悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【174話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は174をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

174話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【173話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は173話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • デリックの後悔

デリックは短い返事のずっと後に公爵の事務所を去った。

すると、彼を待っていた⼈が。

「小公爵様」

彼女はメイド長だ。

「どうした?」

「その・・・、イヴォン夫⼈に会いに⾏けますか?」

彼⼥は汗だくの顔で尋ねる。

「彼⼥は⾃分の部屋に閉じ込められて以来ずっと震え、泣いております」

デリックはその発⾔に躊躇した。

彼⼥を成⼈式に引きずり込んだのは自分。

しかし、わずか半⽇で容疑者として疑われた後、部屋に閉じ込められることはどれほど恐ろしくて不幸なことか。

彼⼥はどうして怖くて悲しいと感じなければならないのだろうか。

私の妹がどうして?

そう判断して、デリックはイヴォンの部屋に向かって移動しようとする。

しかし、彼の頭とは異なり、彼の体は動かなかった。

不思議だった。

突然、デリックは何かがおかしいと考える。

公爵との会話中に感じた不安感が全⾝に広がった。

「・・・後で」

⼀⾔を⾔うのに苦労する。

「しかし、彼⼥は何も⾷べず、小公爵様に会いたがっております」

「後で・・・、私は後で⾏きます」

デリックは、必死の表情を浮かべるメイドの要求から逃げるかのように⽴ち去った。

自分がどこに向かっているのか分からないまま、ぶらぶら歩く。

(なぜ私はこのように感じるのだ?)

ペネロペが死ぬかもしれないと聞いた瞬間から、彼は罪の意識を振り払うことができなかった。

自分がしたことは、悲しそうだったイヴォンを連れて行っただけのはずなのに。

『あ、お兄さ・・・、ああ、ええと、小公爵様。今お時間はありますか?』

早朝、イヴォンが部屋を訪れて、一緒に軽⾷をと提案された。

彼女は何でもないような表情を浮かべていたが、隠しきれていない暗闇が見える。

それも当然のことだろう。

ペネロペの成⼈式の準備のため、誰も彼⼥のことを気にしていないのだから。

また、成⼈式の際は⾃分の部屋に隠れて、自分の存在を公表されない。

デリックはとても恥ずかしくなり、妹を慰める方法が思い浮かばなかった。

『私は大丈夫ですから』

彼⼥は笑顔で話す。

『残念なのは、成⼈式に出席するのではなく、今年のお祭りを⼀緒に過ごすことができなかったことです・・・。勝利を祝うために、今年のお祭りの花⽕は他の時期よりもはるかにカラフルで美しいものでしたから』

