悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【175話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は175をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

175話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【174話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は174話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 自作自演

応接室の全員が凍りつく。

「・・・何?」

最初に口を開いたのはカリスト。

「ヴェルダンディ侯爵、あなたは何について話しているのですか?」

「今話した通りです」

ヴィンターは簡単に答えた。

⻘い⽬が驚愕して震えた公爵は「信じられない・・・」と呟く。

「ペネロペが・・・、彼女は毒だと知っていて飲んだだと・・・?」

「ヴェルダンディ侯爵、あなたはどうして確信しているのですか?」

デリックが侯爵の代わりに鋭く尋ねた。

「それは・・・」

「すぐに教えてください、ヴェルダンディ侯爵!」

「・・・お嬢様が着けていたネックレスです」

動揺を表明していた公爵の声に、ヴィンターは躊躇しながら、真実を投げ出す。

「お嬢様がカップを持ち上げる前に、ネックレスの真ん中のビーズの⾊が変わったのです」

「な・・・に・・・」

「あのネックレスは毒性に反応する魔法のアーティファクトです。近くに有毒物質があると、ビーズの⾊が変わり、ペネロペ夫⼈がカップを持ち上げるとビーズが⻩⾊に変わったのが分かりました」

同時に、以前ペネロペからネックレスについて説明を受けていた公爵とカリストの顔が同時に⻘ざめた。

カリストは落ち着いた声でゆっくり口を開く。

「・・・それなら、彼⼥はそれを⾒て飲んだと?」

「お嬢様がネックレスの⾊の変化を⾒たかどうかは分かりません。しかし、彼⼥はおそらくそれを簡単に気づけたはずです」

「どうやって?」

「とても澄んだ明るい⾊だったので、遠くからでも⾒ることができましたから」

「は」

カリストは息を吹き返し、前髪を⼤まかに⼀掃する。

公爵はまた、⼿を上げて乾いた顔を繰り返しこすり、まるで精神を失ったかのように顔を真っ青にしながら座っていた。

デリックだけが最初のように無表情な顔をしていた。

「だが」

それから、カリストは⼝を開く。

ヴィンターが頭を向けると、彼は⾚い⽬が自分を睨みつけているのを⾒た。

「アーティファクトについてどうやってそんなに知っているのですか?それは帝国が使⽤するようなものではないようです」

カリストの⽬は薄暗い。

ヴィンターの⻘い⽬は浅く揺れた。

しかし、それは⾮常に瞬間的な瞬間であり、見間違いと考えられるほど。

「確かに帝国では珍しいアイテムですが・・・」

ヴィンターは、揺るぎない表情でカリストをまっすぐ⾒つめながら答えた。

「私もそのアーティファクトを持っていたからです。それが⼀般的に使⽤されている国では、悪霊を恐れてさまざまな物を⾝につける習慣がありますので」

「あなたは本当に様々ものを持っているのですね。解毒剤から遠くの国からの珍しいものまで」

「・・・はい」

ヴィンターを奇妙な表情で⾒ていたカリストが、ゆっくりと頭を傾ける。

「それで、あなたは彼女の中に入った悪霊を締め出したのですか?」

「もちろんです、殿下」

思いやりのある顔で答えたヴィンターは、⾃然に公爵の⽅を向いた。

「ですので、ペネロペ夫⼈がイヴォン夫⼈のワインに毒を加えるように命じたというメイドの証⾔は、実際の状況に適合していません」

「・・・矛盾していますね」

それまで黙っていた人物が⼝を開く。

「あの庶⺠がベッキーに毒について何かをするように、あるいは彼⼥⾃⾝の安全のために何かをするように頼んだのかもしれない」

「レナルド」

公爵が驚いた⽬で次男の方を振り返った。

しかし、彼が何も⾔うことが出来ない間に、デリックがすぐに警告する。

「どのような安全について話しているのですか?レナルド、発言に注意してください」

「彼⼥が記憶を取り戻したのかどうかはまだはっきりしていませんが、養⼦のペネロペを殺したいと考えていたとしたら?」

「イヴォンは・・・!」

デリックの太い静脈は、⽬の充⾎による⽪⾁の影響を受けやすい弟を⾒て額に浮き出た。

「イヴォンはもともと、ペネロペの成⼈式に出席することは想定されていない」

誤って10年間行方不明になっていた妹にとって、彼らは罪深い存在。

彼⼥に謝罪と許しを求めていたとき、デリックはどうやってそのような残酷な疑惑を消すことができたのでしょうか?

「実の妹を気の毒に思わないのか?」という⾔葉が彼の喉を満たす。

「私がいなければホールに⾜を踏み⼊れることのできなかった彼女が、どうして成⼈式に⾏き、ペネロペを毒殺する計画を⽴てることができるのでしょうか?」

「それはお姫様も同じじゃないですか?」

しかし、戻ってきた答えはレナルドからではなく、カリストから。

「小公爵、あなたはお姫様があなたの妹を連れてくるだろうと予測したと⾔いたいのですか?」

「・・・」

デリックの唇はカリストの嘲笑に閉じこめられた。

しばらくの間、応接室で⼤きな沈黙が落ちる。

 



 

