悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【173話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は173をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

173話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【172話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は172話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 最悪の終わり

「皇帝の代表と皇太⼦殿下がここにいるにもかかわらず・・・。デリック、貴様は何を考えている!」

公爵は怒りを抑えることができず、叫んだ。

デリックは⼦供の頃からとても成熟している。

レナルドとは異なり、公爵が⻑男に⼿を挙げたことは、これまで⼀度もない。

⾎がデリックの⼝を通って流れた。

彼は⼝の中でチクチクする感覚を感じる。

怒り狂った父親と向き合うために、デリックはゆっくりと頭を元の状態に戻した。

そして⼝を開く。

「そもそもをイヴォンを隠さずに明らかにしていれば、それは起こらなかったはずです。ペネロペの気まぐれのために、イヴォンが戻ってきたという発表を延期し続けたら・・・」

「デリック!お前は何を言っている!」

公爵はもう⼀度⼿を挙げた。

しかし、⼿は落ちず、空中で震えたまま。

「発表を延期し、イヴォンを隠すことを決めたのはペネロペではなく私の意志です!」

公爵は絶望に満ちた声で叫ぶ。

「これは⼀⽣に⼀度の成⼈式であり、何よりも注⽬される瞬間です!」

「・・・」

「軽薄な野郎から間もなく敗北する継娘についての噂を⽌まらせるために、私が自分の意志で、この決定を下したのだ!」

「・・・」

「それでも・・・。今朝、イヴォンが戻ってきたから、ペネロペは自分の成⼈式をキャンセルするように私に⾔ったのだぞ!」

言葉を吐き出した公爵は、息を切らして⼝を閉じた。

デリックの⻘い瞳が震える。

しかし、興奮していた公爵は、彼の微妙な変化に気づかない。

信頼できて誇りに思っていた⻑男は妹を亡くし、⾔葉数が激減した。

しかし、彼には時間があったので、公爵はデリックがペネロペを家族としてある程度受け⼊れたと思っていた。

けれど、それは公爵の幻想でしかなかったのだ。

デリックはペネロペをまったく受け⼊れていなかった。

公爵は忙しいという⼝実で、⼦供たちを無視した過去を後悔する。

そして、彼は⼿で顔を覆い、嘆くように呟く。

「デリック・・・、あなたがペネロペをそんなに嫌っていることを私は知りませんでした」

「・・・」

「私は何も知らなかったのだな・・・」

デリックの表情が微妙に変化する。

「私が彼⼥を憎んでいるからではありません」

彼はペネロペが嫌いだと思ったことは⼀度もなかった。

「噂が広まれば、成⼈式で⾃分の娘を⾒つけたという発表を遅らせたため、エカルトの名声が損なわれるでしょう。この問題は、それほど幼稚な感情ではありませ___」

「それについて話すのをやめましょう」

その時、公爵は⽚⼿を上げて彼の言葉を⽌める。

 



 

公爵は椅⼦に腰を下ろし、冷たい声で⾔った。

「今では、ペネロペの成⼈式の問題だけでなく、エカルト夫⼈を狙った毒殺事件に発展したのだから」

「毒殺・・・?」

その瞬間、デリックの⻘い⽬が震えた。

明るく笑って金の杯を持ち上げた少⼥は、突然⾎を流して倒れた。

しばらく前に起こったことすべてを覚えていなかった。

まるで自分の記憶が分割されて切り刻まれたかのように。

失われた記憶の中で、花のように崩れる濃いピンクの髪だけが時々頭に浮ぶだけ。

公爵の⾔葉が顔に当たったかのように、突然、脈が必死に鼓動し始める。

(私は何をした?何かまずいことをしてしまったのか?)

じっと⽴っている間、背中に冷や汗がかいていた。

デリックは⽗親のように冷静さを取り戻そうとする。

彼は客観的な観点から反論した。

飲んだ直後、⾎を嘔吐して倒れたので、毒だったのは間違いないはず。

しかし、ヴェルダンディ侯爵以外は誰も納得していなかった。

なぜなら、同じワインを飲んだ公爵とレナルドは元気だったから。

さらに、そのような⾮⼈道的な⾏為を犯して、あえてエカルト家に⽴ち向かう人物がいるのでしょうか?

デリックは真⾯⽬な公爵の顔を⾒て、乾いた唇を舐める。

自分の何が悪かったのか?

自分の精神は何が起こったのか?

それはどのような毒だったのか?

⾆の先を回っている何かを尋ねたかった。

「・・・ペネロペは毒殺されたのでしょうか?」

しかし、出てきた⾔葉は全く違う質問。

公爵はそのような息⼦をただ⾒ているだけでなく、すぐに答える。

「医者はちょうどそれを確認しました」

その瞬間、デリックは⼿のひらがとても濡れて滑りやすいと感じた。

「誰がエカルト家に反乱を・・・」

「そして私はベッキーという名前のメイドを牢屋に⼊れ、イヴォンを部屋に軟禁している」

デリックは頭を上げて尋ねる。

「なぜイヴォンを・・・?」

「杯を持ってきたのはイヴォンのメイドだからだ」

「父さん」

「ペネロペを担当するメイドが証⾔している。少し前に、イヴォンの⼀時的なメイドが密かに彼⼥にストリート通りへの⾏き⽅を尋ねたと」

デリックは公爵の⾔葉に、内心で驚いた。

「しかし、イヴォンは・・・。イヴォンがそんなことをするはずがありません」

しかし、そのような個⼈的な感情に注意を払うのではなく、何が起こったのかを振り返る時が来る。

それがエカルト公爵の仕事。

「父さん、私はイボンヌ擁護するつもりはありません。ですが、ペネロペを毒殺することのメリットは?」

「・・・」

「なぜ標的がペネロペだったのか分かりません。毒殺するのであれば、それは私の⽗か私でなければなりません」

「・・・」

「あるいは、ベッキーというメイドは、他のメイドや他の誰かから毒を受け取ったのかもしれません。エレン侯爵が最も疑わしい⼈物です。最近は彼の静けさについての報告を受けていますが、彼が命令で密かにそれをしている可能性はまだあります。狩猟大会の復讐を___」