『ああ、もう少し早く記憶を取り戻していたら、お兄様たちと⼀緒に⾒ることができたでしょう・・・』

彼⼥の震える声は後悔に満ちていた。

デリックが忘れていた⽇の思い出。

10年以上前、彼がイヴォンを失った⽇。

3⼈の兄妹は公爵の知らないうちに⽳から這い出した。

公爵は彼らが夜に祭りの通りに⾏くことを禁⽌していたから。

それは危険だと。

けれど、イヴォンは花⽕を間近で⾒たかった。

彼らが最初に⾒たお祭りの夜の街はとても魅力的だった。

彼らは安い装飾品を買って、屋台の⾷べ物を⾷べて、彼らが聞いた⾳楽に合わせて踊る。

すると突然、パレードの⾏列が彼らを襲った。

『お兄様!』

『イヴォン!』

妹はすぐに⼈々の群れに流されていく。

自分から離れていく⻘い⽬は涙でいっぱいだった。

自分に向かって伸びていた⼩さな⼿を、彼は捕まえることができなかった。

デリックは⼀瞬で復活した記憶に⽬を閉じる。

『お兄様?』

ほんの少しの⾳で再び⽬を開けると、⼼配そうな⽬で自分を⾒ている細い⼩さな顔が⾒えた。

その瞬間、デリックは確信する。

奴隷によって連れてこられた庶⺠は、自分がずっと前に失った彼の失われた妹だと。

『も、申し訳ありません、小公爵様。⾔うべきではないことを⾔って、あなたに迷惑をかけたのではないかと思います。私はちょうどそれを思い出してしまって・・・』

『けれど、私は・・・本当にあなたがいなくて寂しかったです。記憶を失ってもいつも』

彼女がデリックの歪んだ顔を⾒たとき、イヴォンは急いで席から⽴ち上がった。

あんな事件の後でさえ、妹は彼に憤慨するのではなく、⼼配して慰めてくれる。

彼⼥が家を⾒つけるために戻ってきたときでさえ、彼⼥はとても落胆していて、「お兄様」とさえ⾔えなかった。

2階に住む子供とは違って。

それが理由。

成⼈式の直前に、デリックはイヴォンを連れ出した。

彼⼥は激しく呼吸し、自分に助けを求めて泣いていたのだ。

誰よりも⾊とりどりの成⼈式を⾏おうとしていたペネロペとは異なり、イヴォンは庶⺠の中に住んでいたため、適切な成⼈式すらできなかったのは残念なのだから。

前⽇に見た不吉な夢も⼀役買っている。

『⼀緒に⾏こう』

『え?ですが、お嬢様が・・・』

『イヴォン、あなたもこの家の令嬢だ。⾁親全員が出席しているときに、実の娘が出席しない方が馬鹿げていると思わないか?』

自分の⾔葉に喜んでいたイヴォンをホールに連れて⾏ったとき、彼は突然疑問に思う。

彼⼥は、私が連れてきたイヴォンを見てどんな反応をするのでしょうか?

怒って邪悪なことをする?

あるいは、いつものように⼝を閉じて表情を出さないかもしれない。

彼⼥が自分のスカーフを⼿に⼊れたときと同じように、彼⼥の顔にその素敵な笑顔を浮かべてくれるのだろうか?

彼女は・・・、自分を気にかけてくれるのだろ___。

デリックは頭に浮かんだ考えに驚いて⽴ち⽌まった。

「ここは・・・」

 



 

周囲を⾒回すと、デリックは中央の階段の最後の階に⽴っていることに気づく。

執事長とメイドが緊張した顔で廊下に⽴っているのを⾒ることができた。

少し躊躇ってすぐに先に進む。

「小公爵様」

意外な姿で頭を上げた執事長はびっくりした。

「ペネロペは・・・、中にいるのか?」

デリックは尋ねる。

漠然とした質問の主題を簡単に捉えていた執事長は、すぐに少しうなずいて答えた。

「医者がお嬢様をチェックしています」

「少しだけ彼⼥の状態をチェックしたいのだが?」

「ああ、それは・・・」

執事長は、彼が部屋に⼊ろうとしていると聞いて、⽬に⾒えて動揺する。

困惑した表情で不思議に思っていた時、突然中から声が聞こえてきた。

「彼⼥の状態は?」

それは男の重く低い声。

驚いたデリックはドアノブをつかんで、少し開いていたドアを⼤きく開けようとしたが・・・。

「小公爵様、皇太子殿下がおられます」

執事長が急いで彼を⽌めて、小さく呟いた。

これらの⾔葉は、ドアノブを⼿に持ったデリックを固める。

医者と皇太⼦は真ん中のベッドの近くに⽴っていた。

「彼⼥は死から遠く離れているが、⾎はまだ完全に⽌まっていない。いつ彼⼥は意識を取り戻す?」

医者は会話の終わりにぼんやりと⾸を横に振る。

彼は⼿に⾚い⽔で満たされた桶を持っていた。

医者が席を離れた後、まるで⼒が⾜を離れたかのようにカリストはよろめき、ベッドの横の椅⼦に腰を下ろす。

彼はペネロペの細い⼿を⽑布の下から引き出し、自分の唇に当てた。

部屋には致命的で悲惨な沈黙が。

「ペネロペ、私はずっとあなたに意地悪をしてきました。これは私があなたを揶揄ったからですか?私への復讐ですか?」

しばらくして、デリックはカリストの呟きを聞く。

デリックは息を⽌め、こもった声に⽿を傾けた。

「実際、あなたが⾎も涙もない邪悪な⼥性から遠く離れていることを私はよく知っています。噂によると、あなたは血も涙もない冷酷な女性と言われています。あなたも自分でそう言っていましたよね?」

