悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【172話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は172をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

172話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【171話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は171話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 動かない体

side デリック・エカルト

本物の娘が突然現れたにもかかわらず、彼⼥は落ち着いていた。

混沌とした雰囲気を避け、落ち着いて式典を進めるという⾏為は、他のどの貴族よりも優雅で威厳がある。

これは彼⼥のニックネーム「エカルトの狂った⽝」とはまったく合わなかった。

「ヒロインのために」

彼⼥がそれを魔法の呪⽂のように低い声で⾔った後、会場のすべての⼈々の時間はその瞬間に⽌まった。

そんな中、彼女はグラスを持ち上げて⼀気にワインを飲む。

「ごほ・・・」

それから彼⼥は血を吐いて、その場で倒れた。

⾚に近く濃いピンクの髪は、落ちていく花のようにゆっくりと色褪せていく。

私はどこで間違えたのだろうか。

彼⼥のすぐ隣に⽴っていたイヴォン、レナルド、そして父さんは、状況に気づかずに凍りついて⽴っていた。

崩れかけた⼥性の体はなんとかテーブルを握る。

「ごほ!」

しかし、もう⼀度、⼩さな体が⽻ばたき、より多くの⾎を吐き出す。

「きゃあああ!」

⼀歩後の叫び声で、式典は⼀瞬で混乱に陥る。

「ペネロ___」

唇を動かし、本能的に前に出た。

その時。

「ペネロペ・エカルト!」

誰かが私の体を強く押す。

よろめきながらバランスを崩して、⾦髪の⽻ばたきを⾒た瞬間、不思議に感じた。

後ろに座っていたはずの皇太⼦が⻯巻のように⾛っていたのだ。

一瞬で、彼は崩れ落ちていた彼女の体を抱きしめた。

そして同時に、⾚い液体が彼の⽩い制服に移る。

その時ようやく、私はペネロペが吐いたものが血であることに気づいた。

同時に、何か巨⼤なものが肩に重くのしかかり、体を動かすことができない。

⽬を開けて、皇太⼦の腕から垂れ下がっている暗⾚⾊の髪を⾒るだけだった。

 



 

