾃信を持って現れたカリストについては、何も言っても無⼒に思えた。

「私は帝国の⼩さな太陽に挨拶します」

少し頭を下げる。

挨拶に答えなかったカリストが、ようやく⼝を開いた。

「頭を上げなさい」

その発⾔で私は顔を上げて彼と向き合う。

「美しいですね」

「・・・え」

少ししてから彼の言葉を理解する。

カリストが来ないと思ったから着たドレスだから、プレゼントをくれた⼈がここに現れて恥ずかしくなった。

私は彼と目を合わせることができず、何をすべきか分からなかったにもかかわらず、カリストは躊躇うことなく口を開く。

「私が⾃分で想像した以上の美しさですね」

「・・・」

「お姫様が美しくて、全員があなたを⾒つめていたようです」

彼は無表情な顔で私を⾒て、率直に⾔った。

私は落ち着いてカリストからの贈り物と賞賛を受け⼊れることに。

「過分な褒め言葉をどう受け止めていいか分かりません」

「私は冗談を言っていません、お姫様」

彼は頭を少し私に向けて曲げ、低い声で囁く。

「あなたを見つめる男たちの目を抉りたいと思うくらいですから」

残忍な冗談に眉をひそめた。

「式典が終わるまで隠れていてください、お姫様」

「それが今⽇の主⼈公に言う台詞ですか?」

その時だけ、カリストは激しく硬直した表情を緩め、ため息をついて微笑んだ。

「私からのプレゼントはどうでしたか?」

「はい、プレゼントがたくさんあるので、全部使えるかどうか分かりません・・・。ですが、ありがとうございます、殿下」

「私があなたのために特別にそれらを選んだので、あまりプレッシャーを感じないでください」

執事長が数⽇前にメッセージを届けたとき、それはただの誇張だと思っていたけれど、カリストの口から直接告げられた。

私は彼の傲慢な表情に呆然とした。

すると突然、カリストの視線が私の胸の下部に落ちる。

「それは前回のソレイユのものではなかったのですか?」

「え?」

彼の視線に続いて、私が頭を下げると、私がちょうど⼼配していた古代の魔法のネックレスを⾒つけた。

「ええと・・・」

「それは奇妙ですね」

⾔い換えれば、カリストはそのネックレスがドレスと⼀致しなかったとコメントしたのだ。

「本当に驚かされます、お姫様。帝国の王⼦である私をこのような屈辱的な状況に置くなんて」

彼は不快な声で付け加えた。

私は彼の不快感を完全に理解し、優しく答える。

「これはヴィンスからの贈り物です」

「ヴィンス?それは誰ですか?」

「私を助けてくれた他国の魔法使いです。仮面を被った・・・」

「ああ、素足の悪霊ですね」

カリストが故意に忘れたかどうかにかかわらず、彼が覚えていたのは悪霊と素⾜だけ。

後ろにいる悪霊の裸⾜の男を少し気の毒に思って、ぎこちなく笑った。

「そのネックレスは何ですか?」

突然、カリストが⽬を少し開いて尋ねる。

「このネックレスは、着⽤者の命を守る効果があるそうです」

「どうやって?」

「周りに危険があると真ん中の宝⽯の⾊が変わるらしくて・・・」

正確には、毒性や魔法による⾃然の変化を検出することなのだが。

「お姫様は私にそれと似たような贈り物をくれましたよね」

その時だけ、カリストは納得していないかのように執拗に、そして⽪⾁を込めて尋ねることをやめた。

「似たような贈り物」とは何か気になったが、質問するのではなく、急いでネックレスを外すことに。

「着けていてください」

しかし、私が銀の鎖を掴んだ瞬間、カリストが私の行動を⽌めた。

「どうしてでしょうか?」

「このような⽇には、あらゆる種類の男が這い寄ってくるに違いありません。何が起きるか分かりません」

「ですが、殿下は奇妙だと言いましたよね?」

「魔法の効果があるのなら、話は別です」

カリストは肩をすくめて答えた。

銀の鎖を握った⼿がそっと下ろされる。

そして、私たちの間に短い沈黙が。

 



 

最初から感じていたことがある。

⼆⽇前に別れた私たちが、⼆度と会えないかのように、こんなに自然な会話をしていたのは驚きだった。

(もう終わったのに・・・)