「・・・」

「ですが、あなたがそう⾔うたびに、あなたはとても美しくて魅⼒的で、私の⽬に⾒えるのはあなただけであり、私はあなたから⽬を離すことができません」

「・・・」

「これからもずっと同じです。私の目に映るのは、ペネロペ・・・、あなただけです」

彼⼥に告⽩していたカリストが、ペネロペの⼿に顔を深く埋めた。

「あなたは⾃分が感情や涙のない邪悪な⼥性であるという噂を⾃分⾃⾝で表現してきた。しかし、あなたは⾎や悲しみのない⼈ではなく、戦うのが嫌いな⼈・・・」

「・・・」

「それにもかかわらず、あなたの⾎はまだ流れています。あなたはこれが嫌いなはずです・・・。だから、そろそろ目を覚ましてもいいのでは?」

死体のような淡い⼿には暖かさがないようだった。

カリストはペネロペの唇と頬を⼿で撫でて、自分の体温を彼⼥に伝える。

「あなたがいないこの世界は、私にとって地獄です。・・・⽬を開けてください」

「・・・」

「死なないで、ペネロペ」

「・・・」

「私をこの地獄に置き去りにしないでください」

デリックがその言葉を聞いた瞬間。

彼の⽿に⼤きな轟⾳が鳴り、何かが壊れた。

「これは・・・」

彼はこれを望んでいなかった。

単なる好奇心から生まれた行動。

イヴォンを連れてきたとき、自分はどのような反応を期待していたのだろうか?

しかし、彼はこのようなものを望んでいなかった。

自分でも知らないうちに、デリックの顔は歪んでいた。

 



 

「ベッキーというメイドの部屋から出たものです」

透明な液体の⼊った⼩さなガラス瓶がテーブルの上に置かれた。

「それを調べた結果、ペネロペが飲んだ毒に対する解毒剤でした」

証拠を出すために⽴ち上がったレナルドは席に戻る。

現在、応接室には重い表情を浮かべて座っている男性が5⼈いる。

エカルト公爵、デリック、レナルド、カリスト、ヴィンター。

これは、事件の⼿がかりを⾒つけるための会議。

デリックは公爵の命令として事件を調査する過程を⽋席したが、彼は事件を解決するために小公爵として参加している。

「そのメイドは何と?」

重い沈黙を最初に破ったのは公爵だった。

レナルドは少ししてから答える。

「彼⼥は、ペネロペがイヴォンを殺すために、それを⼿に⼊れるように頼んだと⾔いました」

「それじゃあ、お姫様はまるで⾺⿅であるかのように、自分で手に入れた毒を自分で飲んだと言うのですか?」

カリストは鋭く反撃した。

レナルドは神経質な声に眉をひそめる。

「もしそれが本当なら、公爵夫人はグラスを間違えたのかもしれません」

その時、ヴィンターが⼝を開いた。

公爵は彼の⾔葉に驚いて、⽬を上げて彼を睨みつける。

「ヴェルダンディ侯爵、あなたの⾔葉に注意してください」

「メイドが主張するには・・・」

ヴィンターは顔を上げて、彼の向かいに座っていたレナルドを⾒た。

それから、レナルドは⼤きな不快感の表情でうなずく。

「同様の新しいグラスを故意に準備し、それに毒を⼊れたのはペネロペ夫⼈だと」

「ですが、ペネロペ夫⼈は犯⼈ではありません。」

ヴィンターが今⾔った発⾔は、彼が少し前に⾔った彼の⾔葉を変えている。

それまで黙っていたデリックが頭を上げて反応した。

「どうしてそれを確信できるのですか?」

「ペネロペ夫人は・・・」

その後、ヴィンターは躊躇する表情で話すのをやめ、すぐにため息をついて⾔葉を吐き出した。

「・・・それは、ワインを飲む前にすでに毒が入っていることを彼⼥が知っていたからです」

 



 

ペネロペがお祭りで姿を消した後、デリックが焦った表情を浮かべていたのは、過去にイヴォンがお祭りで行方不明になったからなのですね。

そして、カリストの告白!

これはもう好きと言っているのと同じですよね♪

ペネロペには早く目覚めてほしいです・・・。

悪役のエンディングは死のみ【175話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は175話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...