「医者に連絡を!早く!」

ペネロペを腕に抱えて、カリストは震えていた。

雷鳴の声が、ようやく痺れていた雰囲気を解き明かす。

「お姫様、⽬を開けてください。ねえ?目を閉じないでください・・・。お願いします・・・」

カリストは⼿についた⾎を気にせず、ペネロペの頬を撫でて囁く。

遅れて気づいた公爵は、⻘⽩い顔で彼らに近づいた。

「・・・で、殿下」

「クソ!医者はいつ来る!?彼⼥が死にかけているのが見えないのか?」

公爵が話すとすぐに、カリストは怒りで爆発する。

まるで公爵が腕の中にいる⼥性を連れ去るかのように。

「わ、私は彼⼥の命を救うことができます!」

そして、誰かが慌てて叫んだ。

「・・・ヴェルダンディ侯爵」

群衆から現れたのは他ならぬヴィンター。

彼はすぐに無意識の王⼥を⻘⽩い顔⾊で抱いていたカリストに近づく。

「皇太⼦殿下、少しよろしいでしょうか?」

「何をするつもりだ?」

「緊急時に持ってきた解毒剤があります」

「ヴェルダンディ侯爵!誰かが公国で彼⼥を毒殺しようとしているのですか!?」

公爵は敏感に反応した。

これは、政治問題につながる可能性のあるデリケートな問題だったため。

状況に疑いを持って、明確な決定を下すのは時期尚早でしょう。

「それは・・・、私があえて答えるようなことではありません」

ヴィンターはカリストとペネロペを取り巻く⼈々をちらりと⾒た。

「私は彼⼥に応急処置をしたいだけです」

「信用できない」

カリストはヴィンターを見て、口を大きく開いた。

「仮にお姫様が毒を飲んだとしても、あなたが何を持っているのか、何をしようとしているのか分かりません」

「これは有効な解毒剤です」

ヴィンターは落ち着いて答える。

「公女様がどんな毒を飲んだのか正確には分からないので、完全に解毒するのは難しいでしょうが、ある程度中和として役⽴つでしょう」

「・・・」

カリストは、そのような死後の結論を聞いて、⽬を⼤きく開いて彼を睨みつけた。

ヴィンターが信頼できるかどうか疑っているようだ。

公爵はくすんだ表情で⾸を横に振る。

「殿下の言葉が正しい。ペネロペが毒殺されたかどうかは分からないが、医者を待つことが最善___」

「毒だと分かっているなら、それが何であれ、彼⼥にとって悪いことだ。今すぐ彼⼥に解毒剤を与えましょう」

「レナルド」

それまで、真っ青な顔で凍っていたレナルドが、⾚い⾎まみれの⽬で⽗親に話しかける。

「だが・・・」

「⽗さん、ヴェルダンディ侯爵を信⽤しませんか?これは応急処置と呼ばれています。このままだと、ペネロペは医者が来る前に死ぬでしょう」

「・・・」

指先の⽅向を特定した公爵は、顔を歪め、⼝を閉じた。

目の前には、⾎にまみれていたペネロペの体が。

カリストが開いたままでいることを懇願した彼⼥の⽬は美しく閉じ、動きがない。

彼⼥の冷たい体は死体のように⾒え、息をしていなかった。

彼⼥の状態を確認したカリストが、絞り出すような声で命令した。

「・・・薬を飲ませましょう」

「殿下!」

「だが、上手くいかなかった場合は」

公爵の説得の叫びにもかかわらず、カリストは話し続けた。

「・・・覚悟しろ、侯爵」

 



 

許可を与えられたとき、ヴィンターは静かに彼の腕からボトルを取り出す。

他⼈の前で落ち着いて話していたが、指先は震えていた。

念のため、彼は解毒剤を持ってきていたのだ。

しかし彼は神に誓って、あの薬がこのように使われることを知らなかった。

(・・・彼⼥が何を⾔っても、私はあの時に拒否すべきだった)

後悔の光が彼を通して点滅する。

『お嬢様は、あなたが拒否するなら、あなたはあなたが借りている借⾦を払うべきだと⾔いました』

けれど、メイドの⾔葉を聞いたとき、彼はいいえとは⾔えなかった。

彼は彼⼥の罪⼈だから。

レイラ国とは何の関係もない⼈を無謀に疑ってテストする罪。

『興味や好奇⼼で嘘をついて⼈を騙してはいけません』

彼⼥から連絡するまでに連絡しないように⾔われて以来、ヴィンターは彼⼥に連絡したいという衝動と、諦めて耐えなければならない理由の間で絶えず苦しんでいた。

そして、彼⼥がついにメイドを送ったとき、彼はメイドからの要求を受け入れたのだ。

その時彼が感じたのは、失望ではなく安堵と⼼配。

ヴィンターは、⾃分がしっかりと守っていたのは⾃分の信念とはかけ離れた冒涜的な考えであることに気づいた。

それにもかかわらず、解毒剤なしで毒を作っている間、彼は彼⼥がそれを⾃分で飲むとは思ってもいなかった。

(けれど、どうして?)

彼⼥ははっきりと知っていたはず。

彼⼥の持っていた⾦の杯に毒が入っていたことを。

なぜなら、ネックレスのビーズの⾊が変わったから。

遠くに座っている⼈でも認識できるほど明るい⾊だった。

それにもかかわらず、なぜ彼⼥はあのような厳しい表情でそれを飲んだのですか?

混乱から気分が悪くなった。

しかし、今は別の問題に注目するべきでしょう。

ヴィンターは唇を噛み、指先で触れたボトルを取り出す。

紫⾊の液体が⼊った⼩さなガラス瓶のキャップを開け、まっすぐに⾝を乗り出した。

「殿下、お嬢様の顔を⾒せてください・・・」

カリストは氷のような⾚い⽬で彼を睨みつけ、しぶしぶ腕から王⼥の顔を⾒せた。

彼⼥の顔から血色が落ちている。

悲惨な状況で⼀瞬⽬を閉じたヴィンターは、すぐに慎重なタッチで唇を開き、ボトルを彼女の⼝に傾けた。

⼀滴、⼆滴、三滴。

与えられた毒に似た液体が彼⼥の⼝に⼊っていく。

微かな、⻑引く息の⾳がした。

幸いなことに、彼⼥の息はすぐに元の形に戻る。

死体のような⻘⽩い顔⾊も⾚くなり始めた。

「旦那様!医者を連れてきました!」

ちょうど間に合うように執事が現れ、担架を持った医療部隊が到着する。

ヴィンターによる応急処置の後、ペネロペはすぐに邸宅に移された。

「はぁ・・・」

息を⽌めて⾒ている人々の⼝から、安堵のため息がつく。

⼀⼈を除いて。

それはデリック。

彼は緊急事態から⼀歩離れて、最後まで静かに⾒守っていた。

パアアン!

彼の頬が刺されて⽕がついたとき、彼はようやく我に返る。

「貴様は何をしている!」

⽬を開けると、⽗親の歪んだ表情が⾒えた。

 



 

デリックは操られていたか分かりませんね・・・。

彼なりに考えがあったのでしょうか?

そして、必死に呼びかけるカリストの姿。

冷静に状況を判断したレナルド。

薬を渡して後悔するヴィンター。

物語はどのような方向へ進むのでしょうか?

悪役のエンディングは死のみ【173話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は173話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...