「殿下・・・」

ちらっと⾒回して、静かに⼝を開く。

「⼈々が私たちを⾒ています」

成⼈式を祝うために来た貴族に挨拶するために、時間はかなり遅かった。

少し前から、すでにたくさんの視線が向けられている。

「不思議なのです、お姫様」

会話を終えるためにそれを持ち出す直前に、カリストは突然私の言葉を断ち切った。

「明らかに昨⽇まで、あなたは私に意地悪だったので、私は怒っていました」

「・・・」

「ですから、今朝⾏くかどうか考え続けました」

カリストは自分自身を嘲笑うかのように笑顔を浮かべる。

「ですが、今⽇あなたに会った瞬間、あなたの髪の⽑に光が輝いていました」

「・・・・」

「私はその光から⽬を離すことができませんでした・・・」

彼は⼀時停⽌した。

私と⽬を合わせずに、⽬を下に向けてそっと呟く。

「明らかに⽇光のせいだと思ったのに」

「・・・」

「お姫様、私にはあなたしか見えていないのです」

彼は突然眉をひそめ、私を⾒つめる。

そしてゆっくりと私に手を差し出した。

カリストの指先が私の頭に触れ、私の髪を愛撫し、私の⽿の近くに触れる。

「ん・・・」

「不思議です・・・。明るい魔法をかけましたか?」

彼はそれが何が起こっているのか本当に知らないかのように頭を傾けた。

私の頭の花はティアラまたはイヤリング。

それが反射し、そのような彼の説明に収まるのに⼗分な光があるでしょう。

それにもかかわらず、カリストの言葉に、私は奇妙に感じた。

心臓がとても激しく鼓動して、私は我慢できなかった。

 



 

手が震える。

<システム>

[[カリスト]の好感度を確認しますか?]

[400万ゴールド/200名声]

(これが最後だから)

そんな合理化と震える⼿で【400万ゴールド】を選ぶ。

<システム>

[[400万ゴールド]を使い、[カリスト]の好感度を確認します]

(残りの資⾦:999,999,999+)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[好意度89%]

そうして初めて、ゆっくりと息を吐くことができた。

⾚い好感度のゲージバーの上にある光沢のある⼈物を⾒上げる。

前回感じた空虚さと失望は幻想のようだ。

カリストがまだ私を完全に賞賛していなかったという事実に、私は本当に安⼼した。

「⼤したことではありません、殿下。それはおそらくダイヤモンドのせいです」

泣かないように必死になって、なんとか唇を開いて笑顔を浮かべる。

「あなたが私にくれたダイヤモンドはとても価値があると思います、殿下」

「本当に?」

「はい」

「・・・そうですか」

カリストはうなずいて、静かに私の髪から⼿を離す。

離れていった彼の⼿は、まるでこの瞬間が永遠であるかのように感じられた。

私たちの⽬が出会った瞬間。

「皇太⼦殿下」

突然誰かの声が私たちの間に流れ込む。

頭を向けると、⽗親を迎えに⾏っていた公爵とレナルドが近づいてくるのが⾒えた。

「私は帝国の⼩さな太陽に挨拶します」

⽌まったように⾒えた時間が⼀気に過ぎていく。

「頭を上げなさい」

カリストは明確な命令を出す。

そして、無表情に彼らを⾒た後、彼は顔を固くし、社交用の激しい笑顔で微笑んだ。

「ああ、久しぶりですね、公爵」

「公務で多忙の最中にもかかわらず、私たちのパーティーに参加していただき光栄です」

「あなたは将来私を⼤いに助けてくれる⼤使です。もちろん参加させていただきますよ」

カリストが顎を誇らしげに上げて⾔った。

公爵の眉⽑が⼀度うごめく。

「本当はもう少しお話ししたいのですが、今から式典を始めなければならないことをお詫び申し上げます、殿下」

「ああ、確かに。公女の⼀度限りの儀式を遅らせることはできません」

カリストはすぐに私に頭を向け、さりげなく私を祝福した。

「お誕⽣⽇おめでとう、お姫様」

「ありがとうございます、殿下」

⽬を伏せて答えた。

すぐに彼は振り返り、指定された席に⼀歩踏み出す。

「さあ、式典を始めましょう」

公爵の厳しい声から始まり、ついに成⼈式が始まりを告げる。

 



 

残念ながらカリストの好感度は100%ではなかったですね・・・。

後少し猶予があれば展開も違ったかもしれません。

成人式がついに始まりますが、デリックの姿は?

悪役のエンディングは死のみ【170話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は170話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...