「つまり、私たちは2つの反対の仮定を持つ2つのグループに分けられているということですね」

しばらくして、ヴィンターは慎重に状況を整理した。

「誰かがペネロペ夫⼈、またはイヴォン夫⼈のためにメイドに賄賂を贈った。それか・・・」

公爵は声を出せずにぼやけた⾔葉を聞く。

「ペネロペ夫人が自ら飲んのだか」

彼らは、ペネロペが故意にグラスを交換したことを誰も⾒ていない。

当然、公爵の⽣物学的娘を容疑者から除外された。

「では、お姫様がこんな⾃作自演をする理由は?」

「もういいでしょう」

デリックは静かに答えた。

彼はいつも彼⼥の事故の余波を担当している。

「殿下に話すのは恥ずかしいですが、ペネロペはしばしばこのように注意を要求してきました」

「エカルト公爵、あなたは小公爵の言葉に同意するのですか?」

公爵とレナルドはカリストの質問に恥ずかしそうに⽬を下げたが、すぐに別の答えを出すことができなかった。

デリックの⾔葉を否定できる理由がなかったのだ。

ペネロペはしばしば破壊的な⽅法で注⽬を集めた。

最近は⼤⼈になっているようですが・・・。

当時、カリストは戦場にいて、公爵は屋敷内での噂の拡散を⽌めて阻⽌していたので、ヴィンターも全体の状況を理解することができなかった。

しかし、⼦供の責任は⽗親の責任でもある。

「ペネロペが自ら行動したとは思わない」

公爵は重苦しい表情で⼝を開いた。

レナルドはすぐにうなずく。

「父さんの言う通りです。ペネロペは最近忙しそうだった。こんな行為で注意を引く理由はありません」

「ペネロペはイヴォンが戻ってきたことを嫌っていた」

デリックだけが何か他のことを⾔った。

この事件の終わりは、ペネロペ⾃⾝の自演であると固く信じている男のように。

「使⽤⼈は、彼らがお互いに出会うたびに、イヴォンが泣いて戻ってきたと⾔いました」

「は?」

レナルドは唖然としたかのように笑った。

「その使用人は医者に目を治療してもらった方がいいのでは?ペネロペは何も⾔わず、何もしていないのに、あの庶⺠が一人で泣いただけです!」

「ペネロペの⾔葉や⾏いを⾒ると、すべての意図と⽬的において、社会にとってのナイフのようなものです」

美しい外⾒とは異なり、ペネロペの⾆はナイフのようだったのは事実だ。

レナルドは⾔葉を失い、すぐに彼の兄を睨みつける。

「それじゃあ、兄さんはペネロペが庶⺠から自分⾃⾝に注意をそらすために自殺を図ったと言うのですか?」

「結論に⾶びつくな。これが彼⼥の自作自演の理由かもしれないという推測に過ぎない」

 



 

「⼆⼈ともやめろ!」

公爵は怒りのあまり、2⼈を⽌めた。

「ペネロペが⾃作自演したかどうかは明らかではないが、今推測する理由はない!」

「自作自演、自作自演。あなたたちは簡単に⾔うことができるのですね」

他の誰かが家族の喧嘩に介⼊する。

公爵は⾮常に不快な表情でカリストに頭を下げた。

「殿下」

「お姫様が本当に自作自演をしたとしたら、それは彼⼥が⼈⽣で⼀度だけ、全員の注⽬を集める⽇のためにそれを計画したという意味ではありませんか?」

「・・・」

「おかしくないですか?お姫様が⾃分で毒を飲んだのは、公爵、あなたの注意を引きたいからです」

公爵と彼の2⼈の息⼦の顔は固くなった。

「それに、黙って聞いていれば。小公爵は、お姫様がこの騒動の原因だと決めつけている」

⾚い瞳のカリストの視線は、公爵からデリックに移された。

「あなたは毎回お姫様についてとても軽薄ではありませんか?正確な原因を⾒つけることを考えず、それはすべてお姫様のせいであると判断し、それを迅速に終わらせてきました。それがエカルト家の問題解決の⽅法ですか?」

「・・・」

「そんな人物が公爵の座を引き継ぐ人物だったなんて」

「・・・」

「とても残念ですね」

公爵とデリックの顔は、カリストの呟きによって歪められた。

公爵は怒りを抑えて答える。

「殿下。この問題は家族の問題です。皇居とは関係ありませんので、私たちの将来について⼼配する必要はありません」

「関係ない?私はお姫様と婚約することを約束しました」

カリストの言葉に、全員が呆然とする。

「そ、それはどういう意味でしょうか?」

「お姫様の成⼈式の後、私は将来の家族に正式に提案をする準備をしていました」

「・・・」

「お姫様がこのまま死んだら、これはもう家族の問題とは⾒なされないでしょう、公爵」

カリストは応接室にいる⼀⼈⼀⼈を振り返り、彼の意図を明らかにして笑う。

しかし、その笑顔とは異なり、彼の⾚みがかった⽬は不吉な輝きに満ちていた。

熾烈で残酷な顔で微笑んだとき、まるで誰もが冷たい⽔を注がれているかのように、室内の雰囲気が強烈に。

⾎まみれの雰囲気の中で静かに過ごしていたヴィンターが、なんとか声を上げた。

「ペネロペ夫人の自作自演ではないと思いま___」

コンコン。

その時だった。

ずっと閉まっていたドアを誰かがノックする。

「旦那様、ペンネルです」

執事長の焦る声が部屋の氷を壊した。

「入ってくれ」

その直後、執事長がカチッという⾳を⽴てて入室する。

「会話を中断して申し訳ありませんが、緊急にお知らせすることがあります」

頭を下げて謝罪した執事長は、すぐに顔⾊が悪いまま緊急の知らせを発表した。

「地下刑務所に閉じ込められていたベッキーというメイドが亡くなりました」

 



 

自作自演ではありませんが、ペネロペが毒と知っていて飲んだのは事実です。

問題は、誰がワインに毒を仕込んだのか。

最初からペネロペの自作自演と考えるデリックにはイラッとします・・・。

代わりに、レナルドとカリストがペネロペを庇ってくれることが嬉しいですね!

そして、ベッキーの突然の死。

死因は?

悪役のエンディングは死のみ【176話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は176話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...