真⾯⽬な顔でぎこちない思いをしていたデリックは、突然頭を上げた。

「私は今すぐ地下に潜り、⾃分でメイドを尋問します」

「デリック」

公爵は、デリックがすぐに部屋を離れようとしたときに、彼に声をかける。

「お前はこの事件に関わらなくていい」

「え?」

デリックは動揺する。

「⽗さん、あなたは誤解しています」

「お前がイヴォンを庇おうとするのは分かっている。そんな感情を持っているお前に、この事件を関わらせることはできない」

デリックは、⻭を⾷いしばって再び⽗親に尋ねた。

「私がイヴォンを連れてきたから、疑わしい対象になっているのでしょうか?」

「そうではない」

「そうでない場合、何が問題なのですか?」

彼は少し納得のいかない顔で尋ねる。

「ボトルやグラスをチェックするだけでなく、今⽇招待されたすべての⼈を注意深く⾒守る必要があります。レナルドと執事がそれをすべて引き継ぐのは難しいことをご存知ですか?」

「その場合は、ヴェルダンディ侯爵に頼むつもりだ」

デリックは公爵の⾔葉に苦笑いを浮かべる。

「彼は別の家族の⻑です。父さん、あなたは家族の最も内側の事柄を彼に任せると?」

「・・・」

「その上、彼は最も影響⼒のある容疑者です。ペネロペがその場で毒殺されたことをすぐに知った⼈は誰もいませんでしたが、侯爵だけは知っていました」

「ヴェルダンディ侯爵がいなかったら!」

ダァン!

黙って息⼦の話を聞いていた公爵が、拳で机を叩く。

「侯爵の応急処置がなかったら、私たちは葬式の準備をしていたでしょう!」

「・・・」

「なぜペネロペが⾎を吐いたのか、なぜペネロペが倒れたのか!デリック、お前も私も彼⼥が毒されているのか他の何かなのかさえ分かっていない・・・!」

怒った公爵はもう話すことができず、黙り込む。

それが毒であることを疑うことができなかったのは彼⾃⾝にとっても同じことだから。

疑わしいどころか、彼は倒れた娘を⾒て何もできなかった。

ただその場で凍りついただけ。

式典は最悪の⽅法で終了した。

 



 

公爵は拳で机を⼀掃し、⾎まみれの⽬を浮かべた。

深い倦怠感が彼を襲う。

「・・・すぐに死ぬ毒ではありませんが、解毒剤が間に合わないと出⾎が⽌まり、⼈を苦しめる珍しい毒です」

「・・・」

「結局のところ、ヴェルダンディ侯爵はゆっくりと死んでいくペネロペを救ってくれた」

「死んでいく?」

その時だった。

横からの震える声で、公爵は⽬を瞬き、頭を上げる。

デリックは⾒慣れない顔をしてそこに⽴っていた。

焦点が合わずに⼿に負えないほど揺れた⻘い瞳と⻘⽩い顔で。

公爵がそのような状態の息⼦を⾒たのは初めてだった。

「それは真実ではありえません」

「デリック、お前・・・・」

公爵は不思議な⽬で彼を⾒て、彼の名前を呼ぶ。

しかし、その呼びかけが聞こえないかように、デリックはそれまで抑えられていた⼿を前に伸ばした。

彼はゆっくりと頭を下げ、汗をかいた⼿を⾒つめる。

「彼女が死ぬはずがない」

だって。

その瞬間、彼が忘れていた何かが彼の⼼に現れる。

それは、昨夜の夢での光景。

⾚い⾎を腕に抱えて嘔吐して死んでいくイヴォンの姿。

「デリック?」

不思議だった。

夢は変わった。

デリックの記憶は、誰かが彼の⼼の⼀部を切り取ったかのように混乱する。

「イヴォンは毒を飲んでいない?」

ペネロペは⾃分で毒を⽤意していただろうが、毒で死ぬのは彼⼥ではない。

背中は冷や汗でいっぱいだ。

デリックは再び⾸を横に振って、⾸尾⼀貫せずに呟く。

「・・・ペネロペは死ぬことはできない。彼⼥は、ええと・・・、⾃分⾃⾝を毒殺している・・・」

「デリック、お前・・・」

公爵は驚いた⽬でデリックをじっと⾒つめ、落ち着いた声で彼を促した。

「あなたは⾃分の部屋に⾏って少し休むべきです」

「しかし、尋問が・・・」

「これは命令です」

デリックはついに⼝を閉じた。

「・・・分かりました」

しばらくして、彼は短い答えを終えて、公爵の事務所を去る。

 



 

うーん・・・、今回は分かりづらいかもしれませんので、ご了承くださいm(_ _)m

本来はイヴォンが飲むはずだった毒。

けれど、用意したのはイヴォンのメイドであるベッキー。

おそらく、ベッキーはイヴォンに操られているでしょう。

じゃあ、どうしてイヴォンは自分から毒を飲もうとしたのでしょうか?

そして、デリックが見た夢は、イヴォンが見せた夢?

謎が多いですが、まずはペネロペの容態が心配ですね・・・。

悪役のエンディングは死のみ【174話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は174話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...